海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

ウィズ・カリファ「シー・ユー・アゲイン」全米12週 No.1! ラップ/ヒップホップ楽曲として歴代最長記録を達成

2015年7月13日
ウィズ・カリファ「ワイルド・スピード スカイミッション」ジャケット写真ウィズ・カリファ「ワイルド・スピード スカイミッション」ジャケット写真
映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」のエンディングでフィーチャーされ話題となったラッパー ウィズ・カリファのシングル「シー・ユー・アゲイン (feat. チャーリー・プース)」が、全米シングル・チャートで12週間連続で1位を獲得し、ラップ/ヒップホップ楽曲として全米1位最長記録を達成した。

ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」が、7月18日付けの全米シングル・チャートで首位に輝き、通算12週目の1位を獲得。米Billboard誌によると、この12週1位というのはブラック・アイド・ピーズ「ブン・ブン・パウ」(2009年)、エミネム「ルーズ・ユアセルフ」(2002年)に並び、ラップ/ヒップホップ楽曲としての全米1位最長記録(タイ記録)を達成したことになる。

2005年のデビュー以来HIP HOPシーンで絶大な人気を誇るウィズ・カリファは、全米No.1シングル「ブラック・アンド・イエロー」や「ヤング・ワイルド&フリー(feat.ブルーノ・マーズ)」等の大ヒットで一躍スターダムを駆け上がり、2014年にリリースしたサード・アルバム「ブラック・ハリウッド」は全米アルバム・チャート初登場1位を獲得。

「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」は、映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」のエンディングでフィーチャーされ、現時点で世界歴代興行収入4位という映画の記録的大ヒットと共に、世界中のチャートを席巻。

この楽曲も収録された「ワイルド・スピード SKY MISSION」オリジナル・サウンドトラックは、世界94ヶ国のiTunesアルバム・チャートで1位を獲得した。日本でもiTunes週間アルバムランキングにて5週連続で1位に輝き、5月18日付けのオリコン週間アルバムランキングでは最高位となる総合2位にランクイン。洋楽アルバムとしては2015年最大のセールスを記録している。

【動画】ウィズ・カリファ「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」ミュージック・ビデオ(日本語字幕入り)


また、「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」にボーカルとして参加した23歳の新人シンガー・ソングライター、チャーリー・プースも、楽曲のヒットに伴い知名度・人気ともに急上昇。

今年4月にリリースした自身の名義によるアトランティック・レコードからの第1弾シングル「マーヴィン・ゲイ(feat. メーガン・トレイナ―)」も大きな話題を呼び、ミュージック・ビデオはすでに再生回数1,800万回を突破。この楽曲が収録された初のEP「Some Type of Love」は、iTunes Store/レコチョク等にて絶賛配信中だ。

「マーヴィン・ゲイ(feat. メーガン・トレイナ―)」ミュージック・ビデオ



■作品情報

○ウィズ・カリファ「ワイルド・スピード スカイミッション」(O.S.T)
2015年4月8日発売
WPCR-16244 / 1,980円(本体)+税
ワイルド・スピード スカイミッション
Various Artists
ワーナーミュージック・ジャパン (2015-04-08)
売り上げランキング: 469


☆iTunesはこちらから☆


○チャーリー・プース 「Some Type of Love – EP」
2015年5月6日配信 *デジタル限定

☆iTunesはこちらから☆
レコチョク: //recochoku.jp/album/A1002075754/


■プロフィール

○ウィズ・カリファ


ピッツバーグを本拠地とするウィズ・カリファ(本名:キャメロン・トーマズ)は2005年にデビュー。2007年にワーナーブラザース(以下WB)とメジャー契約しシングル「SAY YEAH」がストリート・ヒットとなるも翌年にはWBを離脱。再びインディーに戻り発表したアルバム「DEAL OR NO DEAL」(2009)が米iTunes HIPHOPチャートで1位に。2010年春に発表したミックステープ「KUSH AND ORANGE JUICE」がGoogleやtwitterでトレンドワード1位となり最注目MCの1人となる。

