海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「24」キーファー・サザーランドの娘が女優デビュー

2011年9月14日
Hollywood Reporterサイトより
Hollywood Reporterサイトより

人気海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」のジャック・バウアー役で有名なキーファー・サザーランドの娘、サラ・サザーランドが女優デビューすることが明らかとなった。

米Hollywood Reporterによると、キーファーの23歳になる娘サラが、このたび、HBOの新作ドラマ「Veep」にゲスト出演して女優デビューを飾ることが決定。彼女はこれまで学校で演技の勉強を続けてきたが、ついにTVドラマに初出演することになったという。

サラは、キーファーの最初の妻カメリア・キャスとの間に産まれた一人娘。キーファーよりも12歳年上だったカメリアは、TOTOのドラマー、ジェフ・ポーカロと離婚後、シカゴのギタリストだったテリー・キャスと結婚したが、拳銃暴発事故で夫を亡くし、1987年の映画「ダブル・トリック 謎のアリバイを追え!」で共演したキーファーと再婚。2人の間には娘サラが産まれたが、3年足らずで離婚した。

しかし、キーファーはこれまでサラと公の場にもたびたび一緒に姿を見せるなど、良好な関係を保ち続け、女優を目指す娘のことを応援してきたらしい。

サラが出演する「Veep」は、上院議員から副大統領になるヒロインを主人公にしたコメディ・ドラマ。「となりのサインフェルド」で有名な女優ジュリア・ルイス=ドレイファスが主演を務め、2012年に放送が予定されている。本作でサラが演じるのは、ジュリア扮する主人公の娘役。評判によっては、登場回数が増える可能性も十分ある役どころだ。

サザーランド家は、キーファーの父ドナルド・サザーランド、母シャーリー・ダグラス、義弟のロシフ・サザーランドとアンガス・サザーランドも俳優。また、キーファーの双子の妹レイチェル、義弟のローグ・サザーランドは、スタッフとして映画・TV業界で働いている。

そんな俳優一家の中で、サラも満を持して演技の道を歩み始めることに。彼女が実力をつけて女優として成長していくことに期待したい。