海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

ハリウッドで活躍する俳優・尾崎英二郎さん 現地直撃インタビュー

2012年5月25日
ハリウッドで活躍する俳優・尾崎英二郎さんを現地直撃インタビューしました。日本のファンに向けてメッセージ、出演しているキーファー・サザーランド主演の新作ドラマ「TOUCH」についての話や、今後の出演作などについて語っていただきました。


Q. 尾崎さんが出演した海外ドラマ「TOUCH」が好調です。あらためてこの番組について聞かせて下さい。

尾崎 :
まだこの作品は日本では放送していないので、視聴者の皆さんのために極力ネタバレは避けたほうがいいと思っています。でももうアメリカほか世界中で放送されているので、脚本の守秘義務はクリアされましたから、少しなら語ってもいいですね。僕が登場するのは第1話で、日本人の役です。ちょっと意外な場所で現れますよ。

「TOUCH」は世界100ヶ国以上での放送と配信がスタートしています。そういう大作に少しでも貢献出来たと思うと、身が引き締まりますね。それに「HEROES」に続いて、クリエーターのティム・クリングさんの作品が2本目で続いたことも光栄です。

あと、アメリカの人気ドラマシリーズのファースト・シーズンの第1 話に登場するということが僕にとってはこれが初めてだったので、すごく貴重な経験でした。


Q. 「TOUCH」出演で、何か変化はありましたか?

尾崎 :
1エピソードにピンポイントでの登場なので、劇的な変化というのはないですが、日本でも注目作として話題として取り上げて頂けたことがとても嬉しいです。

それからアメリカは経験と実力が常に問われるクレジット(信用)社会なので、今後、俳優として様々なオーディションを受けていく際に、レジメ(出演作品をまとめた履歴書)に著名なヒット作品が並んでくることによって、審査の際の信用度が増すことはあると思います。

なので、今回の「TOUCH」のような大型ドラマに出演できたということは、今後ハリウッドで闘いやすくなるということですから、その点は期待しています。


Q. OFFの日の過ごし方を教えて下さい。

尾崎 :
アメリカの業界で日本人俳優として働くというのは、基本的に日頃からチャンスはやはりまだまだ少なく不安定な立場ですから、俳優として稼働していない日、つまり撮影がない日に何をするかというのが、むしろとても重要になってきます。僕は、アメリカ人の俳優と時間を作って台本の読み合わせなどをしてもらったり、映画やドラマのDVDなどを使って、独学で英語の勉強をしてることが多いですね。

まず、オーディションの日の空気や緊張感を重要視しています。オーディションは毎回毎回が、俳優としての精神力やスキルを披露できる絶好の場です。1つ1つを決して無駄にはしません。良かった日のことも、悪かった日のことも、かなりハッキリと覚えています。

例えば失敗した時には、自分の練習の度合いを省みて何が足りなかったのかを自覚し、思い通りの演技ができた際には、どんな準備が有効だったのか検証して、次に活かすようにしています。

それから、撮影の舞台裏などをコラムやメールマガジンとして執筆したりもしていますし、リクエストがあれば自分の体験を語る講演をさせて頂くこともあります。あとは、人生の指針になるような本を読んだり、業界内の知人と食事やお茶をする機会を持って、普段から刺激を得るようにしていますね。


Q. ハリウッドで生活することの魅力は何ですか?

尾崎 :
アメリカの業界の中で仕事をするというのは、20代の頃からずっと僕の夢だったんです。特にハリウッドは、街中に常に映画やテレビの大看板が溢れていてエンターテインメント産業の息吹がすごく感じられるので、大好きなんです。メジャーな映画スタジオも競うように建ち並んでいるし、その近くに住んでいるだけでモチベーションが上がります。とても高揚感を抱ける街です。だからこの地を選びました。

あとは、ロサンゼルスには、音響や映像クオリティの非常に高い映画館がたくさんありますね。なので、時間がある日はなるべく映画館に足を運んで、スクリーンで映画を見るようにしていますよ。


Q. 尾崎さんオススメの映画館はありますか?

尾崎 :
そうですね、ハリウッドだと「アークライト・ハリウッド」とか、有名な「チャイニーズ・シアター」かな。「チャイニーズ・シアター」は観光地として、スターの手形があることで知られていますけど、外観よりも実は劇場の室内が最高に素晴らしいんです。

ふかふかで座り心地のいいイスに、高い天井から真っ赤なビロードのカーテンが下りていて、内装が見事なんです。VIPになった気分で映画が見れますよ(笑)。みなさんも、ロスにきたら、ぜひ一度あの中で映画をご覧になってみてください。

実はまだアメリカに渡って住んでいない頃、僕が出演した「ラストサムライ」を、2003年の公開初日を狙ってわざわざ日本からロスまで飛んで、この劇場の大スク リーンと音響で見たという思い出があります。本当に贅沢で、感極まる体験でしたよ。


Q. 最後に、日本にいるファンへメッセージをお願いします。

【動画】尾崎さんから、日本にいるファンへのメッセージ



=> ☆ こちらもチェック!【動画】ハリウッドで活躍する日本人俳優、尾崎英二郎が語るハリウッドで成功するための秘訣
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。