海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

スクリーンで最も強い女性は誰? 映画の中の最強女性キャラ・ランキング発表! 1位は・・

2013年9月3日
米メディアサイト「Allegiant」が、「映画における最強女性キャラクタートップ12」を発表した。

1位に輝いたのは、2009年に三部作として公開されたスウェーデン映画「ミレニアム」シリーズから、ノオミ・ラパス(33)が演じた「リスベット・サランデル」。ドラゴンのタトゥーが印象的なリスベットは、戦闘力だけでなく知性にも長けていて、同メディアは「性別を超えた強さを具現化した存在」とたたえている。また、同作は2011年にハリウッドでも映画化。その際、リスベットはルーニー・マーラ(28)が演じている。

ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2012-02-03)
売り上げランキング: 5,129


2位に選ばれたのは、「カラーパープル」(1985)より、ウーピー・ゴールドバーグ(57)が演じた「セリー」というキャラクター。ウーピーの映画デビュー作でもあるこの映画は、巨匠スティーヴン・スピルバーグの監督作で、奴隷のような扱いを受けていた黒人女性が、自らの人生を切り開いていく姿を描いた社会派ドラマ。単純な“強さ”を評価したトップとは異なり、同サイトはセリーを「女性の力が進歩を巻き起こすことを証明した」としている。

カラーパープル [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-01-26)
売り上げランキング: 61,490


3位には「キル・ビル」シリーズ(2003,04)のヒロイン、ベアトリクス・キドーこと「ザ・ブライド」がランクイン。ユマ・サーマン(43)演じるブライドが復讐に燃え、並み居る敵を片っ端から斬りまくる爽快ストーリーは、日本通であるクウェンティン・タランティーノのキッチェな表現とともに日本国内でも話題になった。同メディアはブライドが昏睡から目覚めるシーンを、「忘れられないシーン」と紹介している。

キル・ビル Vol.1<USバージョン> [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 51,197


なお、4位以下のランキングは以下の通り。


1位:「ミレニアム」シリーズ(2009)より、リスベット・サランデル(ノオミ・ラパス)
2位:「カラーパープル」(1985)より、セリー(ウーピー・ゴールドバーグ)
3位:「キル・ビル」シリーズ(2003,2004)より、ベアトリクス・キドー“ザ・ブライド”(ユマ・サーマン)
4位:「エイリアン」シリーズ(1979,86,92)より、エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)
5位:「羊たちの沈黙」(1991)より、クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)
6位:「エリザベス」(1998)より、エリザベス女王(ケイト・ブランシェット)
7位:「ガールファイト」(2000)より、ダイアナ・グスマン(ミシェル・ロドリゲス)
8位:「LOVERS」(2004)より、シャオメイ(チャン・ツィイー)
9位:「バイオハザード」シリーズ(2002~12)より、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)
10位:「コロンビアーナ」(2011)より、カトレア・レストレポ(ゾーイ・サルダナ)
11位:「イーオン・フラックス」(2005)より、イーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)
12位:「マトリックス レボリューションズ」(2003)より、ナイオビ(ジェイダ・ピンケット=スミス)


もっともギャラの高い女性モデルトップ10発表! 42億円稼いだ1位のモデルは…(2013年8月21日)
米「フォーブス」誌が、「もっとも報酬の高い女性モデル」リストを発表。トップモデル...
「ハリウッドで最も稼いだ女優」発表! J・ローレンス、クリステンら若手女優を抑え一位に輝いたのは?(2013年7月30日)
米経済誌フォーブス(Forbes)が「ハリウッドで最も稼いだ女優」ランキングを発...
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