海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

FOX独占インタビュー「ゴースト ~天国からのささやき」主演のジェニファー・ラブ・ヒューイット

2008年5月26日
© Buena Vista International© Buena Vista International
『ゴースト ~天国からのささやき』は、他界とのコミュニケーションに生涯を費やす霊媒士、ジェームス・ヴァン・プラーグにインスピレーションを受けたTVドラマである。 霊魂が見える能力を授かった女性と、死を迎え、体を離れるも成仏出来ずにいる多くの魂の物語である。 一見ごく普通のアメリカ人女性であるミランダ・ゴードンこそ、この世に未練を残す魂と向き合い、彼等が安らかに天に召される様、魂を導く霊能者である。 彼女の天賦の才は、我々全てが直面するであろう突然の死をもって、死者の愛する者達に対する念を鎮める。




ジェニファー・ラヴ・ヒューウィットへのインタビュー

"ゴースト ~天国からのささやき"は、幼少の頃からずっと死者が見えたり、彼等と話したりできる能力を持った、私の演じるミランダという女性を中心に展開するの。番組ではできるだけ、”死人”といった表現はせずに、彼等に敬意を表して”死者の魂”って呼ぶことにしたいの。最近結婚したばかりのミランダには、アンティークショップのオーナーとして働く親友がいるの。そして彼女が呼ぶのか、または彼等に呼び寄せられるのか、この世に念いを持った死者の魂を救うのよ。例えば愛する家族に遺せなかった遺言を伝えてあげたりして、安らかに眠る様にする事ができるの。彼女の存在は”死者の魂”にとってこの世で最後にして最良の親友だと言えるわ。

ミランダは、私達の人生の中で、恐らく最も親密な関係を築ける一人だと思うわ。 自分の人生を犠牲にしてでも、死者の魂の状況を救うべく、彼等の魂とつながろうとするとても勇敢な女性よ。プライベートな時間なんて無いも同然な状況で、良き妻であろうと努力するばかりか、やる事全てに全力で投球するキャラクターなの。他の人達にはそうは見えないかもしれないけど、彼女には大きな弱点をも覆い隠してしまう芯の強さがあるわ。こう言った能力を授かるのは、必ずしも大いなる喜びになるとは限らない。時には彼等の一人が天に召され元を去って行く時、恋人を失ったかの様な感情にさらされる事もあるぐらい、彼等の生き方や経験を知る事に多くの時間集中して、自分の子を独り立ちさせて寂しい思いを何度も経験する親のような心境なの。」

「当然のことながら、私にはジェームス・ヴァン・プラーグの様な特別な能力はないから、演技の参考にする様な実体験はないけれど、亡くなった私の大切な人達はきっと何処へも行かず、私の肩ごしにそっと見守っていてくれてる気がするの。そう感じる事で、一日、一日が本当に素晴らしくて感動的になる。死は堪え難いし、とても恐いけれど、私達皆いずれ必ず迎えることよね、だから少し見方を変えてそれを受け入れる事ができれば、とても素晴らしい人生を送れると思うの。”

毎日を全力で一所懸命生きれば、ミランダに会う必要がなくなる。心残りにならない様に、言葉で沢山の愛を伝えたり、さようならを言ったりして、人生にやり残しや、後悔のしたりしないよう心掛ければ、このドラマの中で、幽霊達が目の当たりにする様な、目に見えぬ不安や争いごとを霊能者に訴えることもなく、とても平穏な気持ちで、この世を去っていける。実際に私にも家で2、3度霊士体験が起こったの、ミランダの様なね。いい体験だったけど、とても妙な感覚だったわ。」

「このショーで、皆に解って欲しいところは、このドラマは生首がグルグル飛び回ったり、口から緑色の液体を流したりするホラーショーでも、「スリラー」のミュージックビデオの中のお化けでもなく、私達と外見も中身も同じ人間だということ。それ故に、彼等がすぐそばにいるような感覚になったり、亡くなった家族を思って少し悲しく思ったりすることもあるわね。時と場合によっては、少し何かに感染したような外見だったり、幽霊と判るような出で立ちなこともあるし、物凄く恐怖に満ちたシーンや神経を張り詰める様なシーンもあるけれど、茶番でもホラー映画でもなく、とても真剣にテーマに取り組んでいるのよ。」

「これは誰にでも起こり得る事で、そして貴方が信じていれば、それを確信する事ができる。このドラマを見れば、これは本当に起こり得るんじゃないか?と自分に言い聞かせ、間違いなく皆の関心に火をつける。ミランダの人生は、好奇心をそそられるどころか、巻き込まれたくないほど、本当に過酷なものなの。毎週水曜日の夜の貴方の素晴らしいセラピストよ! ほんと今までにないくらい涙を流すと思うわ。」
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
English