海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

アメコミ実写化は、TVドラマこそ最適なメディア! 70年超の人気を誇るグリーン・アローのドラマ化から、理由を読み解く

2014年9月4日
「ARROW / アロー」より「ARROW / アロー」より
海外TVドラマシリーズ「ARROW / アロー <セカンド・シーズン>」が、9月3日にDVDレンタル、9月10日にブルーレイ&DVD発売およびオンデマンド配信開始となる。

DCコミックスが生んだ孤高のヒーロー「ARROW / アロー」。世界的大ヒットドラマ待望の<セカンド・シーズン>リリースを記念して、日本でも空前のブームになっているアメコミトピックスを定期的にお届け。今回は、アメコミ作品が相次いで実写化される中で、「映画」ではなく「TVドラマ」が増えている理由を考察する。

2012年10月から全米で放送開始、以来順調にエピソードを重ねている「ARROW / アロー」。昼間は金持ちで女たらしのオリバー・クイーン(スティーヴン・アメル)が夜は一転、弓矢の名手アローとなって街に巣食う悪を討つ。オリバーはかつて海難事故に遭遇、父と死に別れてたった1人で孤島に漂着した。そこでの5年間におよぶ壮絶なサバイバルを経て、強靭な肉体と超人的な弓矢のスキルを身につけ、ついに故郷に帰還する。

そんな物語はDCコミックスのシリーズ「グリーン・アロー」を下敷きにしている。緑色のフードを被ったヒーロー、グリーン・アローがコミックに初登場したのはなんと1941年。実に73年前から現在に至るまで、現役で活躍を続けるたいへん息の長いキャラクターなのである。DCのヒーロー・ラインナップには言わずと知れたスーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンやザ・フラッシュといった面々が名を連ねる。人智を超えた超能力を持つスーパーヒーローがひしめくDCユニバースにおいて、己の肉体だけを頼りに戦い抜いてきた歴戦の勇士がグリーン・アローなのである。

そんなヒーローの物語を実写ドラマで魅せるのが、「ARROW / アロー」というわけだ。しかし考えてみると、テレビドラマは、アメコミ・ヒーロー物語に相応しいといえる。基本的にスーパーヒーローの物語はずっと続いていくものだ。途中で設定がアップデートされたり、あるいは物語が大幅に仕切り直されたりすることもあるとはいえ、彼らのストーリーに終わりはない。「グリーン・アロー」は前述の通り70年以上続いているシリーズだし、それは「スーパーマン」にしても「バットマン」にしても同じことだ。彼らの名前が冠されたコミック誌は毎月休まず発行されるから、それに応じて登場人物も増え、世界観も広がる。毎月のエピソードの積み重ねによって、壮大な物語が紡がれていくのだ。それを考えると2時間前後で完結しなければならない映画よりも、どこまでもストーリーを続けられるテレビドラマのほうが、アメコミというメディアには近いと言えるのではないだろうか。

さらに最近ではドラマで語られることが、映画に繋がっていくということもあり得ない話ではなくなってきた。たとえばマーベルが手がけるテレビシリーズ「エージェント・オブ・S.H.I.E.L.D.」は、その映画シリーズと同一の世界で起こる出来事を描いている。「アロー / ARROW」や、いずれここでも詳しく取り上げるバットマン・シリーズのスピンオフドラマ「ゴッサム」で描かれることが、いずれDCの映画とリンクする可能性も大いに考えられる。そのような点で、今やテレビドラマはアメコミ実写作品を語るにおいて無視することのできないメディアとなっているのだ。


■ リリース情報

★9月3日 レンタル開始

レンタルDVD Vol.1~Vol.12


★9月10日 発売

「ARROW / アロー <セカンド・シーズン>」コンプリート・ボックス 全23話収録(各話約43分)
<ブルーレイ> 16,200円+税 / 4枚組
14,300円+税 / 12枚組

【初回限定生産】ARROW / アロー <ファースト&セカンド・シーズン>ブルーレイ ボックス
24,800円+税 / 9枚組 全46話収録(各話約43分)

