海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

女性版「ゴーストバスターズ」の監督を務めるポール・フェイグ、撮影開始直前になっても脚本を書き直し中!?

2015年6月10日
ポール・フェイグポール・フェイグ
WENN.com, Ghostbusters公式Twitterより
「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」などで知られるポール・フェイグ監督が、「ゴーストバスターズ」新作の脚本の手直しを今も続けていると告白した。

ポールは80年代の大ヒット映画の新作を、メリッサ・マッカーシー、レスリー・ジョーンズ、クリステン・ウィグ、ケイト・マッキノンらオール女性キャストで撮影する準備を進めている。

しかし撮影開始まで1ヶ月を切ったというのに、いまだに脚本の手直しをしているようだ。

「なんで自分が今ここに座っているのか分からない。文字通り、控え室で脚本の書き直しをしているんだ」とポールはニュースサイト「Huffington Post」のオンライン放送「HuffPost Live」で語った。

「すでに良い脚本があるのに、手直しがやめられない」

ポールはケイティ・ディポルドと共に新「ゴーストバスターズ」の脚本を執筆している。

昨年8月に企画を発表した数ヶ月後、1984年のオリジナル版でメガホンをとったアイヴァン・ライトマン監督も続編を作ると明かし、チャニング・テイタムとダン・エイクロイドが主役を務めると発表した。

ポールは自身の女性キャスト版が男性キャスト版とライバル視されることに違和感を感じているが、アイヴァンのバージョンも応援していると語った。

「チャニングは良い役者だし、すばらしいものになると思うけど、僕は(自分のバージョンに)集中する。3週間で撮影が始まるんだ」とポールは話している。

「アイヴァンや関係者が新作をやりたいと思っているのは知っていた。それは良いことだけど、ちょっと驚いた。誰も漏らすつもりがなかったリークだった」

ポールは「ゴーストバスターズ」前2作を参考にする気はないとも強調した。

2016年に公開が予定される自分の作品で、全く新しい世界を作り出すつもりでいるという。

「僕たちの手で新しいものを作りたい。オリジナル(映画)には近づきたくないんだ。観客はリブート作品にうんざりしているからこそ、これがもっと良いやり方だと思うよ」とポールは力説した。

「嫌いならそれで構わない」

ポールは現在、メリッサやジュード・ロウ、ローズ・バーン、ジェイソン・ステイサムらが出演する新アクションコメディ映画『Spy(原題)』のプロモーションを展開中だ。

© Cover Media/amanaimages
 
「ソニー・ピクチャーズ」ハッキング被害により、「ゴーストバスターズ」新作キャスティングの一部が露見?(2014年12月16日)
映画会社「ソニー・ピクチャーズ」が、大規模なハッキング被害に。一部の新作映画に関...
製作30周年記念! 映画「ゴーストバスターズ」東京・渋谷にてハロウィーン前夜祭上映決定! 超レアなフィギュアもプレゼント(2014年10月24日)
数々の名作を世界に発信し続けてきたコロンビア映画。2014年、コロンビア映画誕生...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