海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」 トーニャ・ハーディングの超コワい母を演じるアリソン・ジャネイの映像が解禁

2018年4月17日
「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
フィギュアスケート史上最⼤のスキャンダル<ナンシー・ケリガン襲撃事件>̶。この事件の渦中だった実在のフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの波乱万丈な半⽣を描いた話題作「アイ, トーニャ 史上最⼤のスキャンダル」が、5⽉4⽇(⾦・祝)よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショーする。

第90回アカデミー賞では主演⼥優賞、助演⼥優賞、編集賞の3部⾨にノミネートされ、⾒事助演⼥優賞(アリソン・ジャネイ)を受賞!第 75 回ゴールデングローブ賞での受賞に続き、トーニャの厳しい⺟親ラヴォナ・ハーディング役を圧巻の演技で披露したことで話題となっている。

本作は、アメリカ⼈⼥性初のトリプルアクセル成功者で2度のオリンピック代表選⼿”トーニャ・ハーディング”をフィーチャーした1本のドキュメンタリー番組から映画化プロジェ
クトが始まり、彼⼥の⽣いたちから、⼤きな影響を与えた⺟親をはじめとする特殊な⼈間関係、そして、衝撃事件から前代未聞の靴紐問題まで追求し、彼⼥の波乱万丈な半⽣を描いた物語。

主演のトーニャ・ハーディング役は「スーサイド・スクワッド」(16)ハーレイ・クイン役で⼀躍スターダムを駆け上がったマーゴット・ロビーが熱演。脚本に惚れ込み本作のプロデューサーにも名を連ねたマーゴット・ロビーは、トーニャ・ハーディングのスケーティングのみならず、⽅⾔や振る舞いを完全にコピーし、悪名⾼き伝説のフィギュアスケーターの真実を的確に伝えているとの評価を獲得。

また、トーニャの⺟・ラヴォナを演じたアリソン・ジャネイは、7度のエミー賞受賞歴を持ち、先⽇発表された第90回アカデミー賞、第75回ゴールデングローブ賞でも本作で助演⼥優賞を受賞した実⼒派。「あの娘は、どうせダメだって⾔わないと⼒を発揮しないんだ」と⾝勝⼿すぎる理念のもと、⾔葉と⾁体の暴⼒で娘をねじ伏せる⻤⺟を強烈な存在感をもっで怪演。ほか、トーニャの元夫・ジェフ・ギルーリー役には、「キャプテン・アメリカ」シリーズ(11・14・16)、「ブラック・パンサー」(18)、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(18)バッキー役でお馴染みのセバスチャン・スタンが担当。愛する者を暴⼒で⽀配する男の複雑な感情を⾒事なまでに表現する。

アメリカ人初めてのトリプルアクセル、オリンピック代表、そしてライバル襲撃事件からの転落—。彼女は世界中から愛され、一瞬にして世界中から憎まれたー。「私ひとりで成し遂げたわ(I did it all by myself )」と、ドヤ顔かつユーモラスなスピーチで話題になったのは、アカデミー賞・助演⼥優賞に選ばれたアリソン・ジャネイ。本作を観たトーニャ・ハーディングご本⼈より「あなた、⺟とそっくりだったわ」と⾔われたといい、そんなアカデミーが選んだ究極の⻤⺟、ラヴォナ・ハーディング役を熱演した【ネット炎上(間違いない!)】究極な⻤⺟しつけ映像が公開さえた。

練習中のトーニャに対して「やる気、あるの?私もクソ忙しいんだけど、それで完璧なつもりかい?」と声かけるラヴォナに対して「⼦供に暴⾔はやめて」と注意されても「関係ないだろ
う、クソ⼥」と返すラヴォナ。氷上では「その⼦と話すな。その⼦は敵だよ友達じゃない」と叱る姿も。「娘のために毎⽇容赦なく矯正した」と堂々とコメントする姿やトイレではブラシで叩きながらしつけをする場⾯に、⾃宅では「返事をしな」と怒りながら、トーニャが座っている椅⼦を⾜で倒したりするなど、教育と称しながら⽇常的に暴⾔と暴⼒を振る舞ったラヴォナの究極な⻤⺟しつけ映像だ。

