海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」、日本の“お盆”がテーマに!? 監督らから日本にむけてのコメントも

2017年8月15日
「リメンバー・ミー」より「リメンバー・ミー」より
©2017 Disney/Pixar
「トイ・ストーリー」シリーズではおもちゃの世界を、「モンスターズ・インク」シリーズではモンスターの世界を描いてきたディズニー/ピクサー。その新たなる挑戦は、かつて誰も想像したことのない陽気でカラフルな“死者の世界”を舞台にした大冒険──。「リメンバー・ミー」。

本作の監督を務める「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチ監督らが日本のお盆の風習と、本作のテーマに密接なつながりがあることから、日本にむけてコメントを寄せ、物語の根幹となる、映画に込めた超重要なテーマの一部を明かす。

本作の主人公は、音楽が大好きなギターの天才少年ミゲル。しかし過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。大切な家族か、ミュージシャンになる夢を目指すか悩むミゲルは、名曲“リメンバー・ミー”を遺した伝説のミュージシャン:デラクルスの霊廟に飾られたギターを手に、先祖が家族に会いにくるという“死者の日”に開催される音楽コンテストに出る決意をする。

だが、そのギターを奏でたことで、ガイコツ姿の先祖たちが暮らす、“死者の国”に迷い込んでしまう。夢のように美しく、テーマパークのようにワクワクするこの世界で、祖母の祖母をはじめとする先祖たちのガイコツや憧れのデラクルスと出会うが、喜びもつかの間。早く元の世界に戻らないと大変なことに…。

そんなミゲルに手を差し伸べたのは、正体不明のガイコツ、ヘクター。陽気だけど孤独な彼は、生きているミゲルに“ある願い”を託すため、ミゲルが無事に帰還できる方法を一緒に探す。だが、いつしか二人はミゲルの一族に隠された驚くべき<秘密>の存在と、何世代にもわたる家族の強い絆に気づく。そして、すべての謎を解く鍵は、デラクルスの美しいバラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。

今年の3月に来日した、ディズニー/ピクサースタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジョン・ラセターは「みんなが集まり、祖先のことを思い出す日本の『お盆』という風習。私たちは、思い出を風化させないこと、家族の次の世代、またその次の世代へと思い出を生かし続けていくことが何より大切と考えます。本作ではまさにそのことがテーマとなっています。ある少年が彼の祖先のことを知り、そしてある秘密を知ってしまいます。『リメンバー・ミー』は、あなたの家族を称え祖先を称賛する、とてもエモーショナルで、日本の皆さんにとってもとても特別な作品になると思います」と思いを語っていた。

リー・アンクリッチ監督からも「興味深いのは、この映画の主な舞台は死者の国ではありますが、映画のテーマ自体は死ではなく、人生や家族、先祖を思い出す大切さ、そして彼らの思い出を賛美することにあります。これは世界中の人々が共感できるテーマだと思います。先祖について学び、思い出すことの重要性が映画の主要テーマとなっているのです」と物語の根幹となる超重要なテーマを明かす。さらに、ピクサー作品で初めて音楽が大きな役割を担うことにも注目だ。

まさに日本の“お盆”と同じく、祖先を思い出すテーマとなっていることについて、プロデューサーのダーラ・K・アンダーソンは、「世界中の様々な場所でどのように祖先を敬うかについてリサーチする中で、日本のお盆なども、先祖の人々の存在と彼らの偉業を重んじ、理解を示す大切な行事であることを学びました」と、本作を作る上でのリサーチにおいて日本のお盆も研究対象であったことを語っている。

本作は国境も文化も時代も越えて、誰にでもかけがえのないルーツがあり、家族や祖先たちの歴史がある。過去と今をつなぐ、無限の暖かさに満ちた映画のテーマは、どんな人の心にも寄り添うものであることから、世界中の人々の心の琴線に触れる、新たな傑作の誕生を期待できそうだ。

映画「リメンバー・ミー」は来年3月16日(金)全国公開。

監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ

製作:ダーラ・K・アンダーソン 製作総指揮:ジョン・ラセター
原題:COCO 全米公開:2017年11月22日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
disney.jp/Remember-me

【動画】「リメンバー・ミー」 予告編


©2017 Disney/Pixar
 
「カーズ/クロスロード」ブライアン・フィー監督にインタビュー! マックィーンが遂げる変化は、監督自身が親になった経験が基になっていた(2017年7月11日)
大人気シリーズ「カーズ」の最新作「カーズ/クロスロード」が、一足先に公開を迎えた全米で、2位を大きく引き離して1位の大ヒットスタートを切った。7月15日の日本公開を前に、本作を監督したブライアン・フィ...
「カーズ/クロスロード」に登場する“新車”がお目見え! 来日中のブライアン・フィー監督が映画の魅力を熱弁(2017年6月28日)
ディズニー/ピクサー最新作「カーズ/クロスロード」が、7月15日(土)より日本公開となる。それに先がけ、6月28日(水)、都内某所にて新車発表会見が行われた。 本作は6月16日より全米で公開し、ディ...
「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」カヤ・スコデラリオに来日インタビュー! 共演者が語る本物の“ジャック・スパロウ”のスゴさとは?(2017年6月22日)
シリーズ全世界総興行収入約43億ドル(BOXOFFICE MOJO調べ)を誇る、壮大なスケールとアクションで贈る史上空前のエンターテインメント「パイレーツ・オブ・カリビアン」の最新作「パイレーツ・オブ...
ジョニー・デップ来日! 「パイレーツ・オブ・カリビアン」プレミアの動画レポートを公開! ジョニデの上機嫌ぶりに会場大爆笑[動画あり](2017年6月21日)
大人気「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでジャック・スパロウ役を演じるジョニー・デップが来日。6月20日、都内で開催された最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」の夏祭りプレミアに、共...
「美女と野獣」名作曲家アラン・メンケン、来日インタビュー! ミュージカル初挑戦のエマ・ワトソンに求めたものとは?(2017年4月14日)
1991年に公開されて以降、26年間も世界中の人々から愛され続けてきた、ディズニー長編アニメーション映画「美女と野獣」がついに実写化。エマ・ワトソンを主演に迎え、4月21日(金)より日本で公開される。...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。