海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

新作「ツイン・ピークス」カイル・マクラクラン来日インタビュー! キャリアを変えた作品に戻れて興奮! 現場は作品愛に溢れる同窓会だった

2017年7月21日
カイル・マクラクランカイル・マクラクラン
全世界で社会現象を巻き起こした伝説のドラマシリーズが25年の時を経て新作「ツイン・ピークス」として、7月22日よりWOWOWにて放送スタートする。同作の日本独占放送に先がけ、オリジナル版と新シーズンでデイル・クーパー役を演じるカイル・マクラクランが来日を果たした。

「ツイン・ピークス」は、ツイン・ピークスという田舎町を舞台に、捜査官デイル・クーパー(カイル・マクラクラン演)が、女子高生ローラ・パーマーの殺人事件を捜査していく姿を描いたミステリードラマ。同作は、全米にて1990年から1991年にかけて計2シーズンが放送。放送終了後も現在に至るまでカルト的な人気を誇っている。

旧作の最終話にて、ローラ・パーマーがクーパー捜査官に「25年後に会いましょう」と告げた通り、新作では前作から25年後の世界が描かれる。マクラクランに加え、シェリリン・フェン、シェリル・リー、メッチェン・アミックをはじめとするオリジナルキャストのほか、ナオミ・ワッツ、アマンダ・セイフライド、裕木奈江といった総勢217名のキャストが出演。しかし、物語の詳細はベールに包まれており、世界中が新シーズンに注目している。

TVグルーヴは、マクラクランにインタビューを実施。再びデイル・クーパーを演じてみての感想から懐かしのキャストとの再会について、マクラクランにとって「ツイン・ピークス」がどのような存在なのか直撃。マクラクランはコーヒー片手に、真摯に一つ一つの質問に答えてくれた。


------------------------------------

Q. 「ツイン・ピークス」は後に「X-ファイル」など多くのドラマ作品に影響を与えた作品でもあり、カイルさんご自身のキャリアにも大きく影響を与えた作品です。「ツイン・ピークス」という作品、デヴィッド・リンチ監督はカイルさんにとってどんな存在なのでしょうか?

カイル:「ツイン・ピークス」は、確かにその後のTV業界に大きな影響を与えたと僕も思っています。色々なクリエイティブな方々に刺激を与え、「ツイン・ピークス」以降は、テレビではできないと思われていたことが実際にできるようになりました。成功、失敗は別として、より実験的な作品が登場するようになったと思います。そういった作品を奨励したと言えるでしょう。

僕にとっての「ツイン・ピークス」は、僕のキャリアを完全に変えてくれたものです。可能性を押し広げてくれましたし、「ツイン・ピークス」のファンだという監督やプロデューサー、ライターさんから僕を起用したいというオファーも沢山ありました。

やはりリンチ監督の影響というのが僕にとっては一番大きく、最初の2本の映画(「デューン/砂の惑星」「ブルーベルベット」)で僕を主役に抜擢してくれました。そして、「ツイン・ピークス」を一緒に作り上げたということで、彼から様々なことを学び、影響を受けています。


Q. 来日会見で25年の時を経て復活した「ツイン・ピークス」への参加に「興奮した」と仰っていましたが、実際にどのような過程でオファーを受けたのでしょうか?

カイル:リンチ監督から電話がかかってきて、「話がある」と言われました。しかし、電話では話せないとのことでしたので、彼がニューヨークに来たときに会うことにしたんです。彼の泊まっていたホテルを訪れ、そこで初めて「『ツイン・ピークス』の新作をやるんだけど、どうだ?」と言われました。

これまでにも彼との話の中で、「『ツイン・ピークス』新しいのをやらない?」と質問してきましたが、彼は「やらない」と乗り気ではありませんでした。でも彼の気持ちが変わったようでした。僕としては、大好きなデイル・クーパーというキャラクターに戻れることにとても興奮しました。

