海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

新世代ガール・ポップ・アイコン フォクシーズにインタビュー! POPSPRING出演に、「フェス+日本、好きなものが合体するなんて夢みたい」

2016年4月5日
フォクシーズ (c)TVGroove.comフォクシーズ (c)TVGroove.com
イギリス生まれの新世代ガール・ポップ・アイコン、フォクシーズ(26)が、最新アルバム「オール・アイ・ニード」を引っさげて来日。国内最大級のポップ・ミュージック・フェス「POPSPRING」出演前に、インタビューに応じてくれた。

フォクシーズは、英サウサンプトン出身のシンガー・ソングライター。2012年にインディー・レーベル“ネオン・ゴールド”より、デビューシングル「ユース」をリリース。これがいきなり人気ドラマ「ゴシップガール」に起用された。さらにデビュー作をきっかけに実現した、人気DJのゼッドとのコラボレーションシングル「クラリティ」で大ブレイク。音楽のみならず、ファッションアイコンとしても大きく注目されている。

今年2月にセカンドアルバム「オール・アイ・ニード」をリリースした彼女は、本作を引っさげ2014年9月ぶりに来日。TVGrooveのインタビューでは、本作について、そして日本ではじめてフェスに参加する心境などを語ってくれた。





――2014年9月以来、およそ1年半ぶりの来日となりますが、いかがですか?

「すごくワクワクしているわ。実はずっと日本が恋しかったの。だから戻ってこられて興奮しているわ。日本が本当に大好きなの。日本のファンが好きだし、この国で感じるエネルギーも好き。セカンドアルバムをリリースしたんだけど、この作品は私の進化や成長を感じさせてくれる作品。この1年半は、すごくすごく忙しかったの。イギリスで自分史上、最大のツアーもやったしね。ファンと会って最高の体験をした。エキサイティングよ。すごく忙しい1年半だったの!」


――セカンドアルバム「オール・アイ・ニード」はどんな作品ですか?

「このアルバムは、すごくエモーショナルな作品なの。私はいつも個人的な経験を反映させて曲を書くんだけど、曲作りは一種のセラピーでもあるの。前へ進むためのね。このアルバムは、傷つきやすさを扱ったものではあるけれど、私は同じように楽しさや、強さも表現したかった。このアルバムに入っている曲のほとんどが、傷心ソングに聞こえるかもしれないけれど、本当のところは、もっと強さや自分自身の解放がテーマになっているの。中には失恋アルバムだという意見もあるかもしれないけど、違うわ。私自身は悲しい、失恋アルバムだなんて思っていなくて、恋愛関係にインスパイアされ、前へ進むことをテーマにしている作品よ」



――実際に作品を聞いてみると、傷ついた女性が立ち上がるまでを歌った楽曲が多いように思いました。落ち込んだときはどうすればいい、というアドバイスはありますか?

「こうよ!とは言えないわね。ただ痛みは人生を歩んでいく上で、重要なものだとは思ってる。だって痛みがあなたを形作り、強くしてくれるのよ。物事の悪い面を知らなくちゃ、いい面は見えてこないわ。何かを乗り越えるには、困難に立ち向かうことが大切よ。それがあなたを成長させてくれる。それがあなたを作り上げるの。私は自分の経験を悔やんだりしないわ。どんな感情も大切なの。たとえそれがつらいものでもね」


――今回の「POPSPRING」で、日本のフェスに初出演する意気込みは?

「めちゃくちゃワクワクしているの! フェスって楽しいし、自由な空気が流れているから大好き。日本も大好きで、私の好きなモノが合体して、夢がかなったみたいなの! 他の出演者のパフォーマンスを観るのも楽しみよ」




【共演のカーリー・レイ・ジェプセンと】

Piggy back on request

Louisa Rose Allenさん(@iamfoxes)が投稿した写真 -





――昨年6月にはH&Mと組んで、「H&M LOVES MUSIC」としてコラボレーションコレクションを発表しましたが、これはどんな体験でしたか?

「元々H&Mは大好きなブランドだったの。最初に話をもらったときは、信じられなかったわ。“ワーオ、なんで!?”って感じで(笑) 一緒に組めたことは、素敵なことだったし、楽しかった。撮影は最高の体験だった。私は音楽ばっかりで、これまでモデルなんてやったことなかったの。私は自分のことをミュージシャンだととらえているから、モデルなんて考えたこともなかったのよ。一生懸命、ベストを尽くしてポーズをとったわよ!(笑) でもとても楽しくて、個人的に気に入るような服ばかりだった。H&Mは私のスタイルからヒントを得たって言っていたわ。グレートな経験だった」













――今日もとてもおしゃれな格好ですが、ポイントは?

「男の子みたいでしょ? 快適な格好が好きなの。普段はスタジオ入りを基準に考えているわ。あんまりガーリー派じゃないの。ガーリーなスタイルも好きなんだけど、もっとやんちゃな感じ。今日もそんな感じよ」




――日本では春は旅立ちの季節とされています。夢をかなえて歌手として活躍されているフォクシーズさんから、新しい世界へ踏み出すファンへ送りたいメッセージは?

