海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「フルハウス」ジョン・ステイモスがグラミー受賞のザ・ブラック・キーズ新作アルバム制作に参加

2013年3月6日
人気海外ドラマ「フルハウス」「ER 緊急救命室」などへの出演で知られるジョン・ステイモス(49)が、本年度グラミー賞で最多4部門を受賞した人気ロックバンド、ザ・ブラック・キーズの新作アルバムに参加することが明らかになった。

昼メロのイケメンアイドルとして活躍した後に、「フルハウス」で国民的俳優になったジョンは、ミュージシャンとしても活動している。1988年には、ザ・ビーチ・ボーイズの楽曲「ココモ」にサポート・ドラマーとして参加し、ツアーにも同行。「Shades of Blue」というインディペンデント・アルバムもリリースしている。

米PrezHiltonによると、ザ・ブラック・キーズのパトリック・カーニーが、「今、ジョン・ステイモスと一緒に仕事をしているんだよ。実は、オレたちのアルバムでドラムを叩いてくれるんだ」と発表。新作アルバムで、ジョンとコラボレーションすることを明かした。

ジョンとパトリックは軽口を叩く仲らしく、以前ツイッター上で「キミのドラムは最高だね。ザ・ブラック・キーズも最高、正直なキミも最高だよ。元アイドルであるボクにインスピレーションを与えてくれた。ありがとう!」というジョンのツイートに対して、パトリックが「どうもありがとう!一度、フルハウスの家が、建築的にありえる家なのか、説明してくれないかい?どうも、分からんのだよ」と返しており、ファンを驚かせたこともある。

なお、パトリックは、グラミー賞授賞式後に、ヒット曲を出したもののノミネートすらされなかったジャスティン・ビーバーについて、「グラミー賞は音楽に対して与えられるものだからね。彼は儲けているんだから、それでいいんじゃないか」と発言。これに対してジャスティンがTwitterで応戦し、ジャスティンのファンからも大バッシングを受ける騒ぎとなった。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