海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

「エディンバラ フェスティバル創立70周年記念 メディアイベント」開催! 同都市開催の魅力的なイベントをご紹介

2017年2月20日
(c)TVGroove.com
英国大使館 大使公邸にて2月16日(木)、「エディンバラ フェスティバル創立70周年記念 メディアイベント」が開催。世界各国より観光客、パフォーマー、アーティストらが集結するエディンバラの魅力に迫る。

今年で70周年を迎えるエディンバラ フェスティバル。フェスティバル・シティとして世界的に有名なスコットランドの首都で夏に行われる同イベントは、世界中より才能あふれる人々を招き、観光客を魅了する国際フェスティバル。第二次世界大戦直後の1947年、国家間の和解を目的に、アートとカルチャーを称えるべく創設。その理念は受け継がれ、70年にわたり毎年、世界各国より多くの人々が集まるビッグイベントとなっている。これに加え、年間を通して12のイベントが行われる予定となっており、科学から文学、音楽、美術といった様々な分野のイベントを楽しむことができる。




メディアイベントには、12のイベントをまとめた「Festivals Edinburgh」を代表し、同組織のディレクター、ジュリア・アーモン氏が来日。エディンバラの魅力を交えながら、記念すべき年に開催される12のイベントについて解説頂いた。

ジュリア・アーモン氏ジュリア・アーモン氏
(c)TVGroove.com


■エディンバラ国際科学フェスティバル:2017年4月1日~16日
同都市で毎年行われる本フェステイィバル。科学とテクノロジーの祭典としては世界初、ヨーロッパ最大の科学イベントのひとつ。
https://www.sciencefestival.co.uk/




■イマジネート・フェスティバル:2017年5月27日~6月4日
スコットランド国内外から集結した青少年向けの演劇、ダンス、パフォーマンス作品を、1週間にわたり上演。青少年のための舞台芸術祭では、英国最大級。エディンバラでの公演後、スコットランド各地を巡回する。
http://www.imaginate.org.uk/FESTIVAL/home.php

■エディンバラ国際映画祭:2017年6月21日~7月2日
1947年に創設。中断することなく続いている映画祭としては、世界最長を誇る。過去の初演作品に、「タクシードライバー」「マンハッタン」「ブレードランナー」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「パルプ・フィクション」「E.T.」「ハート・ロッカー」など。
https://www.edfilmfest.org.uk/




■エディンバラ・ジャズ・アンド・ブルース・フェスティバル:2017年7月15日~24日
1978年、バンジョープレイヤー/ギタリストのマイク・ハートによって設立。大型無料イベント「マルディグラ」「エディンバラ・フェスティバル・カーニバル」で幕開けし、10日間にわたり170以上のライブが開催される。
http://www.edinburghjazzfestival.com/

■エディンバラ・アート・フェスティバル:2017年7月27日~8月27日
首都の主要なギャラリーや美術館で、展示やイベントが開催。新しいパブリック・アートの展示も行われる。
https://edinburghartfestival.com/




■エディンバラ・フェスティバル・フリンジ:2017年8月4日~27日
世界最大の芸術フェスティバル。FIFAワールドカップの入場者数を上回る450万人が来場する。プロ・アマ、実力を問わず、登録料と参加費を支払えば、誰もが舞台に立つことが可能。世界中から大勢のパフォーマーが集結する。
https://www.edfringe.com/




【動画】エディンバラ・フェスティバル・フリンジ


■ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー:2017年8月4日~26日
音楽、ダンス、さらにバグパイプやドラムを手にしたミリタリー・バンドの整然とした行進が披露される。軍から地域に貢献すべき、という考えから発足した本イベントは、天候にかかわらず、これまで一度も休演したことがない。出演者数は1000人を超え、毎年22万人の観光客が訪れる。世界テレビ中継での視聴者数は1億人にも上る。
https://www.edintattoo.co.uk/

【動画】ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー


■エディンバラ国際フェスティバル:2017年8月4日~28日
8月に3週間にわたり開催されるイベント。毎夜日替わりで舞踏、オペラ、音楽そして演劇界のトップ・パフォーマンスが披露される。
https://www.eif.co.uk/

■エディンバラ国際ブック・フェスティバル:2017年8月12日~28日
世界で最も著名な作家の何人かに焦点を当てた、750を超えるイベントが開催される。朗読会やワークショップ、公演など、幅広い年齢層に合わせたイベントが行われる。
https://www.edbookfest.co.uk/




