海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

構想・制作12年! 巨匠スピルバーグの感動巨編「リンカーン」米で公開[予告編あり]

2012年11月10日
リンカーンリンカーン
つい先日の米大統領選挙ではバラク・オバマが再選を果たしたばかりのアメリカ。その翌々日の11月8日、ロサンゼルスにて、史上最も賞賛されるべきリーダーシップを発揮した大統領の真実のドラマを描いた、映画界の巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督最新映画「リンカーン」のプレミアが行われた。

構想・製作期間に12年を費やし、スピルバーグ自らの手で本当に撮りたかった感動巨編「リンカーン」は、アメリカ合衆国の歴史の中で最も敬愛された大統領であり、凶弾に倒れて150年が経とうとしている現在でも世界中の人から偉人として尊敬を集めているエイブラハム・リンカーンの半生を描いた作品。

【動画】構想・製作12年、巨匠スピルバーグが本当に撮りたかった感動巨編「リンカーン」予告編


予告編では、壮大な戦争シーンや、奴隷解放を実現しようとするリンカーンが様々な困難にぶつかりながらも信念を貫こうとする姿が描かれている。国のために夢をあきらめないリンカーンの真摯な姿には、大勢の人々が勇気をもらえることだろう。

リンカーンを演じるのは「マイ・レフト・フット」と「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」で2度のオスカー主演男優賞に輝いたダニエル・デイ=ルイス。奴隷制廃止を訴えた共和党下院議員タデウス・スティーブンスを「逃亡者」でオスカー助演男優賞を獲得したトミー・リー・ジョーンズ。リンカーンの妻メアリー・トッドには「ノーマ・レイ」と「プレイス・イン・ザ・ハート」で2度のオスカー主演女優賞を獲得したサリー・フィールド。

息子のロバート・トッドには「ダークナイト ライジング」や「(500)日のサマー」で注目の若手演技派ジョセフ・ゴードン=レヴィットなど豪華アンサンブル・キャストが集結している。

LAプレミアには、スピルバーグ監督をはじめとする主要スタッフ、ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、トミー・リー・ジョーンズら主要キャストが出席。大統領選の直後という絶好のタイミングもあいまって、全世界のマスコミがハリウッドに集結、総勢300人以上の報道陣が劇場前のウォーク・オブ・フェーム上に特別に設置されたレッド・カーペットを取り囲んだ。

ダニエル・デイ=ルイス(左)と、スティーヴン・スピルバーグ(右)ダニエル・デイ=ルイス(左)と、スティーヴン・スピルバーグ(右)


■ スピルバーグ監督のコメント

「この映画は、リンカーンの時代と現代を対比させて描くのではなく、今の政治の世界や今の政府を“鏡をかざして見る” タイプの作品で、いかにして民主主義が機能するかについての映画です。民主主義にはドラマがあることをこの映画は証明しています」


■ ダニエル・デイ=ルイス(エイブラハム・リンカーン役)

「すごく不思議な気分だよ。今日この瞬間にこの映画はみんなのものになり、そして、僕たちはある意味、傍観者になる。これまではこの作品は僕らのだけのもので、これは僕らの大きな秘密を共有しているみたいだった。もちろんこれをみんなに引き渡すことは重要なことさ。そのために作ったんだから。でも、なんだかちょっと寂しい気もする」


■ ストーリー

貧しい家に産まれ、殆ど学校にも通えないという少年時代を送りながら、努力と独学で身を立て、ついに第16代合衆国大統領となったリンカーン。

権力の座に安住するのではなく、奴隷解放運動を推進する一方で、その運動が引き起こした南北戦争で国が割れるという未曾有の危機に立ち向かったこの立志伝中の人物は、世界中で政治不信が叫ばれ、自らの利益のみに汲々とする現代者社会で“今もっとも求められているリーダー” の象徴というべき人物。再選を果たしたオバマ大統領は「リンカーンは自分のヒーローだ」と公言しており、まさに“オバマ大統領の原点はリンカーン” と言っても過言ではない。

本作についてスピルバーグは「リンカーンの映画をずっと撮りたかった。彼は自分の理想を貫き実現するアメリカの父とも言える指導者だ。偉大な指導者が求められる今だからこそ知ってもらいたい物語」と語っており、本作が如何に全身全霊を費やした念願の企画であるかも伺える。


■ 「リンカーン」公開情報

2013年4月19日(金)TOHO シネマズ日劇他全国公開
公式サイト: //www.foxmovies.jp/lincoln-movie/
20世紀フォックス映画 配給
(C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION and DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