海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

ファースト・アルバム「ヘルズ・キッチン・エンジェル(ジャパン・バージョン)」で日本デビュー間近!初来日公演が迫る実力派シンガーMAXの代表曲「ライツ・ダウン・ロウ」の誕生秘話とは?来日公演情報もチェック!

2018年7月20日
SUMMER SONIC 2018への出演、そして先日、単独来日公演も決定したばかりのシンガー、MAX。幼い頃から歌手のみならず俳優やモデル、そしてYouTuberとして活躍し、エンターテイメントの業界でキャリアを着実に積み上げてきた、今話題のアーティストだ。

このコラムでは、7月25日に発売されるファースト・アルバム「ヘルズ・キッチン・エンジェル」の収録曲や、You Tubeで3500万回以上の再生回数を誇る「ライツ・ダウン・ロウ」の誕生秘話、そして、ついに全米チャートNo.1に上り詰めるまでの、彼の快進撃を紹介していこう。


豪華アーティストも参加。「ヘルズ・キッチン・エンジェル」日本盤がついにリリース!


7月25日に発売予定のファースト・アルバム「ヘルズ・キッチン・エンジェル(ジャパン・バージョン)」は、10曲+ボーナス・トラック4曲の計14曲が収録されている。アメリカでは2016年に配信限定でリリースされたが、日本盤は更にパワーアップしての発売となる。

アルバムのタイトルは、自身の出身地であるニューヨークのヘルズ・キッチンに由来しており、リル・ウージー・ヴァートをフィーチャーした「ロング」やフーディ・アレンを迎えた「ジバリッシュ」など、今をときめくアーティストとコラボレーションを果たした楽曲も収録されており、記念すべき日本デビューを飾るアルバムである。


全米チャート首位を獲得!自身が手がけたバラード「ライツ・ダウン・ロウ」の制作秘話と大ヒットに至る経緯とは?


アルバム内の多くの曲を手がけるMAXだが、特に思い入れのある曲は、リミックス・バーションも多数収録されている「ライツ・ダウン・ロウ」だろう。

この曲は、MAXの妻であるエミリーからインスピレーションを得て完成したバラードだという。MAXがエミリーと付き合い始めて間もない頃、MAXは、ツアーで全国を飛び回っていた。多忙を極めるスケジュールの中、二人が一緒にいられる時間は限られていたが、エミリーはMAXを信じて献身的にサポートを続けた。「ライツ・ダウン・ロウ」は、そんなエミリーのためにMAXが書き下ろした曲なのだ。

「過ぎ行く時を止めたい/君の魅力に浸っていたい/もう離れられそうにないから」という歌詞から、多忙ながらもふたりの貴重な時間を大切にするという、遠距離恋愛の切なさと相手を想う気持ちがひしひしと感じられる。

また、この楽曲はリミックス等、複数のバージョンがリリースされているが、シンガー/ラッパーを迎えた「ライツ・ダウン・ロウ feat.ナッシュ」のミュージック・ビデオが話題になっている。このビデオでは、MAXがいろんな人との出会いと別れののちエミリーに出会い、生涯を共にする感動ストーリーが描かれており、現在では3500万回再生を誇る人気となっている。MAXはインタビューで、ナッシュも自身のガールフレンドを思いながら歌詞を書いてくれたと話している。
「今夜 君を幸せにするよ / 永遠にこうしていよう / 誓うよ 誰より大切にすると」愛する人に捧げるというシンプルな発想が、MAXとナッシュの歌詞、そしてこの曲の魅力となっているようだ。

MAX – Lights Down Low feat. gnash (Official Video) 日本語歌詞つき

(設定ボタンから字幕→日本語にすると日本語歌詞が表示されます)

やがてMAXとエミリーはめでたく結婚。初めてデートをした店でこの曲を流しながら、ため息が出るほどの演出でプロポーズが敢行された。4月1日はふたりの結婚記念日で、インスタグラムには感謝のメッセージと共にウェディング写真が投稿されている。

MAXさん(@maxhellskitchen)がシェアした投稿 -


二人の絆を、さらに深めた曲となった「ライツ・ダウン・ロウ」は、ミュージック・ビデオに加えて、ウェディング・ビデオも作成された。このビデオではなんとMAXが実際にプロポーズをした時の映像や、結婚式の様子も収められており、涙を誘う感動的なビデオに仕上がっている。