【動画】「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」鬼母映像&予告


「セッション」(15)にて第87回アカデミー賞にて助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズが演じたスパルタでハラスメントなフレッチャー先⽣のʻ指導ʼに賛否の声が⾶びかっていましたが、あまりにも酷すぎる⻤⺟でありながらも、我が娘を2度のオリンピック代表に選ばれるアスリートに育てたラヴォナ。スポーツ界のパワハラ問題も徐々に明らかになっているこの時期、ラヴォナを⾒事に再現したアリソン・ジャネイの劇中・しつけ映像は波紋が広がること間違いない。

また、併せて未公開場⾯写真も解禁!劇中8〜12歳のチビトーニャを演じたのは、54万以上のフォロワー数を誇るほどインスタで話題沸騰中!「gifted/ギフテッド」(17)天才⼦役、マッケナ・グレイス。アリソン・ジャネイとのハーモニーもお楽しみに!氷上のプリンセスから犯罪者へ、⼈⽣の頂点からどん底へと突き落とされた彼⼥の想像を絶する⼈⽣は、悲しくもどこか愉快で、ワイルドでクレイジー。そんな、トーニャの半⽣がついに!明らかになる…?!

【STORY】
トーニャ・ハーディングによるフィギュアスケート界を揺るがした史上最⼤のスキャンダルーーー。オリンピック出場権を巡る、ライバル衝撃事件の真相を描く!貧しい家庭で、幼いころから暴⼒と罵倒の中で育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。天性の才能と努⼒でアメリカ⼈初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと⼆度のオリンピック代表選⼿となった。しかし、彼⼥の夫だったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友⼈がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、スケート⼈⽣は⼀変。転落が始まる。⼀度は栄光を掴み、アメリカ中から⼤きな期待を寄せられたトーニャ・ハーディングだったが、その後、彼⼥を待ち受けていたのは・・・・・・。フィギュアスケート史上最⼤といわれる衝撃的な事件の意外な真相と、彼⼥の波乱万丈な半⽣の物語。

「アイ,トーニャ 史上最⼤のスキャンダル」
出演:マーゴット・ロビー、セバスチャン・スタン、アリソン・ジャネイ、マッケナ・グレイス 他
監督:クレイグ・ギレスピー
脚本:スティーブン・ロジャース クレイグ・ギレスピー
編集:タチアナ・S・リーゲル
配給:ショウゲート
公式HP:tonya-movie.jp
© 2017 AI Film Entertainment LLC
 
マーゴット・ロビー、セバスチャン・スタン出演! フィギュアスケート史上、最もスキャンダラスな事件の真相とは?! 「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」予告編が解禁(2018年3月23日)
フィギュアスケート史上最大のスキャンダル—。この事件の渦中だった実在のフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの波乱万丈な半生を描いた話題作「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」の、本予告映...
マーゴット・ロビー主演最新作「アイ、トーニャ」来年夏公開決定! フィギュアスケート史上最大の事件描く(2017年12月13日)
フィギュアスケート史上最大の事件渦中にいた、フィギュアスケーター トーニャ・ハーディング。この度、彼女のスキャンダラスな半生を描いた話題作「アイ、トーニャ」(原題)がショウゲート配給にて2018年初夏...
エマ・ストーン最新作「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」、ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督5月末に来日決定(2018年4月9日)
「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン主演、アカデミー賞(R)受賞「スラムドック$ミリオネア」チームが再集結し話題を呼んでおります「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」が、7月6日(金)TOHOシネマズ シャン...
ゴールデン・グローブ賞受賞、アカデミー賞ノミネート! 映画「レディー・バード」 予告編が公開(2018年3月30日)
「ブルックリン」のシアーシャ・ローナンがピンクの髪とガーリーなファッションで、痛々しくも愛すべきティーンエイジャーを熱演し、「20 センチュリー・ウーマン」のグレタ・ガーウィグが念願の単独監督デビュー...
メリル・ストリープ✕トム・ハンクス2大オスカー俳優が初競演! アカデミー賞 作品賞・主演女優賞ノミネート「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」本編映像が公開(2018年3月28日)
2大オスカー俳優メリル・ストリープと、トム・ハンクスがスティーヴン・スピルバーグ作品でついに初競演を果たすとして大きな話題となっている、映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』。メリル・ストリープ...