■エディンバラ・メラ:2017年8月26日~27日
ワールドミュージックとダンス、そしてフードをテーマにし、南アジアを中心とした国際色豊かな祭り。1995年に地元南アジア住民たちの小さな集まりとしてスタート。今では、世界中から3万人以上が訪れる祭りに成長。世界中の音楽、ダンス、フード、パフォーマンスが集結した、楽しく活気に満ちた週末の祭典。
http://www.edinburgh-mela.co.uk/

■スコティッシュ国際ストーリーテリング・フェスティバル:2017年10月20日~31日
ストーリーテリングや音楽など、様々なライブプログラムが楽しめるイベント。スコットランドの民話や伝説の伝承を目的としている。
http://www.edinburgh-mela.co.uk/

■ホグマネイ:2017年12月31日~2018年1月1日
スコットランドの年越し行事。バイキングからパオロ・ヌティーニまで様々な人々が参加。たいまつ行列や、エディンバラ城の上空を彩るスペクタクルな花火が人々を魅了する。
https://www.visitscotland.com/see-do/events/christmas-winter-festivals/hogmanay/

【動画】ホグマネイ


年間を通して多くの魅力的なイベントが行われるスコットランドは、エンターテインメントにも多大なる貢献をしている。4月8日に日本公開予定の映画「トレインスポッティング2」は、エディンバラとグラスゴー周辺各地にて撮影。「キング・アーサー レジェンド・オブ・ソード(原題)」(6月17日日本公開)は、ハイランド地方とスカイ島などで撮影が行われた。

【動画】トレインスポッティング2


【動画】キング・アーサー


また、大人気「ハリー・ポッター」シリーズは今年で出版20周年を迎えるが、著者J・K・ローリングが1作目「賢者の石」を執筆したのが、エディンバラにある「ザ・エレファント・ハウス(The Elephant House)」という名のカフェ。また、ホグワーツ特急のモデルとなった蒸気機関車「ジャコバイト号」などが走るなど、スコットランドは同シリーズの映画のロケ地としても有名だ。

今年はエディンバラ フェスティバル70周年ということに加え、ジェーン・オースティン没後200周年、シャーロック・ホームズ初短編小説出版125周年、プレミア・リーグも25周年を迎える年。スコットランドだけでなく、イギリス全体で記念すべき年をお祝いする。

最後に今年オープンする話題の新ホテル情報も紹介。イギリスを訪れる際は、宿泊してみてはいかがだろうか?

●イビス・スタイルズ・ピカデリー・サーカス・ホテル
ホテルグループ「アコー」が、トロカデロ・センターの敷地内に手がける新ホテル。客室数は583。

●スコットランド・ヤード・ホテル
歴史的建造物である元スコットランド・ヤード警察署が、改装費5千万ポンドで5つ星の高級ホテルに。スコットランド・ヤードは、アーサー・コナン・ドイル卿の小説を通して広く知られており、1888年に起きた連続殺人事件「切り裂きジャック」の捜査本部として有名。

●ノブ・ホテル
カリフォルニア・ロールの考案者であるマスター寿司シェフ、ノブ・マツヒサがプロデュースするヨーロッパ初のホテル。ロンドンのショーディッチ、ウィロー・ストリートにオープン。客室数は150。
https://www.nobuhotels.com/

会場にはスコットランド料理の軽食も会場にはスコットランド料理の軽食も
(c)TVGroove.com
 
映画「T2 トレインスポッティング」4人の関係性を暗示する場面写真公開! なぜ、レントンは戻ってきたのか?(2017年2月15日)
90年代ポップ・カルチャーの代名詞で社会現象まで引き起こした映画「トレインスポッティング」。その続編が20年の時を経て帰ってくる。主演のユアン・マクレガーをはじめ、監督のダニー・ボイル、脚本のジョン・...
世界中を熱狂させた「トレインスポッティング」が帰ってくる! 20年ぶりの新作「T2 トレインスポッティング」4/8公開決定(2017年1月19日)
映画界に衝撃を与えた「トレインスポッティング」(96)から20年。続編である“T2 Trainspotting”(17)の邦題が「T2 トレインスポッティング」に決定し、日本では4月8日(土)よりロー...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