海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

大の親日家ヒュー・ジャックマン来日! 「映画の日本公開がトリなのは、日本が好きすぎたから」? 「X-MEN:フューチャー&パスト」ジャパンプレミア開催

2014年5月28日
ヒュー・ジャックマンと剛力彩芽ヒュー・ジャックマンと剛力彩芽
人気映画シリーズの最新作「X-MEN:フューチャー&パスト」のジャパンプレミアが、5月27日、六本木ヒルズにて開催。ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマン(45)と、日本語吹き替え版でミスティーク(ジェニファー・ローレンス演)を担当した剛力彩芽さん(21)が登場し、詰めかけた多くのファンを喜ばせた。

昨年8月、スピンオフ作品「ウルヴァリン:SAMURAI」の公開に合わせて来日していたヒューにとって、およそ9か月ぶりの来日。過密なスケジュールのため、成田空港からヘリコプターで会場まで駆け付けるという荒業を見せながらも、大の親日家とあってヒューは、彼に会いにきたファンに対し、終始おだやかな笑顔で接していた。

肝心の映画は、ヒュー自身が「X-MEN映画史上最高傑作」と太鼓判を押すだけあり、これまで公開された119か国すべてで初登場1位を獲得。2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」の脅威により、人類が迎えた危機を救うため、ヒュー演じるウルヴァリンは、50年前の過去<1973年>へ。オスカー女優ジェニファー・ローレンスが、ミスティーク役として物語にとって重要なカギを握るほか、ハル・ベリーがストーム役として久々に再登板。これまでシリーズを彩ってきたキャストが数多く出演し、ジェームズ・マカヴォイとパトリック・スチュアート(プロフェッサーX役)、マイケル・ファスベンダーとイアン・マッケラン(マグニートー役)が、それぞれ過去と未来の同じ役を、ダブルキャストで演じることも大きな話題となっている。


この日のヒューは、野性味あふれるウルヴァリンとは打って変わり、シックなスーツ姿。ハリウッドでも指折りの長身と肉体美を誇る彼が、舞台上に設置されたセンチネル頭部像を割り、登場すると会場は一気に大興奮! ステージには火柱が上がり、まさにアツすぎる事態に。新作の公開ごとに日本へやってきてくれる親日家だけあり、ヒューにとって「コンニチハ、わたしは日本に来てとてもうれしいです」という、日本語でのあいさつもお手の物のようだった。

さらに、昨年8月の来日の際には、招致決定前だったこともあり、東京を「推す」コメントをしていたヒューだが、今回は改めて「2020年の東京オリンピック開催決定おめでとう。ファンタスティック!」とお祝いの言葉を述べてくれた。一方、目前に迫ったワールドカップも「楽しみ」だそうで、「決勝は(母国)オーストラリア対サムライブルーだったらって夢見ているよ」と発言し、故郷と同様に日本を応援する気持ちを明かし、ファンを喜ばせた。

加えて最新作のタイトルにひっかけ、「未来への展望」を尋ねられると、ヒューは「サプライズが好きだから、未来を予想したくはないんだけれど」としながらも、「大好きな日本へ、たくさん戻ってきたい。人々はみんな優しいし、日本が大好き」という気持ちを告白。寿司が好物、過去には富士山登頂の経験もある、立派な日本ファンとしての顔を改めて印象付けた。


また、この日の会見には、ミスティークの吹替えを担当した、剛力彩芽さんが登場……するはずが、ヒューに続いてステージに登場したのは、全身真っ青なミスティークそのもの? しかし怪しげなライトアップとともに、スモークが炊かれると、ミスティークから“変身”した剛力さんが登場。これにはヒューも「ブラボー!」と感激。「これまで見た中で最速。素晴らしい変身だよ」と大はしゃぎの様子だった。

(上段)センチネル頭部から登場したヒュー
(中段)ミスティークと、吹替えを担当した剛力さん
(下段)剛力さんに、ファンの位置を教えるヒュー(上段)センチネル頭部から登場したヒュー
(中段)ミスティークと、吹替えを担当した剛力さん
(下段)剛力さんに、ファンの位置を教えるヒュー