オンデマンド配信 開始
<デジタル・レンタル> 視聴期限付きビデオ・オン・デマンド(VOD)サービス
<デジタル・セル> エレクトロニック・セル・スルー:売切り型のダウンロード(セルスルー)サービス

発売・販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


■ キャスト&スタッフ

オリバー・クイーン:スティーヴン・アメル(日野聡)
ダイナ・“ローレル”・ランス:ケイティ・キャシディ(小林沙苗)
ジョン・ディグル:デヴィッド・ラムゼイ(三宅健太)
テア・クイーン:ウィラ・ホランド(坂井恭子)
フェリシティ・スモーク:エミリー・ベット・リカーズ(岡田栄美)
ロイ・ハーパー:コルトン・ヘインズ(遠藤純平)ほか

製作総指揮:グレッグ・バーランティ、マーク・グッゲンハイム、アンドリュー・クライスバーグ


■ 海外TVドラマシリーズ「ARROW / アロー」とは…

・世界的大ヒットドラマ待望のセカンド・シーズン

・日本でも大人気! 第4回ビデオ屋さん大賞 特別賞 海外TV ドラマ部門大賞受賞

・DCコミックスが生んだアメコミヒーロー「アロー」を、圧倒的なスケールで実写化した痛快ヒーローアクション

・主演は、「世界でもっとも美しい顔100人<男性版>」第5位のスティーヴン・アメル
 
アメコミ戦国時代到来、空前のアメコミブームを紐解く! 「ARROW / アロー<セカンド・シーズン>」9/3よりリリース(2014年8月8日)
海外TVドラマシリーズ「ARROW / アロー 」が、9月3日にDVDレンタル、9月10日にブルーレイ&DVD発売およびオンデマンド配信開始となる。 DCコミックスが生んだ孤高のヒーロー「ARROW...
海外ドラマ「ARROW」に、“大河女優”福島リラの出演が決定! 主人公を導く、スーパーヒロインを演じる(2014年8月29日)
全米で放送中の海外ドラマ「ARROW / アロー」に、日本人女優の福島リラの出演が決定。スーパーヒロインを演じる。 福島リラは、東京生まれのモデル、女優。昨年公開のハリウッド映画「ウルヴァリン: S...
「プリズン・ブレイク」ウェントワース・ミラーが「glee」グラント・ガスティン主演の「The Flash」にゲスト出演決定(2014年7月22日)
人気海外ドラマ「ARROW/アロー」のスピンオフ作品として、今秋より放送される新ドラマ「The Flash(原題)」に、「プリズン・ブレイク」のマイケル・スコフィールド役で知られるウェントワース・ミラ...
「ARROW」スピンオフドラマ「The Flash」の予告編(ロングver.)が公開! カッコよすぎる「glee」グラント・ガスティンのスーパーヒーロー姿は必見(2014年5月16日)
米CW局で放送が決定した「ARROW/アロー」のスピンオフドラマ「The Flash(原題)」の予告編(ロングver.)が公開された。 同作は同局で放送中の人気ドラマ「ARROW」のスピンオフ作...
「glee」グラント・ガスティンが主演の「アロー」スピンオフ、「The Flash」放送決定(2014年5月9日)
米CW局の人気海外ドラマ「ARROW/アロー」のスピンオフ作品「The Flash(原題)」の放送が決定したと米Deadlineが報じた。 ザ・フラッシュはDCコミックの同名コミックに登場するスーパ...
人気海外ドラマ「ARROW / アロー」主演スティーヴン・アメルのインタビュー公開! 他のスーパーヒーローたちとの共演の可能性は…?(2014年3月27日)
人気海外ドラマ「ARROW / アロー」の主演俳優スティーヴン・アメルのインタビューが公開された。 本作は、億万長者のプレイボーイという表の顔と、弓矢を手に人知れず巨悪と闘う裏の顔、そんな2つの顔を...
「ARROW」のイケメン俳優スティーブン・アメルのいとこが主演の新ドラマ「The Tomorrow People」の予告編公開(2013年5月17日)
米CWが今秋より放送を開始する新作ドラマ「The Tomorrow People(原題)」の予告編が公開された。 【動画】「The Tomorrow People」予告編 【動画】ロビー・アメ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