海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

「エージェント:ライアン」リリース記念! 元CIAが“ジャック・ライアン”のリアルを語るインタビュー解禁

2014年7月25日
元CIAのマーサ・マルティ・ピーターソン氏と、マイケル・J・スリック氏元CIAのマーサ・マルティ・ピーターソン氏と、マイケル・J・スリック氏
ごく平凡な経済学生がCIAにスカウトされ≪スパイ経験ゼロ≫からエージェントデビューまでを描いた、トム・クランシー原作の世界的ベストセラー小説≪ジャック・ライアン≫シリーズ最新作「エージェント:ライアン」が、8月6日(水)にブルーレイ&DVDリリースされる。これに先駆け、元CIAエージェントのインタビューが公開された。

インタビューに応じたのは、マイケル・J・スリック氏とマーサ・マルティ・ピーターソン氏。マイケル・J・スリック氏はアメリカ合衆国中央情報局(CIA)に28年務め、2010年に引退。CIA本部ではロシアや東ヨーロッパの上級CIAの代表で、「エージェント:ライアン」でいうとケビン・コスナーが演じるウィリアム・ハーパーにあたる責任ある業務を担当していた。ロシア語、ポーランド語、スペイン語を話す。

マーサ・マルティ・ピーターソン氏はCIAで32年のキャリアを過ごし、引退。ベトナム戦争時、ラオスでの任務からモスクワでKGBに捕まり投獄されるまでスパイ業務にあたっていた。彼女の手記は、ワシントンD.C.のスパイミュージアムにも展示されている。


Q. ジャック・ライアンは元海兵隊員でCIAにリクルートされましたが、お二人はどのような経緯でCIAに入りましたか?

マーサ:
エージェントの多くは、彼のように軍隊経験者からリクルートされますが、私の場合は違います。私の最初の夫がCIAのオフィサーで、彼が任務中、ヘリコプターの墜落事故で殺された後、彼の遺志を継ぎたくてCIAに入りました。

マイケル:
私の場合は、CIAが初めて新聞に募集広告を出した際に、私の妻がその募集広告を見つけたんです。私は、高校と大学でロシア語を勉強していたのですが、当時、冷戦中ということもあり、応募してリクルーターに会いに行き受かりました。


Q. 本作をご覧になり、特にリアリティを感じた場面はどこですか?

マーサ:
ジャック・ライアンが置かれている状況ですね。冒頭のシーンでの人生における不安感や、スパイである事を隠しながら、彼自身の人生、婚約者との関係を築いていかなければならない葛藤が反映されていて、それはまさに私たちが実際に家族や友達に対し、エージェント活動を打ち明けられずにいる心情を、全編を通してとても正しく描かれていると思います。

マイケル:
敵として描かれたロシアが新たな脅威として描かれていてとてもリアリティがあったと思います。ロシアの新興財閥が元KGBオフィサーであったり、元KGBオフィサーをセキュリティとして雇っていたり、プーチン政権下の情勢が反映されていて、まさに最近のロシアの脅威が正確に描かれていると思います。

マーサ:
ほかには、ハーパー(ケビン・コスナー)が待ち合わせ場所に犬を連れてくるシーンがありますが、怪しまれないようにするため、小道具として同じように使うことがあります。

「エージェント:ライアン」より「エージェント:ライアン」より


Q. エージェント同士の連携プレイによるモノの受け渡しリレーは、本編でいうとセキュリティカードを盗むシーンですが、ご覧になっていかがでしたか?

マーサ:
とても正確に描かれていると思いました。とはいえ、あんなに早くセキュリティカードを獲得するところは少し現実味に欠けますけどね(笑)あんな風に出来たらいいでしょうね。実際はそのプロセスが重要で、映画のようにスピーディにはいかないものです。

マイケル:
劇中では、皆、効率よい動きをしていて、誰も落としたりしないけれど、実際は落としたりしますよ(笑)


Q. 日本で諜報活動をした事がありますか?

マーサ:
いいえ、ありません。

マイケル:
ないですね。


Q. 当時、CIAが日本にエージェントを送り込んだという事実はありませんでしたか?

マーサ:
日米間の国交に関して友好なので、日本に対して諜報活動を行った事はないのですが、日本政府と協力をして共通の目的において日本国内で活動をするという事はあります。

