海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

英出身大型新人バンド「ナッシング・バット・シーヴス」に、爆笑初インタビュー! バンド名の由来は、“ピザのトッピング泥棒”から!?

2015年8月27日
(左から)フィル、プライス、コナー、ジョー、ドム(左から)フィル、プライス、コナー、ジョー、ドム
8月15日、16日にわたって開催された、「サマーソニック2015」出演のため、初来日を果たした、イギリス出身の新人バンド「ナッシング・バット・シーヴス」にインタビュー。クールなステージとは裏腹に、強烈なキャラクターを披露してくれた。

「ナッシング・バット・シーヴス(Nothing But Thieves)」は、イギリス・サウスエンド出身の5人組バンド。コナー・メイソン(ボーカル)、ドム・クレイク(ギター)、ジョー・ラングリッジ=ブラウン(ギター)、フィル・ブレイク(ベース)、ジェームス・プライス(ドラム)らで構成されている。

2011年の結成から、紆余曲折を経て昨年、大手レコード会社RCAとのメジャー契約を獲得。今年10月には、バンド名を冠したデビューアルバムが、地元イギリスで発売される予定。国内盤も10月21日のリリースが決定したが、先んじて日本限定EP「Ban All The Music - EP」が、今年7月よりタワーレコードで独占発売中。さらにデビュー前ながら、サマソニ出演が決まる異例の事態となった。

平均年齢21.8歳(2015年8月時点)という若さながら、新人離れしたハイクオリティの楽曲や、バンドとしての技術、そして“天使の歌声”とすら称されるコナーのボーカルを武器に、異例の大躍進を遂げた彼らに、TVGrooveは単独インタビュー。ステージでは激しいサウンドで、観客を興奮の渦に巻き込んだ彼らだが、インタビューではのっけからドムの靴下の柄で爆笑するなど、大暴走。想像以上にはじけた「ナッシング・バット・シーヴス」の素顔に迫った。


Q.みなさんにとって、今回が初来日とのことですが、日本の印象はいかがですか?

ドム「いままで行ったことがある中で、一番アメージングな場所だよ。ヨーロッパやアメリカ、あちこち旅したけれど他のどことも違う。日本は本当に最高だ。他の国とは全然違う。ちょっとおかしなところもあるけど」

コナー「(日本の)トイレみたいにね」

ドム「日本のトイレ! こいつは…!(爆笑)」

ジョー「宇宙みたいだよね」

ドム「本当に宇宙みたい! 未来みたいなんだよ!(笑) ホテルの部屋で、コナーがトイレに入ったら、悲鳴が聞こえたんだ。“大丈夫か!? しゃべれないのか!?”って」

コナー「ストップ!(笑)」

ドム「聞こえたのは、“超熱い!”ってことだけ(爆笑)」

~ 一同爆笑 ~

コナー「いや、(日本のトイレは)最高だよ。日本のみんなは、いつも礼儀正しく、歓迎してくれるよね。地元に戻れば、ひどい顔で対応されて、レストランじゃディナーが放り出されるんだ」

ドム「これまで体験した全部に満足してる。すごくたくさんあるんだ」

コナー「みんな、最高だよ!」

ジョー「なんたって、日本の観客は最高だね。ショーの観客が最高だった。みんなとっても上品だ」

ドム「そうだね、ファンもすごくいいよ。みんな礼儀正しい。ときどき気づかれるんだけど、おかしな気分だよ。イギリスじゃそんなにないからさ」

【日本のトイレについて嘆く、コナーのツイート】




Q.サマーソニックのステージでは、日本で初となるパフォーマンスを行いましたが、観客の印象は?

