海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

キム&カニエの娘ノースちゃん、生後2週で3億円オファー! 両親の意外すぎる反応とは…?

2013年7月3日
300万ドル(およそ3億円)を生後わずか半月で稼ごうとするセレブベイビー、それがお騒がせタレント、キム・カーダシアン(32)とカニエ・ウェスト(36)の間に生まれた娘ノースちゃんだ。しかし文字通りこの破格の申し出に対し、キムとカニエは意外にも冷静に対応しているようだ。

常に人々の関心を集めるセレブ。たとえ一般人、さらに生まれたばかりの赤ちゃんだとしても、彼らの子どもともなれば、その写真は高額で取引されるもの。リアリティ番組でのトンデモセレブっぷりで有名になったキム・カーダシアンと、カニエ・ウェストの第一子ノースちゃんは、先月15日に誕生してから現在まで、非常に熱い注目を浴びる存在だ。US Weeklyが伝えるところによると、なんとノースちゃんの写真に、オーストラリアの雑誌は300万ドル(およそ3億円)のオファーを出したそうだ。

しかし父カニエは、これをはねつけた。彼の「断固とした態度」を、関係者が同紙に語っている。

「カニエはきっぱりと、赤ちゃんをショーに出すことはしないと態度で示しました。彼がノースは“アメリカの”子ではないと話すとき、大真面目な様子でした」

そのためこの関係者は、カニエはどんな高額を積まれようと、ノースの写真を売ることはしないだろうと話している。彼は娘に対して「スーパー心配性」で、可能な限りノースちゃんのそばにいるよう心掛けているらしい。

一方でノースちゃんの母キムはどうか。

これまでリアリティ番組に出演し、有名になるため自分の私生活を切り売りしてきたキムだが、先月15日に出産を終えて以来、ツイッターではめっきり黙り込み、今日まで更新は妹クロエが29歳の誕生日を迎えた際と、番組の新エピソードの告知のみとなっている。

関係者が「母性が彼女を変えたんです」と語る通り、キムはお騒がせセレブから脱却し、ノースちゃんにとって“良い母親”になろうとしているようにも見える。しかしお騒がせセレブが“お騒がせ”をやめたあとには、いったい何が残るのだろうか?
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