海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
ハリウッド・ライフスタイル! セレブのファッションチェック詳細

【セレブ・ファッション】Vol.12 エミー賞のファッションチェック ~正統派イブニングスタイル編~

2011年10月17日
アメリカTV界最大のイベント、第63回エミー賞(The 63rd Primetime Emmy Awards)の授賞式がアメリカ現地時間9月18日におこなわれ、海外ドラマスターが艶やかな衣装で登場。

赤、黒、赤、黒とまるでトランプのようなカラーが目立った今回のエミー賞。まずは、オーソドックスなイブニングドレス組から、早速、チェックしていこう!

■「FRINGE」アナ・トーヴ

人気海外ドラマ「FRINGE/フリンジ」でFBI捜査官オリビア・ダナム役を演じているアナは、黒いロングドレスをチョイス。


Andrew Evans / PR Photos

大ぶりのイヤリングに深みのある赤い口紅を合わせ、クラシックな印象だ。


Andrew Evans / PR Photos

サンダルがカジュアルすぎるのが、少し残念。もっと華奢なデザインを選ばないとドレスとの釣り合いが取れない。


■「ヴァンパイア・ダイアリーズ」ニーナ・ドブレフ

「ヴァンパイア・ダイアリーズ」で主人公のエレナ役を演じるニーナは、抜群のスタイルを深紅のドレスに包んで登場。


Andrew Evans / PR Photos

辛口なメイクとシンプルなアクセサリー選びが、フェミニンなドレスラインを引き締めている。


Andrew Evans / PR Photos

健康的なセクシーさが溢れ、好印象だ。


■「トゥルー・ブラッド」エヴァン・レイチェル・ウッド

チャーミングで冷酷、そしてずる賢い女王様的吸血鬼役を演じたエヴァンは、スパンコールが織り込まれた黒いロングドレスをセレクト。


Andrew Evans / PR Photos

クラシカルなヘアスタイルと背中に入れたタトゥーのミスマッチ感が、逆にエヴァンらしくて◎。


Andrew Evans / PR Photos

陶器のような白い肌を黒いドレスが引き立てている。


■「ミルドレッド・ピアース 幸せの代償」ケイト・ウィンスレット

「いつか晴れた日に」「タイタニック」など数多くの名作映画に出演し「愛を読むひと」でアカデミー賞主演女優賞を受賞している女優ケイト・ウィンスレットは、エミー賞でもミニシリーズ/TVムービー部門主演女優賞を獲得。


Andrew Evans / PR Photos

平凡な専業主婦だった女性がレストランビジネスで大成功をおさめるというサクセスストーリーを見事に演じきった。


Andrew Evans / PR Photos

シャープなデザインの赤いドレス姿も堂々たるもの。36歳とは思えない大女優の貫録さえ感じてしまう。


■「THE KILLING ~闇に眠る美少女」ミシェル・フォーブス

「24」や「プリズン・ブレイク」、「トゥルー・ブラッド」など人気海外ドラマ常連のミシェルは、助演女優賞にノミネートされていた。


Andrew Evans / PR Photos

受賞は逃したものの、細かいフリルがついたブラックドレス姿は、44歳という年齢に驚いてしまうほどの可憐さがある。


■「ワンダーウーマン」エイドリアンヌ・パリッキ

「ワンダーウーマン」はデヴィッド・E・ケリーが手がける注目作だったにもかかわらず、結局、シリーズ化・放送されずにお蔵入りしてしまったエイドリアンヌ。


Andrew Evans / PR Photos

「ワンダーウーマン」は放送前から、衣装にセクシーさが足りないなど批判を浴びていた。しかし、レッドカーペットでは、このセクシーさ。


Andrew Evans / PR Photos

深く入ったスリットから臨む美脚は、さすがの一言。ただ、黒いサンダルが普通過ぎてイマイチ。長い脚を強調するためにも、ここはストラップのないタイプを選ぶべき。


■「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」グレッチェン・モル

あらゆる面で自信がないと、なかなかここまでシンプルなイブニングドレスはチョイスできない。


Andrew Evans / PR Photos

光沢のあるシルクの黒いロングドレスの胸元は、ノンアクセで勝負。面白みにはやや欠けるが、正統派ドレススタイルである。


今回のエミー賞、「FRINGE」アナ・トーヴや「ヴァンパイア・ダイアリーズ」ニーナ・ドブレフなど、日本でも人気の高い海外ドラマスターは、赤や黒のインパクトカラーをチョイス。

オーソドックスなドレス選びながらも、アクセサリーやメイクで、それぞれの個性が表れる着こなしを楽しんでいた。

<次回は個性派ドレスの海外ドラマスターを特集!おたのしみに!>

(竹村 由紀子)