海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

体感型の恐怖にあなたは耐えられるか!?映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」上映館拡大&4D上映大決定! 邪悪なピエロ映像公開[動画あり]

2017年11月10日
「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」
ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キング原作で、これほどまでに恐れられるものはないといわれる「IT/イット」の映画化「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の大ヒットを受けた上映館緊急拡大&4D上映(4DX・MX4D)が決定した。

本作は11月3日(金・祝)に封切られると公開3日間で2.8億円を超える大ヒットスタート。映画館には、高校生複数グループ、男女のカップルなど、洋画では見かけない層が多く足を運んだ。10人で来場するなど大人数のグループも多数来場する珍しい光景が続き、午後は男女カップル、夜には30代以上の映画ファンが訪れるなど、広い層から支持をうけて劇場館アベレージでは同日公開の「マイティ・ソー バトルロイヤル」を超えて堂々の1位を獲得した。

2000年以降のホラー映画の興行収入を振り返っても土日で1億8000万円を突破した作品はほとんどなく、土日の興行収入が約1億9800万円であった「貞子vs伽椰子」(最終興収10億円)対比で93%の出足と近年のホラー映画ではNO.1の大ヒット、まさに社会現象となっている。

そしてこのたび前述の大ヒットを受けて現在上映中の202館/202スクリーンに加え11月11日(土)より緊急拡大公開が決定した。さらには座席が前後上下左右へ動きピエロの恐怖がより一層味わえるアトラクション型4D上映(4DX・MX4D)の上映も決定。また、空前のピエロブームを受け、邪悪なピエロ“ペニーワイズ”の姿の裏側が見られる映像も公開された。

11月11日(土)からは223劇場、254スクリーンで上映(4D上映は31劇場で開始)晩秋の日本にさらなるピエロ現象が巻き起こること間違いなし。

9月1日に公開された日本版予告は、Youtube上では300万回以上再生され、マスコミ試写会・一般試写会でも毎回満席を記録。テレビスポットが放送されるとツイッターでも「あのピエロ一周まわって面白い」「IT恐そうだけど面白そう」「IT 恐くて見れない・・・でも誰か一緒に見に行こう」など、待ち遠しいツイートが多く見受けられた。

公開後3日間のツイート数は46,792件と洋画メジャー作品と肩を並べるほど。作品評価も伴っており公開前には、各メディアが評論・紹介も軒並み高評価。鑑賞者の感想ツイートもほぼポジティブで、「怖かった・・・でもまさか泣けるとは思わなかった」「まさにスタンドバイミーだった」「予告編でかなり怖かったけど、もっと恐かった。でも面白かった」など、ホラー映画ながらスティーヴン・キング作品ならではのジュヴナイル要素に反応し「泣ける」といったホラーなのに感動する作品の個性が感想とともにあふれかえっており、今もなお新しい感想が続々とSNS上を賑わせている。

また、本作を観賞した人々からは「ピエロトラウマになりそう」「あのピエロ癖になる」「ピエロまじ怖かったな終始ずっと」という声も寄せられており、子供たちの恐怖である“それ”を体現する邪悪なピエロ“ペニーワイズ”にも注目が集まっている。

今回公開された映像内では、イケメン俳優ビル・スカルスガルドが演じたペニーワイズの姿を収めた撮影風景が収めらているだけでなく、アンディ・ムスキエティ監督が子供たちをリアルに怖がらせるために撮影ギリギリまで子供たちにピエロを見せないようにしたこだわりを明かすインタビューも収められている。

【動画】映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」邪悪なピエロ“ペニーワイズ”の裏側&インタビュー入り特別映像


【STORY】“それ”は、ある日突然現れる
一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」
監督・脚本:アンディ・ムスキエティ
出演:ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード、ソフィア・リリスほか
配給:ワーナー・ブラザース映画 
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/
2017年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/135分/原題:IT
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.Photograph : Shane Leonard
 
映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」“ホラー作家の頂点”、原作者スティーヴン・キングのコメント入り特別映像が到着[動画あり](2017年10月11日)
ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの小説の中でも、これほど恐れられた作品はないとされる「IT/イット」――それは発刊以来30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきました...
映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」全米ホラー映画興収歴代No.1に! 3週目にして287億円突破(2017年9月28日)
ギレルモ・デル・トロ製作総指揮の新感覚ホラー「MAMA」で監督を務め、頭角を現した俊英アンディ・ムスキエティが映画化した「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」が、11月3日(金・祝)に日本で公...
空前絶後の大ヒットスタート! 「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」、ホラー映画&9月公開映画オープニング歴代NO.1を獲得(2017年9月12日)
興行収入126億円突破したスティーヴン・キング原作・ホラーの金字塔と名高い「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」。この数字は今まで「パラノーマル・アクティビティ 3」の持っていたホラー映画のオ...
スティーヴン・キング原作の最恐ホラー映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」公開決定! 特別映像も公開 [動画あり](2017年8月21日)
ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの小説の中でも、これほど恐れられた作品はない。「IT/イット」――それは発刊以来30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきた。 そし...