海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

「ティーン・ビーチ2」マイア・ミッチェル初来日インタビュー!【後編】マイアは“ブレイディ”と“タナー”どちらがタイプ?

2015年7月24日
マイア・ミッチェル (C)TVGroove.comマイア・ミッチェル (C)TVGroove.com
「ティーン・ビーチ2」マイア・ミッチェル初来日インタビュー![前編]「東京に恋しちゃった!」からの続き


――マイアさんは現在、米ドラマ「フォスター家の事情」に出演中ですね。「ティーン・ビーチ」シリーズとは正反対の役柄だと思いますが、役作りは大変でしたか?

「ティーン・ビーチ」シリーズはすごい愉快でアップビートな状況だけど、「フォスター家の事情」は、いつも泣いていて悲しい役だわ。どちらの役が好きかっていう優先順位はないんだけど、「ティーン・ビーチ」シリーズの方がコメディチックだし、タイミングだとかについて色々気を使わなきゃいけないから、より仕事している、という感じはするわ。

個人的にはドラマの方が演じやすいと思っているから、逆にコメディ役者でドラマをソツなくやっている人は天才だと思う。ドラマをやっている俳優がコメディに入るのってとっても難しいの。だから、私としては「ティーン・ビーチ」シリーズよりも「フォスター家の事情」の方がより居心地がよくて、やりやすい状況だと思っているわ。とはいっても、「ティーン・ビーチ」シリーズでは、自分が普段やらないことを経験できるからとても勉強になるし、挑戦もできる。だからこの作品が大好きよ。


――「ティーン・ビーチ」シリーズは音楽が見どころの一つですが、特に注目してほしいシーンは?

「ティーン・ビーチ2」はすごくいい音楽ばかりだから、興奮しているの。日本のみんなにはサントラを楽しんでもらえると思うし、ダンスナンバーもすごいいいの。ミュージカルはやっぱり音楽がすべてだし、その曲がそれぞれのキャラクターの状況だったりを説明するのに重要な役割を担っていると思うから。

「ティーン・ビーチ・ムービー」のときは60年代のサウンドが主だったけど、「ティーン・ビーチ2」は、60年代とモダンなものが合わさって、とても新鮮な音になっていると思うわ。現代が舞台だから、ポップだったり、コメディチックな要素もあるし、とても多様で動的なダイナミックな仕上がりになっているわ。だからみんなに楽しんでもらえると思う。

(C)TVGroove.com(C)TVGroove.com


――「ティーン・ビーチ」シリーズといえば、ロス・リンチ演じるブレイディ、ギャレット・クレイトン演じるタナー、この2人のイケメンぶりがとりわけ光っていますが、マイアさん個人としてはどちらのキャラクターがタイプですか?

タナーはないわね(笑)。彼ってスイートだけど、ちょっと…ね。2人とも穏やか過ぎて、あまり好みではないわね。私は友情においても、恋愛においても、どちらかというと、積極的で意欲的な人が好きなの。とは言っても、(タナーの写真を指さして)でもこの顔を見てよ(=顔はカッコイイ)。2人のほかにブッチーなんかもいるけど、「ティーン・ビーチ2」には新たにスペンサーっていうキャラクターが登場するわ。私的チョイスとしては、彼がイイかしら。


――今後挑戦してみたいことはありますか?

今、自分の人生において新たな章が始まっている時期だと思っているの。今月、初めての映画が出るの。(規模が)とても小さい作品なんだけど、独立系(インディーズ)の映画というのは、これまでの作品とクリエイティブな面において異なるから、興奮しているわ。とても面白い作品になると思うし、そういったものに今強い関心があるの。

私は常に新しい何かに挑戦したいと思っていて、映画以外でいうと、今“音楽”を探求したいと思っているわ。以前から、仕事や利益のためではなくて、自分のために音楽をやっていたんだけど、最近では音楽をやりたいっていう思いが再燃しているの。ちょうど自分の時間ができそうだから、音楽を作ったり、書いたりしたいと思っているわ。


――日本のファンにメッセージをお願いします。

コンニチハ! 日本に来られてうれしいです。日本で最高の時間を過ごしているわ。ぜひまた日本に戻ってきたいと思っているの。「ティーン・ビーチ2」を楽しんでもらえるとうれしいわ。アリガトゴザイマス!


■放送情報



「ティーン・ビーチ2」
7月25日(土)19:30~ディズニー・チャンネルで日本独占初放送

<ストーリー>
ディズニー・チャンネルが贈る、夏全開の青春胸キュン最新テレビ映画!

夏休みに、60年代ビーチ・ミュージカル映画の世界に迷い込むという不思議な体験をしたブレイディとマッケンジー(マック)。現実へ戻り、新学期を迎えた2人の前に突如、今度は映画の世界で出会った仲間たちが現れる! 60年代から来たサーファーやバイカー仲間たちとの感動の再会もつかの間、ブレイディとマッケンジーは彼らを一刻も早く映画の世界に帰さねばならず…。

公式サイト: //www.disney.co.jp/tv/dc/program/dcom/teenbeach2.html

(C)Disney