SNSでファンから「(新作を)やってくれ」といった書き込みが多く、新作を望む人が多いことはわかっていました。ですので、やる価値はあると思いました。


Q. ノーマやリーランド、ベンなど懐かしのキャラクターたちも登場しています。同窓会ではないにしろ、久しぶりに仲間たちに会った時のお気持ちはいかがでしたか?

カイル:まさに同窓会のようでした。素晴らしいものでしたよ。これは撮影中ずっと続いていたのですが、最初の日にアンディ役のハリー・ゴアスと会い、その翌日にはローラ役のシェリル・リーに会いました。古いキャストももちろん多くいましたが、新しいキャストも非常に熱意があり、「ツイン・ピークス」のファンだった人たちばかりでした。とても「ツイン・ピークス」愛に溢れる現場だったと思います。

"TWIN PEAKS": ©Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


―丸太おばさんの登場シーンでは思わず涙があふれてきました。

カイル:彼女(キャサリン・E・コールソン)との再会はうれしくもあり悲しくもありました。あの登場シーンは、キャサリンが亡くなる数日前に撮影されたんです。キャサリンは、AFI時代、つまり「イレイザーヘッド」の時からリンチ監督とずっと一緒に仕事をしてきた方なんです。


Q. 伝説のドラマとして称される「ツイン・ピークス」ですが、若い人の中にはオリジナルを観たことのない人も多くいますし、難しい話だとためらってしまう方もいるかもしれません。そういった方に向けて「ツイン・ピークス」の魅力を改めて教えてください。

カイル:若い人は物を手に入れるよりも、体験を求めていると思うので、その意味で本作は体験型のドラマだと思います。出来れば、最初から観てハマって頂きたいです。非常に変わっていて、チャレンジングで、彼らの予想を超えていく作品で、テレビでは非常に珍しいと思います。そういった意味で、最初から体験できるチャンスだと思っています。彼らがどう思うかは別ですが(笑)。


Q. 過去のインタビューで、クーパー捜査官というキャラクターは自分にとって常に身近な存在だと発言されていました。クーパー捜査官に関係する、記憶に残る印象深いエピソードなどあれば教えてください。

カイル:やはり一番思い出深いのはパイロット版ですね。キャラクターを作り上げていくプロセスの中で、自分自身で模索しながらも、リンチ監督と一緒に作り上げたキャラクターなので、その点がとても印象深いです。

新作「ツイン・ピークス」では、デヴィッドが敢えて、今までのデイル・クーパーを見せるのではなく、クーパーがそこに存在しながらも存在していないという部分を見せています。観客に挑戦状を突き付けているようなことがあります。

―観客に挑戦状を突き付けているとのことですが、これまでと違うクーパーを演じることは役者としていかがでしたか?

カイル:役者としてやりがいがありました。新作に登場するミスターCは、クーパーが持っていた良い特徴を全て取り払ったような存在なのです。本当に、力や自分の意志だけで行動している部分があります。

それと全く逆なのが、ダギー・ジョーンズというキャラクターです。まるで赤ん坊が、生まれて初めて世の中を体験するような人なので、どちらのキャラクターも演じるのがチャレンジングでした。

"TWIN PEAKS": ©Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


Q. 新作「ツイン・ピークス」に臨むにあたり、準備されたことはありますか?

カイル:様々な準備を重ねました。ミスターCのために、人間性というのを全てなくす気持ちで臨みました。ダギーに関しては、この惑星に初めて降り立ったという気持ちで臨みました。


Q. デヴィッド・リンチ監督の演出は、昔と比べてどこか変わったことはありましたか?

カイル:リンチ監督は全く変わっていません。進化はしていますね。ストーリーテリングにおいて、リンチ監督はよりシンプルになりましたが、より強力にもなりました。

"TWIN PEAKS": ©Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.


Q. 新作「ツイン・ピークス」の製作プロセスとして、長編映画を撮影し、それを18話に分けていったと来日会見で仰っていました。それによる効果は何だと思いますか?

カイル:本当に映画を撮っている感覚でずっと撮影に臨みました。一つの長い映画を撮るという感覚だったので、普通だったら「ここにCMを挟んで、ここにクライマックスを持ってくる」といった作業を18話分行う必要があるのですが、そういう意識がなかったんです。よりゆっくり展開していく感覚でした。

500ページ分全部を把握し、その中で自分が今どういう状況にいるのかを考えながらの撮影だったので、ちょっと違ったチャレンジがあったように思います。普通のTVドラマを撮るのとは全く違う、映画を撮るような感覚でした。


