海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

日本の情報バラエティ番組を宇宙怪獣がのっとる!? 異色の新コメディ&トーク番組「ザ・ゴアバーガー・ショー with T・J・ミラー」全米でスタート

2017年4月16日
米国の深夜に新たなコメディ&トーク番組が誕生。
冷血なブルーの宇宙怪獣が地球を侵略、日本の朝の情報番組を乗っ取る!?


米国のコメディ専門チャンネル「コメディ・セントラル(Comedy Central)」 がかつてない異色のトーク番組をスタートした。

コメディ・セントラルは、ジョン・スチュワート司会の「ザ・デイリー・ショー」、スティーヴン・コルベア司会の「コルベア・リポート」、アニメ「サウスパーク」など、鋭い風刺で広く支持を集めてきた人気コメディ局。同局が米国時間4月9日深夜0時に放送スタートした新番組「ザ・ゴアバーガー・ショー(THE GORBURGER SHOW with T.J.MILLER)」は、宇宙怪獣ゴアバーガーが地球のテレビ局を乗っ取り、番組スタッフたちに襲いかかり、ブラックジョーク満載の型破りなトーク番組の放送を始めてしまうという設定。毎週、バラエティーに富んだセレブや音楽ゲストを招き、笑いを繰り出す。

主演T・J・ミラーが「自分にとって情熱のプロジェクト」と語る本作は、ウェブ・シリーズから企画をスタートさせ、そこから5年間の歳月を経て、2015年にプレミアム・チャンネル「HBO」でパイロット版の制作にこぎ着け、その前代未聞の作風に「コメディ・セントラル」が注目し、シリーズ化の権利を獲得。2017年に、ついに第1シーズン(全8エピソード)として全米ネットワークで放送を開始した。


鬼才T・J・ミラーが日本人俳優たちと共演!

怪獣ゴアバーガーの声を演じるのは、今、旬のコメディアン&俳優のT・J・ミラー。映画「デッドプール」のウィーゼル役のほか、「トランスフォーマー/ロストエイジ」「ロック・オブ・エイジズ」やテレビドラマ「シリコンバレー」などに出演。アニメ「ベイマックス」のフレッド役、「ヒックとドラゴン」のタフナット役で声優としても人気を博し、次回作にはスティーヴン・スピルバーグ監督の「Ready Player One(原題)」が控えている。

ミラーは「ザ・ゴアバーガー・ショー」のスタジオ収録時、ゴアバーガーの声をすべてライヴで演じ、ゲストたちと多彩なトークを展開する。“宇宙から来た怪獣”として次々とアドリブで想定外の質問を繰り出すため、ゲストたちから意外な面を引き出し、笑いを巻き起こす。しかも、演じるだけでなく、パペットの表情をミラー本人がリモート操作していることで、ゲストたちは本当に怪獣と会話をしているような錯覚に陥り、かなり過激な質問にも、ついつい本音で答えてしまう。

番組に登場するのは、ゴアバーガーと、トークゲスト&音楽ゲスト、そして番組を乗っ取られたスタッフたち。シーズンを通してレギュラー出演する主要キャストが、司会のT・J・ミラー(怪獣)と日本人俳優たちだけという、トーク番組としてもコメディ番組としても初の試みとなっている。



■出演者コメント

米本学仁(「47ローニン」「LOVE」):奇抜な発明品でゴアバーガーを驚かせるコーナー担当の発明家カズキ役

〈T・J・ミラーとの共演について〉

自分が出演する前のウェブシリーズ版の「ゴアバーガー」の頃は、まだ誰もが知るようなスターではなかったT・Jでしたが、コメディセントラルでテレビシリーズ版が放送開始する2017年の今は大スターの仲間入りを果たしています。
でありがなら、スタッフ、共演者と一緒に撮影の合間にもゲームで大盛り上がりするような、彼の気さくさが現場の空気を作り出していると思います。

ゴアバーガーのコメディはほぼインプロ(即興)で産み出されるのですが、T・Jのコメディは目の前で新しい言葉やスラングが誕生するのを目 撃してるような現場で、自分の出番以外の撮影を見学していても笑いを堪えるのに必死でした。
そんなT・Jと同じシーンを共に演じることが出来るのは、俳優として素晴らしい経験だし、誰もいない廊下で二人でピンボールのスコアを競い合うのも、子供の頃友達とゲームセンターに行ったときのようなかけがえのない時間となりました。

