海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

「ワンダーウーマン」続編制作決定! ガル・ガドットが主演続投

2017年7月24日
「ワンダーウーマン」「ワンダーウーマン」
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
「スパイダーマン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」を超え[2017 年、夏の大作で一番気になる作品ランキング*]でNo.1で期待値の高かった「ワンダーウーマン」。 6月2日に公開されるやいなや、全世界大ヒットスタートを切り、今だ、その勢いはとどまらず、全米での合計が389,033,279ドル(約 427 億円/1 ドル 110 円)!「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」、「ザ・マミー」も超え、全米ではこの夏一番の超大ヒットをした映画となった。

また、全米2017年年間興行ランキングでも「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」を超え、「美女と野獣」に次いでNo.2 に!本作は公開して8週目にも関わらず、前週比のオチが脅威の30%前後と粘り強い興行で、今年を代表する1本となる映画となっている。またワーナー・ブラザース映画としても、「ハリー・ポ ッター」全シリーズをも超えて、全米のワーナー・ブラザース映画の過去歴代No.3の興行成績と登りつめた。全世界興行成績の合計779,433,279ドル(約 856 億円/1 ドル 110 円)。(Box Office Mojo 調べ)

そして、アメリカ・サンディエゴで実施された世界最大級のポップカルチャーの祭典、コミコンで7月22日(USタイム)映画「ワンダーウーマン」続編決定が発表された。主演ワンダーウーマンは、強いだけではなくチャーミングな魅力で全世界を夢中にさせたガル・ガドットが続投する。

コミコンでは、「ジャスティス・リーグ」のメンバー、ベン・アフレック(バットマン)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)、エズラ・ミラー(フラッシュ)、ジェイソン・モモア(アクアマン)、レイ・フィッシャー(サイボーグ)がパネル・ディスカッションに勢ぞろいした。

ガル・ガドットは会場を埋め尽くしたファン6500人に「この役は本当にすごいの。あらゆる愛、思いやりや真実、正義、平和を表現している。 彼女を好きにならない理由なんてどこにもないの。正直言って、ワンダーウーマンを作り出し、この映画がこんなに成功したのは、ここにいるファンのみなさんのおかげだと思っているわ。そして、このすばらしい役と演じる機会を与えてもらったことにとっても感謝しているとしか言えないわ。」と映画「ワンダーウーマン」が大ヒットに受けてコメント。また、コミコンで実施された「ジャスティス・リーグ」のメンバーのサイン会では、ガルはワンダーウーマンのコスプレをした少女の手を握って、熱心に話し込むと、その少女が感激のあまり嬉し涙を流すなど、ガルの神対応も話題となった。






映画「ワンダーウーマン」は女性だけの島で育ち、男性を見たことすらない好奇心豊かな<プリンセス>ダイアナが、外の世界を知り、人々の争いを止めるため<最強の美女戦士>ワンダーウーマンとして立ち上がる姿を描き、その感動的なストーリーから「アメコミ史上最高傑作」との呼び声も高い。

また、その世間知らずで時折見せるチャーミングな姿やそのプリンセス・ストーリーに、もはやアメコミというジャンル超え、女性、子供たちが共感を得ており、ティーンのファン投票で選ばれるティーン・チョイス・アワード2017で、ベストキス賞にガル・ガドットとクリス・パインがノミネーションされるなど、アクション映画に留まらず、恋愛映画としても高い支持を得ている。(受賞 結果は 8 月 13 日/現地時間)。

「美女と野獣」「ラ・ラ・ランド」を超えて,全米では2017年Tweetされた映画No.1へとなった。もはや大きな社会現象へとなっ ている「ワンダーウーマン」。その歴史は長く76年前にアメコミ誌「ALL STAR Comics」に初登場し、老若男女から愛される国民的人気を誇るキャラクターである。

しかし、「スーパーマン」「バットマン」「アイアンマン」「スパイダーマン」などは何度となく実写映画化されたが、女性スーパーヒーローは興行的な成功が見込めないという理由で長らく実写映画化が叶わなかった。ようやく誕生した女 性スーパーヒーローの実写映画化の、この大ヒットには、ハリウッドスターも、マーベルの出演者も垣根を越えて称賛し、歴史に名を刻む 1 本となった。

