海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

「フラッシュ」「スーパーガール」シーズン2製作決定! アメコミブームとともに進化を遂げる、アメコミフィギュア最新事情とは?

2016年5月31日
●アメトイブーム~アメコミ映画ブーム変遷 : 進化するアメコミフィギュア

時は90年代。ヴィンテージブームに乗って賑わう古着屋の一角に置かれた、アメリカのフィギュアたち。

それはいつしかアメトイ(アメリカントイの略)と呼ばれ、トレンドに敏感な若者を中心に注目を集め、やがて、「スポーン」の世界的ブームをきっかけにひとつのカルチャーとなり、ここ日本でも爆発的ブームを巻き起こした。

フィギュアショップ豆魚雷 大宮店フィギュアショップ豆魚雷 大宮店

当時は、未開封のフィギュアで、部屋の壁を埋め尽くすように飾る事がファンの憧れであり、“イケてるトレンド”としてファッション誌にも取り上げられるほどだ。

中でも人気を博したのは、「スポーン」や「スパイダーマン」、「X-MEN」、そして、DC キャラクターの中では、ダントツで「バットマン」シリーズがトップスターであった。

コミックス版バットマンフィギュアコミックス版バットマンフィギュア

アメコミフィギュアの多くには、カートゥンのようなキャラクターデザインの「アニメイテッド版」やコミックそのままの「コミック版」、映画に登場したキャラクターを再現した「映画版」があり、どれかに人気が偏りがちだが、「バットマン」シリーズにおいてはどのバージョンも好評で、ファンを夢中にさせていた。

ヴァリアント プレイアーツ改 / DC コミックス タイムレスシリーズ : バットマン ブシドー verヴァリアント プレイアーツ改 / DC コミックス タイムレスシリーズ : バットマン ブシドー ver

その後、アメトイブームは一旦落ち着きを見せるが、2002年公開の映画「スパイダーマン」や、2005年からスタートした三部作「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」「ダークナイト ライジング」といったアメコミ映画のヒットが続いたことで、再燃。

日本語訳されたアメリカンコミックスの発売や、「ARROW / アロー」、「THE FLASH / フラッシュ」といったTVドラマシリーズの日本上陸など、アメコミの世界をより深く堪能出来る環境が日本でも整ってきた。

その影響もあり、アメトイコレクションを楽しむファンが増え、現在ではお馴染のキャラクターにとどまらず、実に様々なキャラクターの立体化(=フィギュア化)が実現している。

DC キャラクターにおいては、「バットマン」のみならず、「スーパーマン」「アロー」「フラッシュ」といったヒーローはもちろん、「デスストローク」「リバース・フラッシュ」などヴィラン(悪役)のバリエーションも増えてきた。アメコミ映画ブームを受け、アメトイの世界も進化を遂げている。


●もはや“アメトイ”ではない!?世界中で絶賛の MADE IN JAPAN フィギュアも登場

日本での「アメトイ」「アメコミ」ブームから十数年、いまや“アメリカントイ”とは一概に呼べない状況が実は起きている。もともとアメリカのメーカーが製作するフィギュアが主流であることが“アメリカントイ”の所以なのだが、ここ数年、日本製作のアメコミフィギュアが世界で注目を集めるようになってきている。

海外メーカーも顔負けの、高クオリティーかつド迫力な大型スタチュー(フィギュアの一種で、ポージングやフォルムこだわりのある無可動の立像)を発売するプライム1スタジオは、2014年に海外のスタチューファンサイト「STATUE FORUM」のスタチュー・オブ・ザ・イヤー2014を受賞、今年3月に「ミュージアムマスターライン / バットマン アーカム・ナイト : EX 版 バットマン 1/3 ポリストーン スタチュー」という超リアルなスタチューを 1000 体限定で世界発売し、大きな話題となった。

HD ミュージアムマスターライン バットマン 12 ポリストーン スタチュー HD ミュージアムマスターライン バットマン 12 ポリストーン スタチュー

ほかにも、日本独自の美少女アレンジやオリジナルデザインを施したシリーズを展開するコトブキヤやスクウェア・エニックスなど、日本メーカーが世界に向けて“MADE IN JAPAN のアメコミフィギュア”を発信するという新たな時代が到来している。

さらに、国産アニメや美少女アニメのアイテムを多く立体化(=フィギュア化)しているグッドスマイルカンパニーのディフォルメシリーズ「ねんどろいど」からも、今春「バットマンvs スーパーマン ジャスティスの誕生」公開にあわせて、アメコミフィギュアが登場。日本独特のフィギュア文化においても、「アメコミ」ブームが一石を投じ確実に何かが変わっいる、そんな印象が否めない。

ねんどろいど バットマン ジャスティス・エディションねんどろいど バットマン ジャスティス・エディション

日本でもいち早くデジタルセルにて配信中の「レジェンド・オブ・トゥモロー」。DCの人気キャラクターが大集結して闘うアクションが見どころだが、自分自身の“推しヒーロー”フィギュアをコレクションしてみてはいかがだろうか?


■商品情報

●「SUPERGIRL/スーパーガール<ファースト・シーズン>」

○コンプリート・ボックス(ブルーレイ)

2016年9月14日発売

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-09-14)
売り上げランキング: 453

価格 : 16,200 円+税
品番 : 1000603071
内容 : 4枚組

●「レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>」

○デジタルセル

先行配信中


今秋ブルーレイ&DVD リリース、デジタルレンタル配信開始

発売・販売元 : ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
Project DC コミックス公式サイト : warnerbros.co.jp/dccomics