海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「スカイフォール」、歴代007シリーズ史上最高の週末興収を記録! 日本公開は12月

2012年11月12日
現在アメリカで公開中の大人気スパイ・アクションムービー最新作「007 スカイフォール」が、公開直後の週末にシリーズ史上最高の興行収入を記録した。

米Box Office Mojoによると、「スカイフォール」の公開直後の週末興行収入は8780万ドル(約70億2400万円)。これは007シリーズで、これまで歴代トップだった「007 慰めの報酬」(2008)の6750万ドル(約54億円)を越えてシリーズ史上最高となる。

また、同週末興行ランキング2位のディズニー・アニメ「Wreck-It Ralph(原題)」は3310万ドル(約26億4800万円)。「スカイフォール」は、2位のなんと2倍以上もの興行成績を記録しダントツの人気ぶりを見せている。

「スカイフォール」は、ダニエル・クレイグが主人公ジェームズ・ボンド役を演じる、シリーズ第23弾。本作では、ボンドの上司である“M” との関係性に焦点を当てつつも、イギリス情報局秘密情報部(MI6)が何者かによって標的にされる事件が発生するというストーリーになっている。

同シリーズは、1962年に公開された「007/ドクター・ノオ」が第1弾であり、初めてジェームズ・ボンドを演じたのはショーン・コネリー。ダニエルは、2006年に公開された、007シリーズ第21作目となる「007 カジノ・ロワイヤル」から6代目ジェームズ・ボンドを担当。今年はシリーズ開始から50年目という記念すべき節目にあたる。

「007 スカイフォール」は、日本でも12月1日より公開予定。

【動画】シリーズ最新作「007 スカイフォール」予告編
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。