海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

クリストファー・プラマー、セクハラ騒動で降板したケヴィン・スペイシーの代役を務める心境を告白

2017年11月14日
ケヴィン・スペイシー / クリストファー・プラマーケヴィン・スペイシー / クリストファー・プラマー
WENN.com
俳優クリストファー・プラマー(87)が、セクハラ騒動で降板したケヴィン・スペイシー(58)の代役を務める心境を告白した。

リドリー・スコット監督の新作映画「All the Money in the World(原題)」に出演し、すでに撮影も終えていたケヴィン・スペイシーだが、未成年へ性的暴行を加えようとしたと告発されたことをきっかけに大炎上。社会的な球団を受ける中で本作から出演シーンが削除されることが決定し、その代役をクリストファー・プラマーが務めることが発表された。

プラマーは、11月12日、新作出演映画「The Man Who Invented Christmas(原題)」のプレミアに出席。Vanity Fairのインタビューにおいて、自身が巻き込まれた降板劇や、ケヴィン・スペイシーについて思うことを明かした。

「彼の身に起きたことは、とても悲しいことだと思っているよ。ケヴィンはとても才能豊かで、恐ろしいほど恵まれた役者だったからこそ、こんなにも悲しいんだ。とても恥じるべきことだよ。わたしに言えるのはそれだけ、だってそうでしかないからね」

シンプルなコメントを述べるにとどめたプラマーだが、スケジュールはそうはいかない。彼は現在、「The Man Who Invented Christmas」のプレスツアーをこなす合間に、「All the Money in the World」の脚本を読み込んでいるという。セクハラ降板でのキャスティングという悲惨な状況にも関わらず、クリストファー・プラマーは極めて前向きな心境を語った。

「この状況は悲しいことで、ケヴィンの身に起きたことを悲しんではいるけれども、だからといってわたしに何が出来る? わたしは役を得た。リドリー・スコットのことを尊敬しているし、彼と映画を撮れることに興奮しているんだ。つまりそういうことだと考えているよ」

奇妙な経緯から出演が決まったものの、クリストファー・プラマーは本作について、「リドリー・スコットと仕事がしたかった。彼はとてもいい監督だし、脚本をとても気に入っている。素晴らしい脚本なんだ」と述べている。本作は、もともと今月16日に予定されていたプレミアを中止にしたものの、12月22日の公開を予定している。
 
セクハラ疑惑のケヴィン・スペイシー、すでに撮影済みの映画から降板させられることに! 出演シーン全カット&代役で撮り直し(2017年11月10日)
セクハラ疑惑で世間の非難を受けている、オスカー俳優のケヴィン・スペイシー。出演する来月公開の最新映画から降板させられることとなった。justjared.comなどが伝えている。 先日、俳優アンソニー...
ケヴィン・スペイシー、Netflix「ハウス・オブ・カード」をクビに(2017年11月6日)
少年へのセクハラ行為を暴かれたケヴィン・スペイシーが、自身が主演を務めるNetflixオリジナルドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」をクビになったことがわかった。米Hollywood Repor...
セクハラ疑惑のケヴィン・スペイシーに、新たな被害証言! 映画監督に性的嫌がらせか(2017年11月1日)
オスカー俳優ケヴィン・スペイシーが約30年前、当時14歳だった俳優アンソニー・ラップに対しセクハラ行為を行っていたことから世間の非難を受け、主演ドラマ「ハウス・オブ・カード」の終了が決定するなど大きな...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。