こうして新たにアトランティックと契約を結び2010年秋に発表したシングル「BLACK AND YELLOW」が全米1位という大ヒットに。地元ピッツバーグのカラーである“黒と黄色”を歌ったこの曲は世界中でリメイク版が発表されるなど社会現象的メガヒットとなる。米MTVが選ぶ「THE HOTTEST BREAKTHROUGH MCs OF 2010」(2010年最もブレイクしたホットなラッパー) で堂々の1位となった彼は2011年春にはメジャー1stアルバム「ローリング・ペイパーズ」を発表。

12月にはスヌープ・ドッグとの共演映画のサントラ「Mac & Devin Goes To Hollywood」をリリース。シングル「ヤング・ワイルド&フリー(feat.ブルーノ・マーズ)」が全米TOP10入り。2012年にはマルーン5の最新ヒット「Payphone」にもフィーチャーされるなど、今全米で最も注目を集めるMCとして絶大な人気を誇っている。

ホームページ: //wmg.jp/artist/wiz_khalifa/

○チャーリー・プース


1991年生まれニュー・ジャージー出身のチャーリー・プースは、2011年に、人気ブロガー=ペレス・ヒルトンが主催したカヴァー曲コンテスト「Can You Sing?」にエントリーするためYouTubeにアップしたアデル「サム・ワン・ライク・ユー」のカヴァーを見たアメリカTV界の大スター、エレン・デジェネレスに見いだされ、程なくしてエレンが司会を務める人気TV番組「エレン・デジェネレス・ショウ」に出演。番組内でパフォーマンスを披露すると大きな反響となり、エレンが設立したレーベル=イレヴンイレヴン・レコードと契約を結ぶ。

2013年にバークリー音楽院を卒業したチャーリーは、22歳にしてジェイソン・デルーロやピットブルといった大物アーティストの楽曲制作に参加しキャリアを磨き、人気R&Bシンガー、トレイ・ソングスのヒット曲「スロー・モーション」では共作/共同プロデュースも行う。

その後、イレヴンイレヴンを離れ、遂にアトランティック・レコードとメジャー契約を果たしたチャーリーは、2015年2月にデビュー・シングル「マーヴィン・ゲイ」を発表。メーガン・トレーナーをゲストに迎え、1970年代~80年代に活躍した伝説のソウル・シンガー、マーヴィン・ゲイをモチーフにしたこの曲は、マーヴィンの代表曲「レッツ・ゲット・オン」「ガット・トゥ・ギヴ・アップ」などのフレーズも飛び出すレトロ感満載のナンバーで、ビデオ・クリップではメーガンとの濃厚ラヴ・シーンを想像させる演出も話題となる。

その後、全米で記録的大ヒットを記録している映画「ワイルド・スピード SKY MISSION(原題:Furious7)」サウンドトラックからのシングル、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」にもゲスト参加。同映画では亡きポール・ウォーカーに捧げたエンディング・シーンで使用されている感動的なナンバーであるこの曲は、チャーリーが歌う涙を誘うメロディも話題となり、全米シングル・チャート(4/25付The Billboard Hot 100)では登場5週目にして早くも1位を獲得、アルバムとシングル両部門で同時に1位に輝くという、映画のサウンドトラック作品としてはエミネム「8マイル」以来の快挙を達成。往年のソウル・フレイヴァーを昇華させた独自のレトロ・ポップ感覚と美少年風のルックスで人々を魅了する彼は、2015年に大ブレイクが期待されている注目のアーティストである。

ホームページ//wmg.jp/artist/charlieputh/

 
■ワーナーミュージック・ジャパン洋楽公式Facebook
https://www.facebook.com/warnermusicjapaninternational 

■ワーナーミュージック・ジャパン洋楽公式Twitter https://twitter.com/wmj_intl
 
映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」のサントラが全米アルバム&シングルチャートを同時制覇! 12年ぶりの快挙達成(2015年4月20日)
4月17日より全国公開となった、大人気映画シリーズ最新作「ワイルド・スピード SKY MISSION」。ウィズ・カリファとチャーリー・プースが歌う本作のオリジナル・サウンドトラック「シー・ユー・アゲイ...