海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「glee」スー先生役ジェーン・リンチ、離婚訴訟が泥沼化?元パートナーが巨額の扶養料請求へ

2013年9月10日
人気海外ドラマ「glee/グリー」でチアリーダーの鬼コーチ、スー・シルベスター役を演じている女優ジェーン・リンチ(52)が、元パートナーから巨額の扶養料を請求されていることがわかった。

ジェーンが3年連れ添ったパートナー、ララ・エンブリーと破局したのは今年6月のこと。「円満に破局を決断した」と話していたジェーンだが、7月に訴訟が始まってからは事態は一変したよう、現在ジェーンは元パートナーから、月額93,809ドル(約938万円)もの扶養料の請求を受けているという。

米TMZによると、元パートナーのララは、ジェーンの収入が以前に比して著しく増したことを指摘し、月額約940万円にも及ぶ扶養料を支払い可能だと強く主張しているという。これまでの結婚生活で、「すべてジェーンが支払ってくれる生活に慣れてしまった」というララは、この先も今までと同じような生活をしたいため、これほどまでに巨額の扶養料を請求したと言われている。

ララ自身も現在働いているものの、毎月40,900ドル(約409万円)の出費があるとのこと。気になる出費の内訳は、衣料品に6,500ドル(約65万円)、旅行などの交際費に12,000ドル(120万円)、そして外食に4,500ドル(45万円)、だそうだ。

たしかにジェーンは「glee」での活躍に加え、ブロードウェイの舞台への出演が決まったり、先日は殿堂入りも果たすなど、人気はうなぎのぼりだ。

もっとも、ジェーンは既に、これまでララと、ララの連れ子とともに住んでいた家を明け渡しており、自身は別の場所へ移り住んでいる。2人は婚前契約を交わしていないがため、財産分与ではジェーンの財産のキッチリ半分をララに渡すことになると見られている。

幸せのうちに結婚したものの、離婚という結果に終わってしまったことは悲しい限りだが、月単位で1000万近く支払えというのは、いくらセレブ相手でも酷な話ではないだろうか。当初の“円満離婚”も、これから泥沼化することは必至!?

「glee」スー先生役ジェーン・リンチ、3年連れ添ったパートナーと離婚へ(2013年6月11日)
人気海外ドラマ「glee/グリー」でスー・シルベスター役を演じている女優ジェーン・リンチ(52)が3年の結婚生活にピリオドを打つことになった。

...
「glee」のジェーン・リンチが、ハリウッドに殿堂入り(2013年9月6日)
米FOXの人気ドラマ「glee/グリー」のスー・シルベスター役で知られる女優のジェーン・リンチが、ハリウッド大通り沿いの歩道に映画スターやミュージシャン等が名を...
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
English
  • Englishニュースはありません。