海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

『パディントン2』ブラウンさん役ヒュー・ボネヴィル来日インタビュー! 「パディントンはイギリス人にとって“宝”」

2018年1月19日
ヒュー・ボネヴィルヒュー・ボネヴィル
(c)TVGroove.com
全世界328億円越えの大ヒットを記録し、日本でも“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』。続編となる『パディントン2』が、1月19日(金)より全国公開を迎える。この度、本作でブラウンさん役を演じるヒュー・ボネヴィルが来日し、TVグルーヴのインタビューに応じてくれた。

本作では、パディントンが大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日に、ロンドンの街並みを再現した、世界に一冊しかない飛び出す絵本をプレゼントしようと、人生初のアルバイトに励む。しかし、ある日、この絵本が何者かに盗まれてしまい、警察の勘違いでパディントンが逮捕される事態に。パディントンは刑務所で無事に生活できるのか?そして、ブラウン一家はパディントンの無実を証明できるのか?

今回、TVグルーヴは同作プロモーションのために来日したボネヴィルにインタビュー取材を敢行。来日中はジャパン・プレミアに出席し、日本の「パディントン」ファンとの交流を楽しんだ彼に、プレミアイベントの感想はもちろん、母国イギリスや彼自身にとってパディントンがどんな存在なのか、気になる第3弾の製作などについて、時にイギリス流のユーモアを交えながらたっぷり語ってもらった。

-----------------------------------

Q. 今回が初来日だそうですね。1月16日に行われたジャパン・プレミアはいかがでしたか?

ヒュー・ボネヴィル(以下H):本当に楽しませて頂きました。1作目は日本でも大成功をおさめていますが、今回2作目の公開規模が拡大されたようで何よりと思っています。ファンの皆様にお会いして、本当に公開を楽しみにしてくださっていることを肌で感じることができました。パディントンの格好をしてプレミアに来てくださった方もいて、ビックリしましたが非常に楽しかったです。舞台挨拶では壇上で“パディントンだるま”にサインもしたのですが、それも面白い経験でした。声優のお二人にお会いできたことも光栄でした。



Q. 前作に引き続きブラウンさんを演じるにあたって、何か違いや変化などはありましたか?

H:1作目の時は、クマがどんなクマなのかわからないまま演じていたのですが、今作ではどういうトーンで描かれるのか、どういう背格好で、どんな心を持っているのかを理解したうえで臨んでいるので、だいぶ演技としてはやりやすかったです。初めて完成したパディントンを見たのが、1作目のトイレに顔を突っ込んでいるシーンだったのですが、CGIの技術に驚きました。これは単なる子供向けの映画ではなく、非常にレベルの高い映画に仕上がると思いました。とにかくクマがリアルで感心していました。

2作目でブラウンさんを演じるにあたって、本物のクマがそこにいるかのような臨場感を持ちつつ演技することができましたし、完成した映画を観ても、実際にそこにいるかのようなリアル感をもって見ることができました。


Q. パディントンとのシーンは、実際のどのように撮影が行われるのですか?何か目印などがあるのでしょうか?

H:本物のクマがいますよ(笑)。1作目の時は、パディントンが本当にワガママなやつで、トレーラーから出てこなかったんです。だから代わりに色々な道具を使わなくてはいけませんでした。例えば、同じ身長の女優さんを使ったり、フィジカルパフォーマーのハビエル・マルザンを相手に演じることもありました。シーンによっては、目印を貼った棒を使うなど、様々な方法を用いて撮影を進めていきました。


Q. 「パディントン2」の撮影現場の雰囲気はどのような感じでしたか?

H:本当に楽しかったです。家族の再会のような感じがしました。息子ジョナサン役と娘ジュディ役の2人が急成長を遂げたらどうしよう...ジョナサン役のサミュエル(・ジョスリン)が6フィート4インチ(約193cm)になったら...といった心配はありました。幸いそこまで身長の伸びもなく、少し声が低くなっていましたが、声変わりの最中ではなかったので、声がかすれるといったこともなく一安心しました。

一番の違いは、ゲスト俳優でしたね。ヒュー・グラントやブレンダン・グリーソンに加え、刑務所内の囚人の皆さんです。ヒュー(・グラント)演じるブキャナンは本当に素晴らしかったです。非常にきらびやかな感じでした。1作目でニコール・キッドマンが演じたミリセント・クライドのように、クマをはく製にしようと目論む犯人ではなかったのでよかったです。1作目はかなり残酷な悪役だったので、子どもによっては残酷に感じた方もいたようですが、それがなかったですからね。

ジョナサン役サミュエル・ジョスリン(左から2人目)、ジュディ役マデリン・ハリス(右端)ジョナサン役サミュエル・ジョスリン(左から2人目)、ジュディ役マデリン・ハリス(右端)
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.