〈監督やスタッフ、日本人キャストの印象について〉

監督でありクリエイターのディレクターブラザーズのジョシュとライアンは、その場その場に漂う、生の面白さを捕まえて最大化することが出来る素晴らしい才能の持ち主です。私個人的には、自分で面白くしようと狙うのではなくて、彼らが 自分という素材を美味しく料理してくれることを信じ切ってまな板の上の鯛になるばかりでした。

彩り豊かな役者陣を見事に撮影に送り出してくれるヘア、メイク、衣装、そしてカズキのはちゃめちゃな発明品を作り出す小道具担当の方など、素晴らしいスタッフの方がこの番組には集まっています。パイロット版制作時から(1年後に)20センチ近く伸びた私の髪を1ミリも切らずに発明家カズキの独特なヘアスタイルを創り出してくれたヘア担当には脱帽です。

出演陣には、よくこんなにチャーミングな人達を揃えられたな!と驚くほどキャラクター豊かな俳優たちが集結しています。コメディセンスの塊のような面々はもちろん、尾崎英 二郎さんのようなシリアスな役を演じることが多い役者さんが、はちゃめちゃなコメディを戸惑いを乗り越えてやり切るのは痛快です!

またウェブシリーズの頃からパイロットまで、そして遂に今回のコメディ・セントラルでのテレビ版放送まで、常にゴアバーガーと共に発信し続けて来た番組のマスコット的存在である”ザ・トーキョー・フィーバー”のTsubee Uさんと川村ちひろさんの今作への深い愛から、自分もエネルギーをもらえたことは本当に有り難かったです。

〈番組に起用されたことへの思いや抱負〉

どんな番組に起用されたとしても、それは自分にとって最大級の「アイラブユー」だと思っております。
「他の誰でもない!」「あなたが欲しい!」と言われているような。
ゴアバーガーはかなりぶっ飛んだコメディ作品ですが、そのクレイジーな愛情を受けながら発明家カズキとして命の限り、目一杯華を咲かせたいと思っております。
実際、シリーズ中、何度も死んでしまいますが、怖がらずカズキはまたかえって来ると信じて楽しんで頂ければ嬉しいです。そしてゴアバーガーが「シーズン2」に繋がれば、これ以上ありません!


尾崎英二郎 (「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」「エージェント・オブ・シールド」「硫黄島からの手紙」):ゴアバーガーの襲来にも生き残るカメラマンや、キーボード奏者など、複数のキャラクターを演じる、

〈希有なトーク番組の誕生について〉

アメリカのテレビ界は、夜遅くに放送するセレブや音楽ゲストを招くトーク番組がおなじみです。ジミー・キメルやジミー・ファロンやジェームズ・コーデンらの人気のショーが立ち並ぶ中、怪獣がMCを務めるという、規格外のコンセプトがまず面白いと思いました。しかも、宇宙から来たエイリアン・モンスターに征服されてしまった日本の情報番組の出演者やスタッフたちの役に、全員日本人俳優を配したことも画期的です。日本語セリフ(英語字幕)もバンバンと当たり前のように飛び交いますから。80~90年代には生まれ得なかった発想と布陣だと思います。アクションシ ーンのスタントマンに至るまで、日本人演者の起用にこだわってくれているんですよ。脚本家たちは、日本の情報番組やバラエティーやゲーム番組をしっかり観て研究していて、一見、荒唐無稽な番組に見えますが、実は非常に丁寧に作り込まれたパロディでもあります。

米国では「怪獣」というキャラクターが本当に愛されているのだなとも感じますね。ゴアバーガーは、真っ青な身体ではありますが、顔がやや怖くて不細工な感じは、日本の「ウルトラ・シリーズ」のガラモンやピグモンを彷彿とさせますし、毛むくじゃらの姿は「ポンキッキ」のムックや「できるかな」のゴン太くんを思い出させます。番組全体がレトロなテレビ映像 の感じにこだわって仕上げられているのも、クリエイターたちが親しんだテレビの時代への愛情の表れなのだと思います。ゴアバーガーは、肉食だそうで、人間を襲うので恐ろしいはずのキャラクターなのですが、とにかく発言が笑えて、宇宙から来た天然さも多々あって、だんだん視聴者もその強い刺激に慣れてしまうようで、意外な人気があります。

〈いくつものキャラクターを演じる試みについて〉

この番組は、「サタデー・ナイト・ライヴ」のコメディ・スキット(コント部分)のように、1人の俳優がいくつもの役を演じ分ける形で撮影されました。僕が、全8エピソードの中で演じた役柄は、5つほどありました。異なる役柄のシーンの度に、T・Jが放つ閃き的な言葉に反応することが本当に大変でした。何より、T・Jが怪獣として荒々しい声色で演じているので、聴き取るだけでも必死なんです(笑)。

