海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「トワイライト」監督が“人食い殺人鬼”ハンニバルのTVドラマでメガホンをとる

2012年3月31日
“人食い殺人鬼”ハンニバル・レクターを主人公にした新作ドラマ「Hannibal」のパイロットで、映画「エクリプス/トワイライト・サーガ」のデヴィッド・スレイドが監督を務めることが分かった。米Deadlineが報じた。

イギリス出身のデヴィッドは、ミューズ、システム・オブ・ア・ダウンなどのミュージック・ビデオや短編作品を手がけた後、2005年のサスペンス・ホラー「ハード キャンディ」で長編映画監督デビュー。サム・ライミがプロデュースしたヴァンパイア・ホラー「30デイズ・ナイト」に続き、「トワイライト」シリーズ第3作「エクリプス/トワイライト・サーガ」で監督を務めた。

また、TVドラマでは、「ブレイキング・バッド」シーズン4・第3話のほか、NBCで放送中の新作サスペンス「Awake(原題)」のパイロットなどでメガホンをとっている。

「Hannibal」は、アンソニー・ホプキンスが“人食い殺人鬼”ハンニバル・レクターを演じたことでも有名な作家トマス・ハリスの小説をTVドラマ化。若き日のハンニバル・レクターとFBI捜査官ウィル・グレアムの関係を描く全13話のシリーズとして、NBCで放送されることが決定している。

製作総指揮を務めるのは、「プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~」のクリエイター、ブライアン・フラー。FBI捜査官ウィル・グレアム役には、「お買いもの中毒な私!」のヒュー・ダンシーがキャスティングされている。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