海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

巨匠マーティン・スコセッシが、遠藤周作の「沈黙」に魅了され続けた理由とは・・?

2017年1月11日
マーティン・スコセッシマーティン・スコセッシ
(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
マーティン・スコセッシが遠藤周作の名著「沈黙」と出会ってから28年、監督としての固い決意によって「沈黙-サイレンス-」がついに完成した。日本公開を間近に控え、なぜ「沈黙」に魅了され、なぜ映画化にこだわり続けたのか。スコセッシ自身が語ったコメントが到着した。

1988年、ニューヨーク市で行われた聖職者向けの「最後の誘惑」NY特別試写会で、マーティン・スコセッシは大司教のポール・ムーアと知り合った。そこでムーアは、監督に遠藤周作の歴史小説「沈黙」をプレゼントした。「沈黙」は日本で1966年に刊行され、非常に力強く、徹底的に厳密なテーマ分析が高く評価された。数年後にその英語版が出版されると、宗教的なテーマに対する奥深い検証および熟考として、小説の評価はさらに強まった。

初めて「沈黙」を読んだマーティン・スコセッシは大きな衝撃を受け、まるで彼個人に話しかけられたような気がした。「遠藤が本で提示したテーマは、私がとても若い時からずっと考えていたものだ」とスコセッシが語る。「熱烈なカトリックの家庭で育ったため、私と宗教との関りはとても深かった。子供の時に浸っていたローマカトリック教の精神性は、いまだに私の基盤となっている。それは宗教とつながりのある精神性だ」スコセッシは本を読みながら、キリスト教についての非常に根深い問題に対峙していることを知って驚いた。

「わたしはこの年になっても、信仰や疑い、弱さや人間のありようについて考え、疑問を感じているが、これらは遠藤の本がとても直接的に触れているテーマだ」

「沈黙」を初めて読んで以来、スコセッシは映画化を固く決心していた。遠藤周作の小説「沈黙」は、日本の隠れキリシタンの時代が舞台で、優れた文学作品として絶賛され、評論家には20世紀最高峰の小説の一つと言われている。1966年に出版され、同年には谷崎潤一郎賞を受賞。1969年に英訳されて以来、世界各地でさまざまな言語による翻訳版が登場した。

「沈黙」は刊行すぐにベストセラーとなり、80万部以上を売り上げた。小説の出発点は、大きな波紋を呼んだ歴史的な教会スキャンダル――イエズス会士、クリストヴァン・フェレイラの日本での背教――だ。彼は棄教し、仏教徒の学者となり、日本人妻を娶った。

小説では、クリストヴァン・フェレイラの2人の弟子である、セバスチァン・ロドリゴ神父と、フランシス・ガルペ神父は、ポルトガルからマカオのイエズス会大学へ、その後に日本へ旅し、棄教したとされるフェレイラの真相を探ろうと大きな危険を冒す。一方で、彼らは、命を脅かされながらも信仰を続ける隠れキリシタン、日本の忠実な信者たちの世話をする。

キリスト教の観点から小説を書いた数少ない日本人作家のひとりである遠藤周作は、1923年に東京に生まれた。彼は神戸で母と伯母に育てられ、11歳の時、洗礼を受けた。大学在学中、第二次大戦で学業の中断をやむを得ず軍需工場で働いた。戦後は医学を学び、フランスにも留学。生涯を通して、結核など深刻な呼吸器の病気に苦しみ、長期にわたる入院生活を送った。

遠藤周作遠藤周作
(C)新潮社


1958年に小説の執筆を始め、「イエスの生涯」などほとんどの作品でキリスト教のテーマを扱った。近年でも「沈黙」は“我々の時代の小説”と言われている。ニューヨーク・タイムズの日曜版に執筆中のポール・エリーは語る。「非宗教的な今の時代に我々を悩ます非常に多くの宗教問題を宣教の時代に見出している―多様な社会に共通する真実の要求、信仰の宣言とその表明の間の矛盾、信者が神のために暴力をふるわれる一方で、神の見かけ上の沈黙といった問題だ」―― 「沈黙」の今日性は常に波紋を呼び続けている。