監督たちの演出のスピードも速く、演じる直前に渡された英語セリフを懸命に覚え込んだと思ったら、「次のテイクは日本語にできる?」って言われたり。そこで即、日本語に切り替えて演じるんです。なかなかハードな撮影でしたが、米国コメディのライヴ感覚を大切にしながら作る姿勢を体感したのはいい経験でした。

深夜0時にスタートする番組だけあって、血みどろのバイオレンスあり、過激な下ネタあり、挑発的な人類への風刺があり、初めて目にする方はびっくりされると思いますが、米国では、カルト的なコメディ&音楽ファンに支持されているこの番組を是非、笑い飛ばしながら観ていただければと思います。

〈深夜帯のコメディ番組に挑んだ理由〉

これまで、コメディドラマやシットコムに出演させていただいたことはありましたが、「ザ・ゴアバーガー・ショー」はまったく毛色の違う番組ですし、とにかくT・J・ミラーという、今、旬のコメディ俳優の仕事に触れてみたかったのが動機でした。日本でも、「デッドプール」が大ヒットしましたが、彼は昨年の米国のクリティックス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞)の司会にも抜擢された人で、破天荒で怖いもの知らずのお笑いセンスが売りです。「ザ・ゴアバーガー・ショー」は多くの方に観ていただきたいですが、内容的には完全に”R指定”のノリです。お子様には絶対見せられない類いのコメディです。そんな作風で、しかも舞台設定が日本、登場するキャラクターたちも日本人たちだなんていう作品は米国製作の番組では滅多に無い例なので、これは思いきってやってみよう、と飛び込んでみました。これまで映画やドラマで演じてきた役柄のイメージとは真逆に、振り子を振り切って演じています。真夜中に、視聴者が笑い転げてくれたらいいですね。


■「ザ・ゴアバーガー・ショー(THE GORBURGER SHOW with T.J.MILLER)」

番組オフィシャルサイト: //www.cc.com/shows/the-gorburger-show

監督: The Director Brothers (ライアン・マクニーリー、ジョシュ・マーティン)

出演:
T・J・ミラー
ザ・トーキョー・フィーバー (川村ちひろ&Tsubee U)
ミズイユミ 「聖杯たちの騎士」「ベイマックス」
カノメマサ 「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」
米本学仁 「47ローニン」「LOVE」
尾崎英二郎 「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」「エージェント・オブ・シールド」
春名あみ 「ラヴ・アゲイン」「ニュースルーム」
平川貴彬
村上ミンチ
岩崎七生
飯塚吉夫(スタント)

ゲスト:
ラリー・キング(「ラリー・キングNOW」司会者)
ケニー・G(グラミー賞受賞サックス奏者)
ザック・ウッズ(「ゴーストバスターズ」「The Office」)
ロブ・コードリー(「Childrens Hospital」)
レジー・ワッツ(コメディアン/ミュージシャン)他
 
