海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

スノーデン容疑者の映画化構想が早くも進展中!? 主役候補はあのイケメン俳優?

2013年7月3日
アメリカ国家安全保障局(NSA)の職員でありながら、アメリカに都合の悪い機密情報を暴露し、現在は逃亡中のエドワード・スノーデン(30)容疑者。ある映画監督が、彼を主人公にしたノンフィクション映画の企画に、早くも意欲を示している。

ハリウッドにおいて、現実に起きた事件や事故を題材に、映画を製作するのはそう珍しいことではない。しかしスノーデン容疑者は現在も行方が知れず、彼が起こした情報漏えい事件は、当然未解決のままだ。しかし、アンジェリーナ・ジョリー主演のアクション大作映画「ソルト」の監督を務めたフィリップ・ノイス(63)は、早くもこの話題の人物・スノーデンを題材にした映画を作りたいと考えていることを明かした。

渦中の人物を題材にした映画を作ることに対し、意欲を示す理由をノイス監督は「誰がヒーローで、誰が悪者かわからない」という部分に興味を持ったと説明。

「われわれは誰も、主な登場人物の中に、ヒーローも悪役も見つけられないんだよ」と、ノイス監督は自作「ソルト」にひっかけて、“新作”について語っている。

「『ソルト』のストーリーには、主人公をヒロインとして扱えばいいのか、また悪役と思えばいいのか、はっきりしないところがあった。そして映画が終わるまで、誰もがまだそのことについて悩み続けている」
「映画を観たり作ったりする点において、とても美しい二面だと思うんだ」

スノーデンに関しては、「自分勝手な理由ではなく、信念に基づいて行動したと考えるのも自由。また、名声に誘惑された被害者と思うも自由」と独自の見解を見せた。


さらに英Metroによると、ノイス監督はテレビ番組のインタビューに「スノーデン役に適している」としてひとりの俳優を挙げている。それがリアム・ヘムズワース(23)。映画「ハンガー・ゲーム」などに出演し、歌手のマイリー・サイラス(20)の婚約者としても知られる若手俳優だ。

ノイス監督は、リアムがスノーデンを演じることに対し、「完全にぴったり」と太鼓判を押している。

「もしかして、彼は偉大な俳優のひとりになれるかもしれないと思っているんだ」


なお、エドワード・スノーデンを題材にした映画は、すでに香港で製作・公開されているが、こちらは疑問を投げかける形で終わった5分程度のショートムービーである。

【動画】スノーデン役の役者(動画3分ごろに登場)は、本人そっくり!?


果たしてノイス監督の願いがかない、大作映画が製作される日はくるのか。また、そのころスノーデンはどこで何をしているのか。すべては神のみぞ知ることだ。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
English