Q. カイルさんはこれまでに「ママと恋に落ちるまで」のキャプテン役や最近では「Portlandia(原題)」の市長役など、どれもクセのあるキャラクターばかりを演じているように思います。そういったクセのある役を演じるのがお好きなのでしょうか?また役選びの基準などあれば教えてください。

カイル:そういうクセのある役を好んで演じています。普通の人を演じると、とても退屈でつまらないものになってしまうと思うので。子どもの頃よく観ていた「じゃじゃ馬億万長者(原題:The Beverly Hillbillies)」や「ギリガン君SOS(原題:Gilligan’s Island)」などに出てきたような、ちょっと変な人たちが好きだったんです。キャプテンも市長も、非常に笑えるキャラクターで、どこか通じる部分があると思います。

やはり自分が興味を持てる役を常に探しているのですが、次回作はもっと伝統的な役を演じる予定なんです。美しいストーリーのインデペンデント映画で、父親が息子との繋がりを求めていく過程を描くのですが、よりリアルな役どころだと思います。



(インタビューおわり)

------------------------------------
新作「ツイン・ピークス」 は、WOWOWプライムにて7月22日(土)スタート。

■放送情報
新作「ツイン・ピークス」 7月22日(土)スタート
(全18話)【第1話無料放送】
毎週土曜夜9:00〔二カ国語版〕/毎週金曜夜11:00〔字幕版〕

 
「ツイン・ピークス The Return」新たな場面写真が公開! 来日迫るカイル・マクラクランの姿も[写真あり](2017年6月30日)
奇才デヴィッド・リンチが手がけたあの伝説のTVシリーズ「ツイン・ピークス」が帰ってくる。全米5月スタートの新作「ツイン・ピークス The Return」がWOWOWプライムにて7月22日より独占放送さ...
「ツイン・ピークス」新作放送記念! 著名人が本作の見どころを語りつくす9時間無料放送が決定(2017年6月20日)
7月1日(土)午後1:00より「ツイン・ピークス」新シーズン独占!WOWOW9時間無料放送が実施される。 本放送は全世界で社会現象を巻き起こした伝説のドラマシリーズ、「ツイン・ピークス」の新作独占放...
「ツイン・ピークス The Return」主演カイル・マクラクランの来日が決定! ファンに向けてコメント(2017年6月9日)
奇才デヴィッド・リンチが手がけた伝説のドラマシリーズ「ツイン・ピークス」、そしてその新シリーズに主演するカイル・マクラクランの来日が決定した。 日本でもカルト的大ヒットを記録した「ツイン・ピークス」...
「ツイン・ピークス The Return」新たな場面写真が公開! デヴィッド・ドゥカヴニー演じるデニスの姿も(2017年5月22日)
奇才デヴィッド・リンチが手がけたあの伝説のTVシリーズ「ツイン・ピークス」が帰ってくる!全米5月スタートの新作「ツイン・ピークス The Return」が、WOWOWプライムにて7月、独占放送される。...
「ツイン・ピークス The Return」 WOWOWにて7月独占放送! 特設サイトオープン&新ビジュアルも公開(2017年5月17日)
奇才デヴィッド・リンチが手がけた海外ドラマの原点にして頂点。あの伝説のTVシリーズが帰ってくる!全米5月スタートの本作が早くも7月WOWOWプライムにて独占放送される。 TVシリーズ最終回でローラ...
「ツイン・ピークス」ウィル・ヘイワード役ウォーレン・フロストさん死去 享年91(2017年2月20日)
「ツイン・ピークス」ウィル・ヘイワード役で知られる俳優ウォーレン・フロストさんが、米時間2月17日に亡くなった。91歳だった。米Entertinment Weekly誌などが報じている。 第二次世界...
「ロボコップ」「NCIS:LA」ミゲル・フェラーが死去 享年61(2017年1月20日)
海外ドラマ「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」や「ツイン・ピークス」などへの出演で知られる米俳優ミゲル・フェラーが死去したことがわかった。米Hollywood Reporterなどが伝えている。 ミ...
「ツイン・ピークス」の丸太おばさん役キャサリン・E・コールソンが死去 享年71歳(2015年9月29日)
人気海外ドラマ「ツイン・ピークス」の丸太おばさん役で知られる女優キャサリン・E・コールソンが現地時間9月28日の朝、がんのため亡くなった。71歳だった。米Variety、The Hollywood R...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。