Q. イギリスの方々にとってパディントンとはどのような存在ですか?またヒューさんご自身にとってのパディントンとは?

H:パディントンは、ペルーからやってきたクマですが、イギリス人にとっての宝だと思っています。ロンドンといえば、ダブルデッカー車や赤い電話ボックスを思い浮かべると思いますが、それにも劣らないイギリスの象徴だと思います。パディントン駅にも銅像がありますしね。イギリス人の意識の中に埋め込まれている一つの大切な象徴だと思いますし、みんなが愛している存在だと思います。

パディントンが象徴するもう一つのことは、“外の者を受け入れる寛容さ”だと思います。残念ながら、世界の大都市や様々な国においてこれが変わりつつあり、不寛容な時代になりつつありますが、そういった世の中でもお互いが助けの手を差し伸べれば、よくなるという象徴だと思います。

僕自身も多くのイギリス人と同じように、父が寝る前に枕元で読み聞かせてくれた作品が「パディントン」でした。原作者のマイケル・ボンドはよく理解していて、子どもたちを寝かしつけるのにちょうどいい分量(10ページ程度)なんです。10ページの中の小話で、パディントンが新しい発見をしたり、誰かを助けたいと思い冒険に出るわけですが、思いもよらぬ展開になったり失敗に繋がることもあり、最後は全てが上手くまとまっていくんです。そういった小話を何十冊と書かれたわけですが、僕もパディントンのそういう小話を聞いて育った一人なんです。

パディントンパディントン
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.


Q. 劇中で様々なアクションシーンを披露していますが、大変だったところは何ですか?

H:今回のアクションシーンは汽車のところだと思いますが、監督の頭の中に全てあるので最初はなかなか理解できませんでした。監督の創造力というのは非常に面白いですが、理解するのが難しいです。加えて、まとめて撮るのではなく、1カットずつ撮りためていったので、面白く仕上がっているものでも、見た目以上に面白くなかったりするものなんですよ。

僕も撮影に備えてトレーニングを重ねました。自分でジムをやって、ジャン=クロード・ヴァン・ダムのトレーニングをやったりしているんですよ(通訳さんが「たぶん冗談」と補足)。僕は僕なりにアクションシーンに臨んでいきました。現場には巨大ファンが回っていて、強風が吹いているような環境が作られていて、現場にいることは楽しい経験でした。しかし、一つひとつ組み立てていくので、地味な作業でしたね。

僕自身とても楽しんで撮影したのが、機関車内でレバーをいじったりするシーンです。あれは本当に楽しかったです。


Q. ブラウンさんとヒューさんご自身の似ている点や共通点はありますか?

H:僕はまだ20代なので(本当は54歳)、背格好と話し方以外は何ら共通点はありませんね。撮影の為に想像力を働かせないといけませんでした。僕は優秀な役者ですので、想像力の限りを尽くして、全てが崩れていく中年男性を演じました。幸い現場にはヒュー・グラントという中年おじさんがいたので、参考にさせて頂きました。

パディントンと一緒にどこを見ている...?パディントンと一緒にどこを見ている...?
(c)TVGroove.com


Q. 最後に、続編を期待しているファンも多くいらっしゃいますが、「パディントン3」製作の可能性はありますか?

H:第3弾の製作については僕もわかりません。監督・脚本のポール・キングは、約8年もの間このクマの企画に携わっているので、そろそろホラー映画やスラッシャー映画を撮って気分転換をしないと、このままクマになってしまうのではないかと心配しています。1作目は、パディントンが自分の居場所を探して、最終的に居場所を見つけるストーリーでした。2作目は、パディントンが周囲にどんな影響を与えるのか、周りのコミュニティについて描いています。そして、そのコミュニティから去った時、残されたコミュニティがどうなるのかを描いています。ですので、3作目があるとすれば、「パディントン、宇宙へ行く」「パディントン、恋をする」といった内容もアリかもしれませんね。その頃にはブラウンさんは車いす状態かもしれませんが。

とにかく第3弾について、やりようは色々あると思います。しかし、それなりのチャレンジもあると思うので、僕自身もまだ読めない状況なんです。

(c)TVGroove.com


(インタビューおわり)

-----------------------------------

■公開情報
「パディントン2」
2018年1月19日(金)公開
出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工
監督:ポール・キング 
製作:デヴィッド・ハイマン
原作:マイケル・ボンド 
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://paddington-movie.jp/
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.
 
ヒュー・グラント&ヒュー・ボネヴィル来日! 「パディントン2」ジャパンプレミアでファン歓喜の神対応(2018年1月17日)
全世界328億円越えの大ヒットを記録し、日本でも2016年の1月に公開され、“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画「パディントン」。続編となる「パディントン2」が、1月19...
ヒュー・グラント&ヒュー・ボネヴィル、成田空港到着の様子を動画でお届け! 「パディントン2」ジャパンプレミア出席へ[動画あり](2018年1月15日)
1月19日(金)より全国公開を迎える映画「パディントン2」に出演するヒュー・グラントとヒュー・ボネヴィルの2人が来日。1月15日午前11時過ぎ、成田空港に到着した。 ロングセラー児童小説の実写映画「...
映画「パディントン2」ヒュー・グラント&ヒュー・ボネヴィルが来日! 空港で出迎えたファンに笑顔であいさつ[写真あり](2018年1月15日)
映画「パディントン2」に出演するヒュー・グラントとヒュー・ボネヴィルが映画のプロモーションのため来日。2018年1月15日の午前11時頃、成田空港に到着した。 落ちぶれた俳優ブキャナンを演じるヒュ―...
映画「パディントン2」原作生誕の地・イギリスで公開! ぶっちぎり初登場1位&絶賛の嵐(2017年11月15日)
全世界328億円越えの大ヒットを記録し、日本でも2016年の1月に公開され、“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画「パディントン」。続編となる「パディントン2」が、来年20...
関連ニュース
海外ニュース
  • 関連海外ニュースはありません。
国内ニュース
  • 関連国内ニュースはありません。
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。