ハリウッドスターとの共演とあって、緊張の面持ちの剛力さんだったが、ヒューと対面した感想を聞かれると「舞台袖でご挨拶あせていただいたときから、とても優しかったです。緊張しているとつたない英語で伝えたら、大丈夫だよと言ってくれた」と、ヒューの人柄にかなり助けられた様子。「そりゃあほとんど裸で、全身真っ青な状態で登場、しかもそのあと自分にドレスアップしなきゃいけないとなったら、ぼくだって緊張するよ」とヒューはそんな剛力さんをさりげなくフォロー。また、歌とダンスが得意な剛力さんにちなみ、「次回作は、X-MENミュージカルなんてどう?」と提案。ヒュー自身も演劇界の権威トニー賞を受賞したミュージカル俳優でもあり、信ぴょう性は意外に高いかも? わざわざ剛力さんに対し、「あそこにアヤメのファンがいるよ」と教えてあげるなど、壇上では微笑ましい光景が繰り広げられていた。


シリーズ開始から14年にわたり、ウルヴァリンとして「X-MEN」シリーズに関わってきたヒューだが、今作「フューチャー&パスト」は、最高の出来だと断言。

「X-MENが直面する、最大の危機。オールスターミュータントキャストによる戦いを、みんなに楽しんでもらえたらと思う」
「14年間、演じてきたけど、この映画が最高、そして“新たな始まり”や、“新鮮さ”を感じるんだ」
「この映画の見所は、自分にとっては俳優人生でも最高のキャストと仕事ができたこと。アクションは最高、スペシャルエフェクトだってこれまでに比べても素晴らしくなっている。ストーリーについてはあまり言えないけど……お気に入りのシーンは、ペンタゴンのキッチンでのシーンとだけ」

なお、“ヒューお気に入りのシーン”は、かなり爆笑モノだとか? その真偽はぜひ、劇場でご確認を。

世界各国で先行公開され、日本での公開がトリとなった理由を、ヒューは「最高の国を最後にとっておいたんだよ、ジャパン」とニッコリ。また、壇上でのイベント後には会場中のカーペットを練り歩き、ファンひとりひとりに握手やサイン、セルフィー撮影で丁寧に接し、最後には「一人一人と触れ合えてうれしかった」、「みんなありがとう。この場に来てくれたみんなはもちろん、仕事の手を止めてオフィスから眺めている人、たまたま通りがかった人、テレビで観ている人、みんなにキャストやスタッフを代表してお礼を言うよ」と紳士らしくご挨拶。一転、ヒュー・ジャックマンがワイルドなウルヴァリンを演じる「X-MEN:フューチャー&パスト」は、5月30日(金)より日本全国で公開される。


ファンにサービスするヒュー・ジャックマンファンにサービスするヒュー・ジャックマン



■ ストーリー

〈未来〉と〈過去〉で迫る、史上最強の敵。地球滅亡へのカウントダウンが始まる!

2023年。バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートと手を組み、1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム」の開発を阻止しようとするウルヴァリン。しかしその間も、2023年では暴走するセンチネルの過酷な攻撃で、地球滅亡へのカウントダウンが進んでいた。2023年と1973年。2つの時代が同時進行する激しいバトルは、想像を絶する結末へと向かう――。


■ 公開情報

「X-MEN:フューチャー&パスト」
5月30日(金) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
<5月27日(火) 舞台挨拶生中継付、限定先行上映決定!>

原題:X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST
監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、アンナ・パキン、エレン・ペイジ ほか
配給:20世紀フォックス映画
©2014 Twentieth Century Fox  

オフィシャルサイト: //www.foxmovies.jp/xmen/
facebook: https://www.facebook.com/XmenMovies.Japan
twitter: https://twitter.com/XmenMovieJP


来日中のヒュー・ジャックマン、念願かなってあのスシを食べられるのか!? 「X-MEN」公式サイトでは楽しい企画実地中(2014年5月27日)
最新映画「X-MEN:フューチャー&パスト」のプロモーションのため、ウルヴァリン...
映画「X-MEN:フューチャー&パスト」公開された119ヶ国全てで初登場第1位! 海外成績は「アバター」超え(2014年5月27日)
映画「X-MEN:フューチャー&パスト」が、5月30日(金)より全国公開を迎える...
来日直前のヒュー・ジャックマンが、日本のファンへ挨拶動画を公開! 一瞬の登場を見逃すな[動画](2014年5月26日)
人気映画シリーズの最新作「X-MEN:フューチャー&パスト」PRのため、来日予定...
「アメイジング・スパイダーマン2」に「X-MEN」最新作のシーン映像挿入! 配給会社の垣根を超えた試みが話題に[動画あり](2014年5月12日)
映画「X-MEN:フューチャー&パスト」が、5月30日(金)より全国公開を迎える...
ヒュー・ジャックマン「日本で印象的なのはラブホテル」!? 映画「ウルヴァリン」爆笑記者会見(2013年8月29日)
9月13日(金)より公開される映画「ウルヴァリン:SAMURAI」のPRのため、...
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