海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「フレンズ」ジェニファー・アニストン、健康志向すぎてマクドナルドでお腹壊す

2013年7月2日
人気海外ドラマ「フレンズ」で知られる女優のジェニファー・アニストン(44)が、マクドナルドのハンバーガーを食べてお腹を壊してしまったトラウマ話を披露した。

それは、ジェニファーが、婚約者のジャスティン・セロー(41)と共に車で旅行に出かけた時のこと。途中、究極にお腹の空いた2人は、周りに唯一あったマクドナルドで食事をすることに。ジェニファーはビッグマックを頼んだが、それが悪夢の始まりだったという。

「体が全然受け付けなかったの!」と、食後ひどい気分に悩まされたジェニファー。考えられる理由としては、「いつも健康に気を付けて自然食品だったり有機食品を食べるようにしてるから、きっと胃がビックリしたのね」と話し、健康志向のカラダがビッグマックを受け付けなかったことを明かした。

人気女優ともなれば食事には人一倍気を遣い、脂っこいものは全く食べないのが日常なのであろう。「まるで浄化装置にガソリンを注ぎ込んだ気分よ」と言うのも無理はない。

もっとも、オスカー女優のジェニファー・ローレンスは、贅沢なフランス料理よりファストフードの方が大好き!と言い、カンヌ映画祭のパーティーを抜け出してハンバーガーを食べに行っていた。食の好みは人それぞれだが、ジャンキーな物を気にせず食べられるのは、ある意味幸せなのかも知れない。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