海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「フレンズ」コートニー・コックス、噂のドラマ共演者と熱愛

2013年7月1日
人気海外ドラマ「フレンズ」のモニカ役で有名なコートニー・コックス(49)が、主演ドラマ「クーガータウン」の共演者ブライアン・ヴァン・ホルト(43)と交際していることが明らかになった。

今年5月、2年間別居していた元夫デヴィッド・アークエットとの離婚を成立させたコートニー。米USウィークリーによると、そんな彼女が現在、熱愛中なのは「クーガータウン」で元夫役を演じているブライアンだという。実は、この2人、これまで何度も一緒にいるところをパパラッチされているため交際が噂されてきた。2010年のホリデーパーティーが、交際するきっかけになったともゴシップされている。

USウィークリーは、「2人は、6ヶ月前から交際している」という消息筋の話を紹介。元夫デヴィッドと芸能レポーターのクリスティーナ・マクラーティの交際が順調であることから、コートニーは気兼ねなく、ブライアンとの熱愛をオープンに出来るようになったのだと明かした。ウエスト・ハリウッドの中華レストランで、恋人のようにふるまう2人の姿も目撃されているとのことだ。

ブライアンは、コートニーの友人たちや9歳になる愛娘のココとも仲良くしているそうで、昨年秋にココが「クーガータウン」の撮影現場を訪れたときには、「ブライアンが、まるで父親か叔父のように接していた」と伝えられていた。

一方の元夫デヴィッドは、2010年11月にハワード・スターンのラジオ番組に出演した際、「コートニーとヴァン・ホルトは、精神的な不倫をしている。本当の不倫じゃない。コートニーは浮気なんてしないと信じている」と発言していた。すでに離婚が成立しているとはいえ、この報道に対して苦い思いでいるのではないだろうか。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