海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

マーティン・スコセッシ監督が来日! 日本を舞台に描く渾身の一作「沈黙ーサイレンスー」公開が2017年1月21日に決定

2016年10月20日
(左から)窪塚洋介、マーティン・スコセッシ監督、浅野忠信(左から)窪塚洋介、マーティン・スコセッシ監督、浅野忠信
(c)TVGroove.com
アメリカ映画界の巨匠、マーティン・スコセッシ監督が来日。日本を舞台に描く最新作「沈黙ーサイレンスー」のキャストである窪塚洋介、浅野忠信とともに、10月19日、都内で開催された記者会見に登壇した。

原作は戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」。世界中で20カ国後に翻訳され、"神と人間”という根源的なテーマに迫った名作小説だ。2016年は遠藤の没後20年、原作が発表されてから50年。スコセッシは人間としてのイエス・キリストを新解釈で描いた問題作「最後の誘惑」を発表した1988年、この原作と運命的に出会う。28年の時を経てついに完全映画化を果たした。

------------------------------------------------

マーティン・スコセッシ:

最初にこの本を手渡されたのが、1988年のことでした。当時、最後の誘惑という作品を撮っていたのですが、宗教というのは私の人生で重要な要素でした。

さらにテーマを深堀りしていかないといけないと思っていましたが、それは言葉では表現できない領域でした。それは"信じることは何なのか”ということです。

精神性の世界を追求することにおいて、この本は役立つと思いました。しかし最初はその方法がよくわかりませんでした。

数年後から脚本を書き始めました。ようやく2006年に執筆が終わりました。原作をうまく脚本にできたかはよくわかりません。しかし、20年という歳月を経て、父親として、夫として、そしてこの小説とともに成長することで、それをやり遂げることができるようになったのだと思います。

そのような試行錯誤を続ける内に、小説に関する権利関係にいろいろ問題が出てきて、もう続けることは断念した方がよいといわれたこともあったのですが、いろいろな人の助けがあってようやく実現に至りました。

マーティン・スコセッシ監督マーティン・スコセッシ監督
(c)TVGroove.com



窪塚洋介:

はじめにお話をいただいて、役が決まったといわれたときは、ドッキリなんじゃないかと思っていました。撮影を終えて、今日ここにきてやっと、「あ、本当にこれは現実なのかもな」と思いました。本当に夢のような時間と最高の体験をさせてもらった作品なので、まだ見れてないんですけども、本当に心待ちにしています。

窪塚洋介窪塚洋介
(c)TVGroove.com


浅野忠信:

僕も本当にこの仕事をいただけて本当にびっくりしています。僕にとって本当に大きなチャレンジでしたからとてもうれしかったです。監督とはオーディションの時から、すでに何か心で通じ合える瞬間があったように思います。監督が僕らからあふれる何か、そういう瞬間を常に待っていてくれたように思いますし、長い時間を共有できて本当にすばらしい経験でした。

浅野忠信浅野忠信
(c)TVGroove.com


なお、この記者会見に先だって、本編から抜粋された4つのパート、合計15分にわたる映像が世界で初めて公開。その映像のもつ圧倒的な迫力に観客はただただ圧倒されるばかりだった。会見の最後には、2017年1月21日の公開日が発表された。


■「沈黙ーサイレンスー」

2017年1月21日(土) 全国ロードショー
配給:KADOKAWA
Photo Credit Kerry Brown

(c)TVGroove.com
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。