”美女戦士ワンダーウーマン”を演じたのは「世界で最も美しい顔100人」で2位に選ばれた完璧な美貌と兵役経験による“圧倒的” アクションセンスも持つセクシーなスーパー美女ガル・ガドット。世界に受け入れられた潔くて、チャーミングなキャラクターと揺るがない芯のあるプリンセス・ダイアナ:ワンダーウーマンの美しさと勇気は、多くの人々を励まし、心を鼓舞してくれる存在になるっている。

人類が待ち望ん だスーパーヒーロー像が描かれた「ワンダーウーマン」には【全ての人が勇気をもらえる】作品として時代に新しい風を吹き込んでいる。映画「ワンダーウーマン」は8月25日(金)全国ロードショー。


■公開情報

「ワンダーウーマン」

2017年8月25日(金) 全国公開

監督 : パティ・ジェンキンス
出演 : ガル・ガドット、クリス・パイン
配給 : ワーナー・ブラザース映画

公式サイト : warnerbros.co.jp/wonderwoman
公式Twitter : twitter.com/wwmoviejp

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
 
映画「ワンダーウーマン」本予告&ポスターが公開! 最強美女戦士の誕生秘話とは?(2017年6月13日)
「スパイダーマン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」を超え[2017年、夏の大作で一番気になる作品ランキング*]でNo.1に輝き、6月2日に全米で公開されるやすでに2億ドルを突破、2週連続1位を獲得し大...
最強の美女戦士「ワンダーウーマン」役女優ガル・ガドットから日本のファンへメッセージ映像! クリス・パインも登場[動画あり](2017年4月14日)
2016年大ヒットした「スーサイド・スクワッド」で日本・世界中から圧倒的な支持を集めた“ハ ーレイ・クイン”を軽々抑え、「最も期待されるアメコミキャラクターの実写デビューランキ ング」で堂々No.1の...
映画「ワンダーウーマン」サントラが8月2日発売決定! シーアが歌うエンディング・テーマ収録[音源あり](2017年6月16日)
“ワンダーウーマン”が1人の少女から最強の美女戦士になるまでに隠されたストーリーを描く映画「ワンダーウーマン」が8月25日に日本公開となる。 女性スーパーヒーロー待望の実写映画化として熱い注目を集め...
リカちゃんが「ワンダーウーマン」に変身! 有名アーティストとのコラボも(2017年7月10日)
「スパイダーマン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」を超え[2017年、夏の大作で一番気になる作品ランキング]でNo.1の期待の本作。女性監督の興行収入歴代No.1を獲得し、空前の大ヒットとなっている「...
「ワンダーウーマン」とハローキティがまさかのコラボ! 超激レア前売り特典がお目見え(2017年6月15日)
「スパイダーマン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」を超え[2017 年、夏の大作で一番気になる作品ランキング*]で No.1 に輝き、全米で公開されると1億ドルを突破するオープニング成績ぶっちぎり N...
世界中で大ヒット中の映画「ワンダーウーマン」主演女優のギャラが安すぎ・・? だと話題に(2017年6月21日)
世界中で公開されるやいなや大ヒットとなっている映画「ワンダーウーマン」だが、主演のワンダーウーマン役を務めるガル・ガドットの出演料が安すぎるのではないかと話題になっている。 TMZによると、ガル・ガ...
映画「ワンダーウーマン」、ワールドプレミア開催! ガル・ガドット、クリス・パインら豪華キャスト登壇で2000人以上のファンを魅了(2017年5月29日)
「スパイダーマン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」を超え[2017年、夏の大作で一番気になる作品ランキング*]で堂々のNo.1 となった「ワンダーウーマン」(8/25 公開)。女性だけの島で育った好奇...
DCヒーロー集結映画「ジャスティス・リーグ」予告解禁! バットマン&ワンダーウーマンの“超人スカウト作戦”始動[動画あり](2017年6月27日)
元祖アメコミ界の超人チーム「ジャスティス・リーグ」が11月23日にいよいよ公開となる。同作の原作コミ ックは1960年に発表されて以降、現在も愛され続けており、あの「アベンジャーズ」よりも歴史のある究...
「ジャスティス・リーグ」個性豊かなメンバーの能力が明らかに! キャラクター紹介動画公開[動画あり](2017年7月12日)
元祖アメコミ界の超人チーム「ジャスティス・リーグ」が11月23日(木・祝)にいよいよ公開となる。 同作の原作コミックは1960年に発表されて以降、現在も愛され続けており、あの「アベンジャーズ」よりも...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。