海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

エリザベス・ハーレイが「ゴシップガール」にカムバック

2012年1月19日
イギリス出身の女優エリザベス・ハーレイが「ゴシップガール」シーズン5後半に再び出演することが明らかになった。

エリザベスは、「ゴシップガール」シーズン5の第1話から9話まで、セクシーかつ知的で、メディア界に影響力をもつ敏腕ビジネスウーマン、ディアナ・ペイン役として出演した。

番組製作総指揮者のジョシュア・サフランは、米E!オンラインの電話取材に対して、エリザベスが、「ゴシップガール」シーズン5後半に再出演することを告白。「シーズン後半に彼女が演じるキャラクター、ディアナがカムバックするよ」「エリザベスが番組に戻ってくるということ以上は教えないけどね」と語った。

「ゴシップガール」シーズン5後半には、チャックの叔父ジャック・バス役のデズモンド・ハリントンと、セリーナの元悪友ジョージーナ・スパークス役のミシェル・トラクテンバーグがカムバックすることも決定している。彼らとディアナの絡みがあるのかという質問に対して、ジョシュアは、「物語は終わっちゃいない。まだまだ続くよ」とだけ述べた。

なお、ジャックについて、ジョシュアは、「ジャックはカムバックするたびに変化するキャラクター。野蛮だったり、改心してたり、チャックを助けようとしたり。今回も、前回と同じくチャックの味方になるだろう。基本的に懲りない悪い男だけれどね」とコメント。ジョージーナについては、「ミッシェルとジョージーナが番組に出てくれるのは本当に嬉しいこと。彼女はあらゆるキャラクターにとって大きな刺激となる存在だしね」「どこへ行ってもトラブルを巻き起こすし」とコメント。今回も視聴者を楽しませてくれることになると明かしている。

トラブルメイカー的存在の、ジャック、ジョージーナ、ディアナの出演が決まった「ゴシップガール」シーズン5後半は、アメリカで1月16日にスタートしたばかり。今後の展開が楽しみだ。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