マイケル:
日本にはたくさんのロシア人がいますからね。


Q. その具体的な内容は教えられないのですね?(笑)

マイケル:
その通りです(笑)

マーサ:
諜報活動は普遍的な事で、過去千年続いているのです。特定の諜報活動が様々な目的で全世界で行われています。どこで諜報活動をするかというのは重要な事ではなく、機密情報の収集をする事が任務であり、皆さんが仕事をしてお金を稼ぐのと似ています。

マイケル:
私達には日本との強いパートナーシップがあります。(日本に駐屯している)ミリタリーだけでなく、日本の自衛隊、秘密情報機関など・・・

マーサ:
共通の目的で協力し合っているわけです。

マイケル:
そうです。それが対テロ行為、兵器拡散、中国、北朝鮮、冷戦中はソ連のスパイの動きなど、長年に渡り活動を通して日本とはとてもよい協力関係を築いてきました。


なお、マイケル・J・スリック氏とマーサ・マルティ・ピーターソン氏は、国に仕え、大統領から賛辞を受けるのが誇りであるという。そして、本作のラストシーンのように大統領に謁見している。

【動画】映画「エージェント:ライアン」予告編


「エージェント:ライアン」ジャケット写真「エージェント:ライアン」ジャケット写真



■ ストーリー

ウォール街の投資銀行に勤めるジャック・ライアンには、フィアンセのキャシーにも打ち明けていない秘密があった。 それは、実際はCIAの情報分析班のアナリストであること。ある日、ジャックはモスクワの投資会社チェレヴィン・グループの不穏な動きに気づいた。チェレヴィンの持つ、アメリカの財政を左右するほどの巨大な外資口座へのアクセスが拒否されている。通常は、上司ハーパーへの報告のみで任務完了だったが、今回はなぜか現場経験の全くない、デスクワークのライアンが現地に出向き、ある人物からの指令を受け潜入捜査を開始することに。そこで待ち受けていたのは、恐るべき巨大な陰謀だった。世界経済を牛耳る謎めいた実業家。交渉現場に突然現れたフィアンセ。不可解な行動をとるCIA上官。誰が本当の敵で、何が真実なのか?極限状況の中で孤高のミッションが今、始まる。


■ リリース情報

エージェント:ライアン ブルーレイ+DVDセット(2枚組)
8.6(水)ブルーレイ&DVD リリース レンタル/オンデマンド配信 同時リリース
7.23(水)ダウンロード先行配信
4,700円+税
エージェント:ライアン ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-08-06)
売り上げランキング: 405


監督:ケネス・ブラナー  
出演:クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー
発売・販売元:パラマウント・ジャパン
(C) 2014 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
TM, (R) & Copyright (C) 2014 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

※ジャケットデザイン、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

公式サイト://dvd.paramount.jp/agentryan/
 
クリス・パイン主演「エージェント:ライアン」LAプレミア開催! クリス、K・ナイトレイ、K・コスナーら豪華スター集結(2014年1月17日)
クリス・パイン主演「エージェント:ライアン」のLAプレミアが1月16日(現地時間15日)に開催された。 本作は、今年10月に急逝した世界的ベストセラー作家トム・クランシーによる“ジャック・ライアン”...
伝説のCIA捜査官“ジャック・ライアン”新シリーズ! クリス・パイン主演作「エージェント:ライアン」予告編ついに解禁(2013年12月18日)
クリス・パイン主演、伝説のCIA捜査官《ジャック・ライアン》新シリーズ「エージェント:ライアン」の予告映像が解禁された。 今年10月に急逝した世界的ベストセラー作家トム・クランシーによる“ジャック・...
クリス・パイン主演作「エージェント:ライアン」特報映像解禁! “ジャック・ライアン”の誕生が初めて明らかに(2013年11月15日)
映画「エージェント:ライアン」の特報映像が解禁となった。 今年10月1日に急逝した世界的ベストセラー作家トム・クランシーによる“ジャック・ライアン”シリーズの最新作であり、リブート作品として現代を舞...