ドム「予想を裏切られたよ!」

ジョー「そうだね! ぼくらはほとんどの曲を、ドムの家のガレージで書いたんだ」

ドム「(インタビューを行った部屋を差し)こんな広さのね!」

ジョー「ガレージで生まれた曲を聞いてくれる人々を見て、違う世界に来ちゃったような気持ちになったよ」

コナー「日本の観客は……クレイジーでアメージングだ! すごく曲に入り込んでくれる、すごくね。手を叩いけば、ずっと続けてくれる。普通、イギリスじゃやりすぎちゃう」

ジョー「エネルギーを込めると、戻ってくるんだよ」




――曲の途中で、「携帯で照らして!」という演出もありましたね

コナー「日本語でなんて言うかわからなくて(笑) 最初はちょっとおもしろかったんだ(笑) (手を挙げて)携帯を持っていたら照らして!って言ったんだけど、みんな手を挙げて歓声をあげちゃって(笑)」

ジョー「笑っちゃったよね。でも最高だよ」

ドン「おかしかったよ。コナーがステージから英語でしゃべるたび、みんなどうするかなって。最高だよ」

――ステージから見てどうでしたか?

ドン「最高の景色だよ! みんなにも見せてあげたい! 今度はぼくらがステージ上でやって、みんなにも同じ景色を見せてあげたいね!」


仲のいいメンバーたち仲のいいメンバーたち



Q.バンドを結成した経緯を教えてください

ジョー「コナーとぼくは、もう10年くらい一緒にバンドをやってるんだ」

コナー「同じ学校に通っていたんだよね」

ジョー「そう、ファンクバンドだったんだよ」

ドム「ジョーが大学へ行っている間に、ぼくとコナーは音楽を学ぶための学校で出会った。フィルはぼくのいとこ。プライス(ジェームズのこと)は他のバンドでドラムを担当してたけど、ぼくらにはドラマーが必要だった」

ジョー「プライスには自分のバンドがあったけど、ぼくらをサポートしてくれた」

ドム「実は掛け持ちしてたんだよ! ぼくらにはドラマーが必要だったから、相手には申し訳ないけどね」


Q.「ナッシング・バット・シーヴス」という、ユニークなバンド名の由来は?

ドン「毎回変わるんだ! (由来は)誰にも教えないんだよ。おもしろいことに……」

ジョー「(次いで)どんなインタビューでも聞かれる質問なんだけどね(笑)」

~ 一同爆笑 ~

ドム「毎回変えてるんだよ。今日はお気に入りのやつにするよ。ジョーは前にピザの配達人をしていたんだけど、ぼくらには友だちがいるんだ。キッシュっていう。彼は昔、ジョーと一緒にピザを配達していた」

ジョー「この話だと、ぼくに友だちが必要なんだな」

ドム「やつはピザからトッピングを盗んでいたんだ! キッシュはペパロニを食べていた。そしてぼくは、あいつは“泥棒以外の何でもない”(=ナッシング・バット・シーヴス)だなって」

コナー「最高だね」

ドム「これが由来さ!(笑) 事実じゃないけど、みんなにそう言ってるんだ(笑)」

ジョー「キッシュってやつがトッピングを盗んでいたんだよ!(笑)」


――オチもついたところで、ファンへメッセージをお願いします

コナー「ハロー、ジャパニーズ・ファン! 個々のみんなは知らないけど、サマソニの2日間でみんなと出会えてよかった。みんながぼくらの曲やら何やらを、楽しんでくれればいいなって思う」

ジョー「すぐに戻ってくるよ」

ドム「超すぐね!」

コナー「ぼくらはいつでも、“泥棒以外の何でもない”(=ナッシング・バット・シーヴス)だよ!」

~ 一同爆笑 ~

笑いの絶えない様子は、ぜひ動画にてご確認を!笑いの絶えない様子は、ぜひ動画にてご確認を!



【リリース情報】

●デビュー・アルバム「ナッシング・バット・シーヴス」

日本盤10月21日(水)発売

[トラックリスト]
1. エクスキューズ・ミー
2. ウェイク・アップ・コール
3. バン・オール・ザ・ミュージック
4. イッチ
5. イフ・アイ・ゲット・ハイ
6. グレイヴヤード・ホイッスリング
7. ホステージ
8. トリップ・スイッチ
9. ラヴァー、プリーズ・ステイ
10. ドローイング・ピンズ
11. ペインキラー
12. テンプト・ユー(エヴォケイション)
13. ハニー・ウィスキー
14. ハンギング
15. ネオン・ブラザー
16. シックス・ビリオン
※ボーナス・トラック追加収録予定