Lights Down Low – Wedding Video


MAXはその後、また新たな記録を樹立。ビルボード内の様々なチャートの数値を元に、新しく浮上しているアーティストを発表する「エマージング・アーティスト・チャート」で堂々の1位を獲得。そのまま3週連続で1位をキープした。

この曲が異例のヒットとなった理由はこれだけではない。2018年2月14日に、Snapchat(スナップチャット)のグローバル・バレンタインデー・フィルターに「ライツ・ダウン・ロウ」がフィーチャーされ、影響力のあるセレブリティ達がこぞって使用したのである。

Snapchatと言えば、月間ユーザー数約3700万人を誇る動画SNS。MAXと多くの交流を持つピート・ウエンツや、リアリティ番組セレブのキム・カーダシアン、歌手のアリシア・キーズらが、このフィルターを使った動画をSNSに投稿。フィルターを使っている間はこの曲がBGMとして流れており、それが第二のビッグウェーブを生み、遂に「ライツ・ダウン・ロウ feat.ナッシュ」は米ビルボード・アダルト・ポップチャートでエド・シーラン、チャーリー・プースらを抑えて3週連続1位を獲得するに至った。

同チャートの記念すべき200曲目の1位となったこの楽曲はMAXにとって、同チャートに初めてランクインした楽曲。男性ソロアーティストの初ランクイン曲が1位まで上り詰めたのは、2017年6月のジェイムズ・アーサーの「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー」以来となる。

ヒットチャートでの快進撃に合わせて、MAXは積極的にメディアにも登場。ジェームズ・コーデンが司会を務める「The Late Late Show」や「Good Morning America」など、人気番組やラジオで次々とパフォーマンスを披露した。

「Good Morning America」では、結婚式を演出したステージで、幸せそうに踊るカップルを前に熱唱し、MAXならではの高音を惜しみなく披露した。スタジオにはMAXの妻であるエミリーも駆けつけた。

Good Morning America


MAXにとって、自身の代表曲となった「ライツ・ダウン・ロウ」は、アーティストとしての成功だけを意味するのではなく、妻との愛をより深める絆そのものになったといっても過言ではないだろう。


サマソニ&単独公演で来日。待望の1stアルバム「ヘルズ・キッチン・エンジェル(ジャパン・バージョン)」をリリース!


MAXは、「SUMMER SONIC 2018」(8月19日のみ)への出演に加えて、8月21日には東京・渋谷にて、8月22日には大阪・梅田にて、単独公演の開催が決定している。そして、それに先駆け、7月25日に待望の日本デビューアルバムがリリースされる。

「ヘルズ・キッチン・エンジェル(ジャパン・バージョン)」と題されたこのアルバムには、上記の「ライツ・ダウン・ロウ」も、ラテン・アーバン・リミックスなど4つのリミックスが収録。全ての曲に歌詞と対訳が付いているので、来日公演を存分に楽しむためにぜひ持っておきたい一枚だ。


■来日情報

・2018/8/19(日)東京のSUMMER SONIC 2018 Billboard JAPAN Stage

http://www.billboard-japan.com/summersonic2018/
(東京のみのステージ、MAXは日曜日のみ出演し、土曜日は別ラインナップ)

・東京・大阪単独公演

8月21日(火) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
8月22日(水) 大阪・SHANGRI-LA


■国内盤情報



MAX「Hell’s Kitchen Angel (Japan Version)」 | マックス「ヘルズ・キッチン・エンジェル(ジャパン・バージョン)」
2018年7月25日発売 ※初パッケージ化(US:2016年4月 配信限定リリース)
10曲+ボーナス・トラック4曲収録 / ¥2,200+税 / SICP-5800 / 通常盤 / 歌詞対訳付き


【関連サイト】
●MAX 海外オフィシャル・サイト:
http://www.maxhellskitchen.com/
●MAX ソニー・ミュージックによる日本公式サイト:
http://www.sonymusic.co.jp/artist/max/


(取材・文:加藤優花)
 
ファースト・アルバム「ヘルズ・キッチン・エンジェル(ジャパン・バージョン)」で日本デビュー間近!初来日公演が迫る実力派シンガーMAXの代表曲「ライツ・ダウン・ロウ」の誕生秘話とは?来日公演情報もチェック!(2018年7月20日)
SUMMER SONIC 2018への出演、そして先日、単独来日公演も決定したばかりのシンガー、MAX。幼い頃から歌手のみならず俳優やモデル、そしてYouTuberとして活躍し、エンターテイメントの業...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。