海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

ハリウッド超大作「パシフィック・リム」芦田愛菜の場面写真が公開! 見えない”KAIJU” に怯える少女を熱演

2013年6月28日
芦田愛菜芦田愛菜
8月9日公開のハリウッド超大作「パシフィック・リム」に出演しハリウッドデビューを果たした芦田愛菜の場面写真が公開された。

本作は、太平洋(パシフィック)の深海から突如出現し、地球を絶滅危機に陥れる未知なる巨大生命体と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器“イェーガー” との壮絶な戦いを、ハリウッド最先端のVFXを駆使して描いたSFスペクタクル巨編。世界中で熱狂的な支持を集めるギレルモ・デル・トロ(「パンズ・ラビリンス」「ヘル・ボーイ」シリーズ)が監督を務め、「ホビット 思いがけない冒険」を辞退してまで製作した監督渾身の作品で製作費は驚異の2億ドル超という正真正銘の超大作だ。

6月19日(水)に本作の日本語吹替キャストが解禁となり、Twitterでの「パシフィック・リム」に関する呟きは 2214Tweet(Yahoo リアルタイム検索/6月20日(木)調べ)にまで急上昇し、日本の特撮ファン・アニメファンを唸らせた。さらには国内外のファンサイトでも公開を待ちきれない多くの熱狂的ファンが、作品に登場する人型巨大兵器“イェーガー” に対して熱い視線を注ぐという、大変な盛り上がりを見せている中、今回ハリウッドデビューを果たした芦田愛菜の場面写真が解禁となった。

本作で芦田愛菜は、菊地凛子演じる森マコという人型巨大兵器“イェーガー” に乗り込む日本人女性パイロットの幼少期を演じており、今回解禁となった場面写真は森マコの回想の中で怪獣に襲われ、泣きながら逃げ惑うシーン。

その泣き顔を見るだけでも、小さな少女が目の前にした“KAIJU” に対する恐怖や絶望感がひしひしと伝わってくる。さらに驚くべきことは、怪獣に襲われるシーンは全てグリーンバックで撮影されており、怪獣は実際にはいないことだ。

このシーンについて、芦田愛菜は「撮影中ほとんど泣いているシーンと怪獣に追われるシーンだったので、涙で顔がはれちゃう程がんばりましたのでみなさん、是非見て下さい」とコメント。涙で顔が腫れてしまうほどの演技をたった9歳の少女がハリウッドで演じるのは並大抵のことではない。これからの彼女の活躍をも期待させる渾身の一枚だ。


■ ストーリー

人類に残された道は2つ。「絶滅」するか、「戦う」か…。 2013年、太平洋(パシフィック)の深海から突如出現した未知なる巨大生命体に、世界中の大都市が次々と破壊され、人類は絶滅の危機に晒される。甚大な被害を受けた人類は、巨大生命体と戦う為、英知を結集して人型巨大兵器 “イェーガー” を開発する。

“イェーガー” は、次々と現れる巨大生命体の侵攻を食い止める事ができるのか? 果たして人類の下した決断、そして運命は・・・。

監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラビス・ビーチャム
キャスト:
チャーリー・ハナム
イドリス・エルバ
菊地凛子
ロン・パールマン
芦田愛菜 他

配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。