海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「ファンタビ」続編へのジョニー・デップ起用に批判の声! 「ハリポタ」原作者J・K・ローリングの見解は…

2017年12月8日
ジョニー・デップジョニー・デップ
WENN.com
2016年公開映画の続編「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(2018年公開予定)に、ジョニー・デップ(54)が出演することへの批判に、シリーズ原作者J・K・ローリング(52)が反論した。

ジョニー・デップは、グリンデルバルド役として、前作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」にカメオ出演。続編である「~黒い魔法使いの誕生」から、本格的な登場が見込まれている。

しかし元妻アンバー・ハードが訴えるドメスティックバイオレンス疑惑などを理由に、一部からは彼のキャスティングへの批判の声が上がっていた。

これを受けて、前シリーズ「ハリーポッター」の原作者であり、「ファンタビ」映画シリーズでは脚本も担当するJ・K・ローリングが、自身の公式ウェブサイトに、「グリンデルバルドのキャスティング」と題した声明を掲載。長らく続くキャスティング批判へ反論した。

「ジョニー・デップがグリンデルバルド役にキャスティングされたとき、わたしは彼は素晴らしい演技を見せてくれるだろうと感じました。しかし第一作でのカメオ出演の撮影を終えたころから、私自身や、フランチャイズ関係者を、気に病ませるような記事がメディアに現れ始めました」

J・Kはこの声明において、「ハリーポッター」のファンには、ジョニー・デップ起用の選択への「もっともな」疑問や懸念があったことだろうと記している。再キャスティングの可能性があったことを認め、「この問題に関して語ることは、とても困難であり、フラストレーションがたまる者であり、そして痛みに満ちていた」と明らかにしている。

結論として、「状況への理解をもとに、映画の製作陣、そして私自身は、本来のキャスティングにこだわることが落ち着くところであり、ジョニーが映画で重要なキャラクターを演じることを、幸せに感じる」と、ジョニー降板を否定。離婚問題は、プライバシーが保護するところであるとし、ジョニー・デップの起用を擁護している。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の原題は、「The Crimes of Grindelwald(グリンデルバルドの罪)」。J・Kは、「タイトルロールへの配役に、満足していない方々がいることを受け入れる」としながらも、「良心は、委員会によって制御されるものではない」「フィクションの内外において、私たちは正しいと信じることをしなくては」と声明をしめくくっている。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-10-18)
売り上げランキング: 176
 
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」ニュートから、クリスマスプレゼント! ​12月1日より全国の劇場で特別映像を上映(2017年11月30日)
世界中で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒット! まるで魔法のような“ファンタビ”現象を巻き起こした「ハリー・ポッター」に続く魔法シリーズ「ファンタスティック・ビースト」最...
ジョニー・デップの「ファンタビ」出演に批判の声! 余波続くドメスティックバイオレンス騒動に、原作者や監督が擁護(2016年11月14日)
人気児童書「ハリー・ポッター」シリーズの原作者であるJ・K・ローリング(51)が、シリーズ最新作である映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続編に出演することが決定したジョニー・デップ(...
ジョニー・デップ、映画「ハリポタ」の続編「ファンタビ」での役は、若き日のダンブルドアの恋人役か(2016年11月11日)
俳優ジョニー・デップが、「ハリー・ポッター」の新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続編で演じるキャラクターが明らかになった。pinknews.co.ukなどが伝えている。 「フ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。