海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

ゼブラヘッド、20周年で20回目の来日公演スタート! 熱狂の初日ライブレポートをお届け

2016年2月2日
ゼブラヘッドゼブラヘッド
photo by Daisuke Sakai(FYD inc./shibuya eggman)
ゼブラヘッドが結成20周年を記念した最新作「ウォーク・ザ・プランク」を引っ提げた、東京・大阪・名古屋・広島の4都市を回るジャパン・ツアーをスタートさせた。

来日直前に公開したミュージック・ビデオ「ソー・ホワット」でも盟友MAN WITH A MISSIONとのジャパン・ツアーの模様をフィーチャーしており、ゼブラヘッドがいかに日本滞在を楽しんでいるかが伝わってくるが、今回の来日公演は奇しくも20回目にあたり感激もひとしお。

ライヴ中に何回も「日本の皆はサイコーだ!」とファンへ感謝の気持ちを述べていた。

photo by Daisuke Sakai(FYD inc./shibuya eggman)


また、ライヴではモーターヘッドの曲「エイス・オブ・スペーズ」を初披露。ゼブラヘッドとモーターヘッドは旧知の仲で、ゼブラヘッドの代表曲の一つ「アンセム」のミュージック・ビデオに先日惜しくもこの世を去った盟友レミー・キルミスターがゲスト出演しているほどだが、ステージでは演奏前に「俺たちが愛するレミーへ捧げる」とゼブラヘッドから追悼のメッセージが送られた。

その他、新作からの「ワース・ザン・ディス」はもちろん歴代代表曲のオンパレードで20周年に相応しいジャパン・ツアーの幕開けとなった。

公演から時間が経った今でも、胸のすくような余韻が全身に残っている。きっと会場にいたすべての人が、そうに違いない。時間にして90分。どこを取っても“サイコー!”なライヴだった。

2015年にバンド結成20周年を迎え、キャリア初のベスト盤と、20周年を記念した8thアルバム「ウォーク・ザ・プランク」を立て続けにリリースしたゼブラヘッド。秋には親交の深いMAN WITH A MISSIONとカップリング・ツアーを敢行し、シマウマ vs オオカミの熱い対バンを繰り広げた彼らが、早くも愛する日本に帰ってきた。

その初日。「スター・ウォーズ」のダース・ベイダーのテーマに乗ってメンバーが登場するや、耳をつんざくような大歓声が沸き起こる。

ゼブラヘッドと日本のファンの絆の深さは、重々承知しているつもりだった。でもこの盛り上がりは、ちょっと尋常じゃない。それを察してか、いきなりアリがステージを飛び降りフロアに突入。テンションMAXのスタートとなった。

photo by Daisuke Sakai(FYD inc./shibuya eggman)


そしてさらに尋常じゃなかったのが、そのテンションが下がるどころか、最後の瞬間まで上がりっぱなしだったことだ。今後も東京(2日目)、大阪、名古屋、広島とツアーが続くため、曲順や演出等について詳細に触れることは避けさせていただくが、とにかくもう、全曲がハイライト。

20周年をファンと祝福すべく、スパイス・ガールズのカヴァーやMAN WITH A MISSIONとのコラボレート曲も含め、キャリアを網羅して披露された楽曲たちが、真冬のShibuya O-EASTを熱帯夜に変えてしまっていた。

「ヘロー・トゥモーロー」「ヘル・イェー!」「メンタル・ヘルス〜僕たちの“サイコー!”ソング〜」「サイレンズ」「セイヴ・ユア・ブレス」、極めつきの「プレイメイト・オブ・ザ・イヤー」など、サビやコーラスのフレーズで一糸乱れぬ大合唱が起こった楽曲は、新旧問わず数知れず。

「フー・ブリングス・ア・ナイフ・トゥ・ア・ガンファイト?」に至ってはギター・リフに合わせての「ヘイ! ヘイ!」まで完璧で、同曲や「レスキュー・ミー」では歓喜のサークル・モッシュが。その間にも絶えずクラウド・サーファーが泳いでいくさまは、狂乱と狂騒の光景なのに、泣けてくるほど美しかった。

もちろん、お約束の下ネタや即興の乾杯ソング、最近の定番であるフレンチ・カンカンでのタオル回しなど、ファンを笑わせ楽しませることも彼らは忘れない。また、急死したモーターヘッドのレミー・キルミスターに捧げるとして、「エース・オブ・スペーズ」の一節をカヴァーする場面も。

それにしても、なんて素晴らしい楽曲が多いバンドなのだろう。今さらながら、その即効力と時代を問わない普遍性を備えたキラー・チューンの数々に、聴き惚れてしまう。だからこその20年なのだと、改めて実感。