ハリウッドで活躍する尾崎英二郎のトークイベントを完全収録! DVD『ACT!ON 行動する勇気 「ハリウッドの壁」への挑戦を語る』ついにリリース(2016年1月23日)
海外ドラマ&セレブニュースを配信している株式会社TVグルーヴ・ドット・コム(所在地:東京都新宿区、代表取締役:清水裕一)は、ハリウッドで活躍する日本人俳優・尾崎英二郎氏が日本で開催した「スペシャルトー...
ハリウッドで活躍する俳優・尾崎英二郎 LA密着取材動画公開[動画](2016年9月8日)
映画「硫黄島からの手紙」「リトル・ボーイ ちいさなボクと戦争」、海外ドラマ「HEROES」「エージェント・オブ・シールド」などの出演で知られるハリウッド俳優・尾崎英二郎氏を米ロサンゼルスに訪問。 ...
映画「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」公開記念! ハリウッドで活躍する尾崎英二郎が熱く語る[動画](2016年8月29日)
2016年8月27日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開が決定している、映画「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」に出演している、日本人俳優、尾崎英二郎に独占インタビューを行った。 映画...
ハリウッドで活躍する日本人俳優 尾崎英二郎 DVD発売記念トークイベント開催! うれしすぎる“神対応”にファン大感激(2015年12月29日)
ハリウッドを拠点に活躍する尾崎英二郎のDVD発売記念トークイベントが、12月25日(金)、TVグルーヴ・ドット・コム主催で、東京・品川にて開催された。 尾崎は、映画「ラストサムライ」や「硫黄島からの...
【動画】 キーファー・サザーランド主演海外ドラマ「TOUCH/タッチ」の魅力を出演俳優 尾崎英二郎が語る [その3](2014年1月11日)
インタビュー前半はコチラから★↓↓ ハリウッドで挑戦し続ける日本人俳優・尾崎英二郎が海外ドラマ「TOUCH/タッチ」を語る! [その1] ハリウッドで挑戦し続ける日本人俳優・尾崎英二郎が海外ド...
ハリウッドで挑戦し続ける日本人俳優・尾崎英二郎が海外ドラマ「TOUCH/タッチ」を語る! [その2](2014年1月10日)
インタビュー前半はコチラ↓↓ ハリウッドで挑戦し続ける日本人俳優・尾崎英二郎が海外ドラマ「TOUCH/タッチ」を語る! [その1] ---------------------------------...
尾崎英二郎出演の話題作 映画「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」が、メキシコの映画業界賞で最高賞を含む3冠に輝く(2016年5月31日)
第2次大戦中のアメリカを舞台に、父と息子の絆を描いたを描いた映画「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」が、メキシコを代表する映画業界賞である「ルミナス賞」で、2015年度作品の最高賞、最優秀監督賞、期待...
ハリウッドで活躍する日本人俳優、尾崎英二郎が出演! 映画「LITTLE BOY」全米ランキング初登場8位を記録(2015年4月28日)
ハリウッドで活躍する日本人俳優、尾崎英二郎が出演している独立系映画「LITTLE BOY」が、4月24日に全米公開を迎えた。 本作は、第二次世界大戦中に戦地に向かった父を、無事に連れ戻したいと願って...
小さな少年が小さな町に起こした小さな奇跡の物語 - 映画「リトル・ボーイ 小さなボクの戦争」8月27日、ついに日本公開へ(2016年8月15日)
映画「リトル・ボーイ 小さなボクの戦争」が2016年8月27日(土)に東京、9月3日(土)に大阪にて公開が決定した。 この映画は第二次世界大戦下のアメリカを舞台に戦地に向かった父と8歳の息子の絆を描...
ハリウッドで活躍中の日本人俳優 尾崎英二郎が、米人気ドラマ「エージェント・オブ・シールド」に初登場! 本人からのコメントも到着(2014年11月25日)
ハリウッドを拠点として活躍する日本人俳優、尾崎英二郎が、米ABCで放送中の人気ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン2に初登場した。 尾崎英二郎は、人気ドラマ「エクスタント(原題:EXTAN...
ハリウッドで活躍中の日本人俳優 尾崎英二郎、人気海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」に出演(2014年11月5日)
ハリウッドを拠点に活動する日本人俳優 尾崎英二郎が、米ABCで放送中の人気海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」に出演することがわかった。米マーベルが伝えている。 尾崎英二郎氏は、これまでに映画...
ハリウッドで活躍する日本人俳優 尾崎英二郎が、ハル・ベリー主演の新作SFドラマ「EXTANT」に出演! 真田広之とも共演(2014年9月5日)
ハリウッドを拠点に活動する日本人俳優 尾崎英二郎が、米CBSで放送中の新作SFドラマ「EXTANT(原題)」に出演したことがわかった。 尾崎英二郎氏は、これまでに映画「硫黄島からの手紙」「ラストサム...
ハリウッドで活躍中の日本人俳優・尾崎 英二郎、最新出演映画「LITTLE BOY/リトルボーイ」2015年2月より全米公開決定(2014年8月28日)
ハリウッドで活躍する日本人俳優・尾崎 英二郎の最新出演映画「LITTLE BOY/リトルボーイ(仮題)」が、2015年2月より全米で公開されることが決定した。 本作は、第二次大戦中に戦地に向かった父...
ハリウッドで活躍する俳優・尾崎英二郎 来日記念トークイベント開催! 38歳 ゼロからのハリウッド挑戦を語る(2015年1月9日)
1月9日(金)、東京・代官山の蔦谷書店にて、ハリウッドを拠点に活躍する俳優・尾崎英二郎の来日記念トークイベントが開催された。 今回のイベントは、尾崎が年末年始に一時帰国したタイミングをとらえて急遽開...
ハリウッド俳優・尾崎 英二郎の書籍「思いを現実にする力」発売! ゼロから人生を切り開いた緻密な戦略と実践を明かす(2014年8月27日)
ハリウッドで活躍する日本人俳優・尾崎 英二郎が、ゼロから人生を切り開いた緻密な戦略と実践を明かした本「思いを現実にする力」を8月25日(月)に出版した。 映画「硫黄島からの手紙」「ラストサムライ」、...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。