●日本限定タワーレコード独占EP
「バン・オール・ザ・ミュージック – EP」
全国のタワーレコード店舗及びTOWER mini、タワーオンラインで発売中
価格:¥1,000 +税

[トラックリスト]
1. バン・オール・ザ・ミュージック
2. ハンギング
3. グレイヴヤード・ホイッスリング
4. ラスト・オーダーズ
5. イッチ(Live)
6. エマージェンシー (Live)
7. グレイヴヤード・ホイッスリング (Live)


【デジタル・リリース情報】

デビュー・アルバム「ナッシング・バット・シーヴス」iTunes予約注文受付中!

デラックス盤の予約注文で、「ウェイク・アップ・コール」「バン・オール・ザ・ミュージック」「イッチ」「グレイヴヤード・ホイッスリング」「トリップ・スイッチ」「ハニー・ウィスキー」の6曲が即入手可能!

デビュー・アルバム「ナッシング・バット・シーヴス」予約注文はこちら→
【デラックス】https://itunes.apple.com/jp/album/nothing-but-thieves/id1026420190?app=itunes&ls=1
【スタンダード】https://itunes.apple.com/jp/album/nothing-but-thieves/id1016210720?app=itunes&ls=1

※iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。


【プロフィール】

UK/サウスエンド出身、平均年齢21.8歳、コナー(Vo)、ドム(ギター)、ジョー(ギター)、フィル(ベース)、ジェームス(ドラム)の5人によるロック・バンド=ナッシング・バット・シーヴス。高校で出会ったコナー、ドム、ジョーが2011にバンドを結成し、後にフィルとジェームスが加入し、今の編成に。Drive-Thru Records (ニュー・ファウンド・グローリー、アリスターなど)の代表リチャード&ステファニー・レインズに見出され、本格的にバンドとしての活動を開始する。バンドとしてのサウンドを確立するために渡米し、LAやNY、ナッシュヴィルなどで様々なプロデューサーがソングライターと出会い、バンドの方向性を探すと共に、ソングライティング力を磨く。2014年、晴れてRCAとのメジャー契約を獲得。

これまでアーケイド・ファイア、ジェイク・バグ、ジェラルド・ウェイのサポート・アクトなどを務めたほか、T In The ParkやThe Great Escapeなどの大型フェスに出演し、今年の8月には遂にUKの中でも最も規模の大きいフェスの一つでもあるレディング&リーズ・フェスティバルへの出演も大決定。更にその高まる期待感は海を越え、アルバム・デビュー前にしてサマーソニック2015への出演も早くも決定している。

フー・ファイターズ、カサビアン、ミューズ、ジェフ・バックリイなどから影響を受けているという彼らの魅力は、何よりも新人離れした、卓越したソングライティング能力。ドラマティックさと静寂のコントラストをダイナミックに描く楽曲と、“天使の歌声”とも称されるヴォーカル/コナーの唯一無二のヴォーカルも、ロック・ファンを魅了しているポイントだ。
今年7月には日本限定タワーレコード独占EP「バン・オール・ザ・ミュージック – EP」をリリースし、8月にはサマーソニック2015への出演で初来日。新人という枠を大きく越えたそのパフォーマンスで、日本でも一気に注目度が上昇中。デビュー・アルバム「ナッシング・バット・シーヴス」は10月21日発売。

【動画】「ウェイク・アップ・コール」MV


サマソニでのライヴが話題騒然! 破格の新人バンド=ナッシング・バット・シーヴス、デビュー・アルバム日本盤10/21発売決定(2015年8月27日)
平均年齢21歳、UK 発破格の大型新人バンド=ナッシング・バット・シーヴス。これ...
サマソニ2015出演、UK 発破格の大型新人バンド=ナッシング・バット・シーヴス、インストア・イベント決定! さらに日本限定EP発売(2015年7月8日)
平均年齢21歳、今年デビュー・アルバムの発売を予定しているUK 発破格の大型新人...