海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

米版シャーロック・ホームズ、ワトソン役はルーシー・リュー

2012年2月28日
作家コナン・ドイルが生んだ、名探偵シャーロック・ホームズを主人公にした米CBSの新作ドラマ「Elementary」で、「チャーリーズ・エンジェル」「キル・ビル」のルーシー・リューが、ホームズの相棒であるワトソン役を演じることが分かった。

ベネディクト・カンバーバッチが現代版シャーロック・ホームズを演じている英BBCの「SHERLOCK (シャーロック)」は、アメリカでも人気を呼んでいるが、現在、CBSがパイロット制作を進めている「Elementary」は、現代のニューヨークでシャーロック・ホームズが活躍するアメリカ版。本作のホームズ役には、「弁護士イーライのふしぎな日常」の英俳優ジョニー・リー・ミラーがキャスティングされている。

そして、このたびの米Deadlineの報道によると、ホームズの相棒であるワトソン役に、映画「チャーリーズ・エンジェル」「キル・ビル」のほか、TVドラマ「アリー・myラブ」「サウスランド」などで知られる人気女優ルーシー・リューが決定したとのこと。名推理を働かせるホームズの助手として活躍する元軍医ジョン・ワトソンは、もともと男性キャラクターだが、女性キャラクターに書き換えられ、ジョーン・ワトソンという役名になるという。

なお、アメリカ版のホームズは、ロンドン警視庁のコンサルタントを務めていたが、薬物中毒の治療のためにニューヨークのリハビリセンターに入院、退院してブルックリンに住むことになるとのこと。一方、ワトソンは、患者を死なせて医師免許を失った元外科医で、ニューヨーク市警のコンサルタントを務めながら、ホームズと暮らすことになるという。

「Elementary」のパイロットは、「デクスター ~警察官は殺人鬼」「Homeland」のマイケル・クエスタがメガホンをとる予定。斬新な演出と魅力的なキャラクターで人気の高い「SHERLOCK (シャーロック)」に匹敵するドラマを作り上げることができるのか? アメリカ版シャーロック・ホームズもこれから注目を浴びることになりそうだ。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。