海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「glee」新エピソードで大人気ブルーノ・マーズを大胆カバー[ネタバレ・音源あり]

2013年1月23日
※この記事には「glee」シーズン4のネタバレがあります。

全米大人気放送中の海外ドラマ「glee/グリー」シーズン4から、新エピソードで歌われる曲の音源が公開された。中でも、人気歌手ブルーノ・マーズの「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」がカバーされることで話題を呼んでいる。

【音源】マーリーとユニークが熱唱! ブルーノ・マーズ「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」


今回公開された音源は、今週木曜日、1月24日に放送予定の第11話「Sadie Hawkins(原題)」で歌われる曲。「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」を歌うのは、メリッサ・ベノイスト演じるマーリーと、アレックス・ニューウェル演じるユニークの2人。ブルーノとは違った、女性ならではのセクシーさがアピールされた1曲となっている。

この他にも、90年代に大ヒットしたTLCの「ノー・スクラブズ」もカバーされている。

【音源】glee男性キャストによるTLC「ノー・スクラブズ」


この曲を歌うのは、アーティ(ケヴィン・マクヘイル)、ブレイン(ダレン・クリス)、サム(コード・オーバーストリート)とジョセフ(サミュエル・ラーセン)。こちらは女性グループの曲を、全員男が歌っており、オリジナルとは一味違ったポップ感を出している。

1月24日(木)「Sadie Hawkins(原題)」は、セイディ・ホーキング・ダンスというダンスパーティーが題材となっている模様。通常のダンスパーティーとは違い、女性の方から男性を誘って参加するパーティーに、これらの曲はどう活躍してくれるのか。前エピソードから実に1か月以上の休みを経ての放送となる次話がどう展開してくれるのか、2013年初放送が楽しみである。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