そして、最後に言いたいのは、おバカなキャラに隠れがちなメンバーのナイスガイぶりだ。それは、新入りのダンのソロ演奏時にアリが「注目!」とばかりのポーズで何度も駆け寄ったり、「日本は第2の故郷」というアリの日本語MCが伝わりずらかったと見たベンが、「つまり、(日本語で)ニホンダイスキ!」と叫び、アリが「ありがとう」と笑って返すなど身内のやり取りでもわかるが、象徴的だったのが終演後。5人はすぐにステージを後にせず、フロアに降りてファンと触れ合ったり、ありったけのピックやドラム・スティックをプレゼントしたり、汗だくのキッズに水のペットボトルを渡したりしていた。

photo by Daisuke Sakai(FYD inc./shibuya eggman)


悪いことは言わない。このツアーに行こうか行くまいか迷っている人は、当日券がもしあれば駆けつけてほしい。結成20周年、ゼブラヘッドは今、キャリア史上“サイコー!”にして最強だ。

(live report by Hirokazu Suzuki 鈴木宏和)


■来日公演情報

Zebrahead Japan tour 2016


2月1日(月) 東京: 渋谷TSUTAYA O-EAST(終了)
2月2日(火) 東京: 渋谷TSUTAYA O-EAST
2月3日(水) 大阪: BIG CAT
2月4日(木) 愛知: 名古屋DIAMONDHALL
2月6日(土) 広島: CLUB QUATTRO


■商品情報

ゼブラヘッド「ウォーク・ザ・プランク」

ウォーク・ザ・プランク
ゼブラヘッド
SMJ (2015-10-07)
売り上げランキング: 9,107

品番 : SICX -13
価格 : 2,200円+税

【トラックリスト】
01. フー・ブリングス・ア・ナイフ・トゥ・ア・ガンファイト?
02. ワース・ザン・ディス
03. ヘッドラッシュ
04. キープ・イット・トゥ・マイセルフ
05. ランニング・ウィズ・ウルヴズ
06. ソー・ホワット
07. セイヴ・ユア・ブレス
08. ウォーク・ザ・プランク
09. アンダー・ザ・ディープ・ブルー・シー
10. ウェイステッド・ジェネレーション
11. バトル・ヒム
12. キングス・オブ・ザ・ヒア・アンド・ナウ
13. フリーク・ショウ
14. ダンス・サッカ!※
15. ダウン・ウィズアウト・ア・ファイト※
16. ブルー・ライト・スペシャル※


■バイオグラフィー

1995年、アメリカ西海岸オレンジ・カウンティにて結成された、メロディーとラップを担当する2人のヴォーカルを有する5人組。

強烈にキャッチ―なメロディーと強靭なロック・グルーヴ、そして誰もが思わず笑顔になるメンバーの痛快面白キャラがここ日本でも熱烈な支持を受け確固たるファン・ベースを確立。

夏の風物詩となった一大フェスティバル“サマーソニック”の最多出場記録も持つ。結成20周年を迎えた2015年、バンド史上初のベスト盤「グレイテスト・ヒッツ?」を挟んで8thアルバム「ウォーク・ザ・プランク」を発売、MAN WITH A MISSIONとの日欧カップリング・ツアーを経て、全国4都市を訪れる再来日公演の真っ最中だ。


■リンク

・日本公式サイト : www.sonymusic.co.jp/artist/Zebrahead
・来日公演情報 : www.creativeman.co.jp/artist/2016/02zebrahead
・iTunes : itunes.apple.com/jp/album/u-oku-za-puranku
 
“世界最強パーティー・ロック・バンド”「ゼブラヘッド」に来日インタビュー! 「あと20年、日本で一緒にビールを飲もう!」と20周年メッセージ(2015年10月19日)
“世界最強のパーティー・ロック・バンド”とも称される、米カリフォルニア発のシマウ...
【動画】“世界最強パーティー・ロック・バンド”「ゼブラヘッド」来日インタビュー! 深い日本愛を告白「日本に来るのが大好き」(2015年10月20日)
“世界最強のパーティ・ロックバンド”とも称される「ゼブラヘッド」が今年3月ぶりに...
【動画】“世界最強パーティー・ロック・バンド”「ゼブラヘッド」来日インタビュー! ゲーム「叩いてかぶってジャンケンポン」で大盛り上がり(2015年10月26日)
“世界最強のパーティ・ロック・バンド”とも称される「ゼブラヘッド」が今年3月ぶり...
関連ニュース
海外ニュース
  • 関連海外ニュースはありません。
国内ニュース
  • 関連国内ニュースはありません。
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。