スコセッシは書いている。「ゆっくりと、巧みに、遠藤はロドリゴへの形勢を一変させる。「沈黙」は、次のことを多いなる苦しみと共に学ぶ男の話だ。つまり、神の愛は彼が知っている以上に謎に包まれ、神は人が思う以上に多くの道を残し、たとえ沈黙をしている時でも常に存在するということだ」そして「私がこの小説を初めて手にしたのは、20年以上前のことだ。それ以来、何度も数えきれないほど読み直している。これは、私が数少ない芸術作品にしか見出したことのない、滋養のようなものを与えてくれる」小説だと。

「沈黙-サイレンス-」は、1月21日(土)より全国ロードショーとなる。

★小説「沈黙」(新潮文庫刊)は、全国の書店で絶賛発売中!
//www.shinchosha.co.jp/book/112315/

【遠藤周作(1923-1996)】
東京生れ。幼少期を旧満州大連で過ごし、神戸に帰国後、11歳でカトリックの洗礼を受ける。慶応大学仏文科卒。フランス留学を経て、1955(昭和30)年「白い人」で芥川賞を受賞。一貫して日本の精神風土とキリスト教の問題を追及する一方、ユーモア作品、歴史小説も多数ある。主な作品は『海と毒薬』『沈黙』『イエスの生涯』『侍』『スキャンダル』等。’95(平成7)年、文化勲章受章。’96年、病没。

【動画】「沈黙-サイレンス-」予告編 (60秒)


【動画】「沈黙-サイレンス-」予告編 (30秒)


■作品情報

「沈黙-サイレンス-」
2017年1月21日(土) 全国ロードショー

≪ストーリー≫
17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。
日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。
次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―

監督:マーティン・スコセッシ 

脚本:ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ

出演:アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー 窪塚洋介 浅野忠信 イッセー尾形 塚本晋也 小松菜奈 加瀬亮 笈田ヨシほか

配給:KADOKAWA

公式サイト: //chinmoku.jp/

(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
 
マーティン・スコセッシ監督最新作「沈黙-サイレンス-」の日本版ポスターが完成&特報も同時解禁(2016年12月15日)
刊行から50年、遠藤周作没後20年の2016年。世界の映画人たちに尊敬され、アカデミー賞にも輝く巨匠マーティン・スコセッシ監督が、戦後日本文学の金字塔にして、世界20カ国以上で翻訳され、今も読み継がれ...
巨匠マーティン・スコセッシが、アンドリュー・ガーフィールドを飛躍させる! 難役に挑んだ若き俳優にオスカーは微笑むのか!?(2016年11月16日)
2007年のロバート・レッドフォード監督作品「大いなる陰謀」で映画デビューを飾ったアンドリュー・ガーフィールドは、テリー・ギリアム監督の「Dr. パルナサスの虜」(09)、デヴィッド・フィンチャー監督...
マーティン・スコセッシ監督作「沈黙−サイレンス−」に、青木崇高、EXLIE AKIRAが出演! 日本人キャスト情報が一挙解禁(2016年12月9日)
刊行から50年、遠藤周作没後20年の2016年。世界の映画人たちに最も尊敬され、アカデミー賞にも輝く巨匠マーティン・スコセッシ監督が、戦後日本文学の金字塔にして、世界20カ国以上で翻訳され、今も読み継...
「沈黙-サイレンス-」アメリカ版予告映像、ついに解禁! 若き宣教師が目にした“想像を絶する日本”とは・・?(2016年11月28日)
戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」(新潮文庫刊)を、「タクシードライバー」「ディパーテッド」のアカデミー賞®監督、マーティン・スコセッシ監督が完全映画化した「沈黙-サイレンス-」(原題...
構想28年! 映画「沈黙-サイレンス-」が完成間近! 巨匠マーティン・スコセッシが本作に込めた想いとは・・?(2016年11月17日)
戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」(新潮文庫刊)を、「タクシードライバー」「ディパーテッド」のアカデミー賞®監督、マーティン・スコセッシ監督が完全映画化した「沈黙-サイレンス-」(原題...
マーティン・スコセッシ監督来日! 日本を舞台に描く渾身の一作「沈黙ーサイレンスー」公開が2017年1月21日に決定(2016年10月28日)
アメリカ映画界の巨匠、マーティン・スコセッシ監督が来日。日本を舞台に描く最新作「...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。