海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

豪人気歌手ゴティエの大ヒット曲の替え歌でオバマ大統領を批判するPV

2012年8月7日
PV “Obama That I Used To Know”
YouTubeよりPV “Obama That I Used To Know”
YouTubeより
人気歌手ゴティエの大ヒット曲「サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ」にのせて、米オバマ大統領を批判する替え歌のミュージック・ビデオがYouTubeに投稿され、注目されている。

ゴティエのヒット曲の替え歌「Obama That I Used To Know」


ゴティエの「サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ」[日本語字幕]


ゴティエの「サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ」では、「時に僕は君と付き合っていた頃のことを思い出す。君が幸せすぎて死んでもいいって言った時のこととか。でももう僕には君の愛なんて必要ない。今の君は僕にとって単なる昔の知り合いだ」と歌われている。

このゴティエの失恋ソングをオバマ大統領を批判する替え歌にしたのが、YouTube上でJustNewProductionsと名乗る人物によって作られた「オバマ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ(僕が知っていたオバマ)」。PVの構成は、ゴティエのPVにそっくり作られているが、歌詞はオバマ大統領への落胆を歌っている。

替え歌の歌詞は、「11月に行われた大統領選挙を思い出す。君が勝って死んでもいいほど嬉しかった時のこととか。変化が起こった気がしたし、希望もあった。でも現実として、僕は大学卒業後、お金がなくて母親と同居している。君のスピーチのクオリティーの高さよりも、失業率のほうが高い。着ているTシャツは中国製。全部これは、君がもう僕が知っていたオバマではないせいだ」となっている。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
English