「エキサイティングよね。私はこういう季節って好きよ。素敵じゃない? 私は新しい世界へ飛び込むことを、そんなに心配しないでって伝えたいわ。慣れ親しんだ環境を離れることは、難しいとは思う。でも同時にエキサイティングよ。ワクワクするべきだし、自分に自信を持つべきだと思う。たくさんのことを学べるわ。あんまり不安がらないで。心配は良くないもの!」


――読者へのメッセージをお願いします

「TVGrooveをご覧のみなさん、フォクシーズよ! 最大級のご挨拶と、愛をみんなへ。私のアルバムを買ってくれた方々にもお礼を。楽しんでもらえていたらうれしいわ。愛とキスを贈るわ!」


(インタビュー、終わり)





【動画】「アメイジング」MV


【リリース情報】

フォクシーズ セカンド・アルバム「オール・アイ・ニード」
発売中!

[日本盤CD]

SICP-4562
2,200円+税
日本盤ボーナス・トラック4曲収録(全20曲)

[配信]
iTunes購入リンク(デラックス・バージョン/全16曲)
https://itunes.apple.com/jp/album/id1019553218?app=itunes&ls=1
※iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です

【バイオグラフィー】
本名ルイザ・ローズ・アレン、UKサウサンプトン出身のシンガー・ソングライター。幼い頃からパフォーマーになることを夢見ていた彼女は、学校を卒業後ロンドンで音楽学校に通う。その後、ロンドンのカフェやバーで“オープン・マイク・イベント(一般のお客さんが自ら立候補して自由にパフォーマンスができるイベント)などに出演しながら、ライヴ活動を開始。本名がリリー・アレンに似ているという理由で、ステージ・ネームを考えていたところ、母親から「キツネが走っている夢を見て、その神秘的な泣き声がルイザの音楽に似ていると思った」というエピソードから、フォクシーズという名前で音楽活動を行っていた。2012年に、インディー・レーベル、ネオン・ゴールドよりデビュー・シングル「ユース」をリリース。この曲と、B面「ホーム」の二曲が、米人気ドラマ『ゴシップ・ガール』にて起用され、フォクシーズの名前はアメリカのインディー界でも一気に広まった。その後、「ユース」を聴いたというドイツ出身のDJ・プロデューサー=ゼッドが、自身の曲「クラリティ」でヴォーカルとしてフィーチャーしたいと、フォクシーズにオファー。その後「クラリティ」は米ビルボード・チャート8位、ダンス/クラブ・チャートで1位を獲得し、第56回グラミー賞では最優秀ダンス・レコーディング賞を獲得するなどの大ヒットを遂げる。その他にもフォール・アウト・ボーイ「ジャスト・ワン・イエスタデイ」と、ルディメンタル「ライト・ヒア」にもフィーチャリング参加し、一気に注目を集める。2013年にEPIC UKより「ユース」を再リリースし、メジャー・デビュー。同曲は米ビルボード・ダンス/クラブ・チャートでは1位、リミックス入りのバンドルはUKのiTunesアルバムチャートでも1位を獲得。デビュー・アルバム『グロリアス』を2014年5月にリリースし、翌月には日本のファンの呼びかけにより初来日が実現。同年9月には日本デビューも果たし、初単独来日公演が大盛況のうちに終了。過去にはグラストンベリー、ワイアレス、Vフェスティバル、アイル・オブ・ホワイトなど、UKの大型フェスティバルへも軒並み出演し、2014年秋にはファレル・ウィリアムスのヨーロッパ・ツアーにサポート・アクトとして参加。2015年6月に発売されたジョルジオ・モロダー30年振りアルバム『デジャヴ』にもゲスト参加している。また、そのスポーティー&ハイ・ファッションをミックスされる独自のスタイルはファッション界からも注目され、2015年夏にはH&Mの”H&M LOVES MUSIC”とコラボ・ラインを発表。2016年2月には待望のセカンド・アルバム『オール・アイ・ニード』をリリース。ダン・スミス(バスティル)、グレッグ・カースティンなど、錚々たるソングライター/プロデューサー陣との共作曲も含め、デビュー時より大幅にステップアップしたプロダクションと、少し大人になった歌詞が最大の聞きどころのポップ・アルバムに仕上がっている。
同年4月、「POPSPRING2016」に出演、2度目の来日を果たした。
 
MTV、4/2に開催されたポップ・ミュージックの祭典「POPSPRING」の模様を独占オンエア(2016年4月4日)
4月2日(土)に幕張メッセで開催された、日本最大級のポップミュージックフェス「P...
【レポート】新世代ポップ・アイコン=フォクシーズ、「POPSPRING 2016」で大躍進のライヴ披露! 本人動画コメントも到着(2016年4月4日)
2014年にアルバム「グロリアス」でデビューし、その唯一無二の歌声、独特な世界観...
フォクシーズがH&Mとのコラボ・コレクションを発表! 最新MVが特設サイトで独占公開中(2015年7月24日)
今やEDMアンセムとして知られるゼッドの「クラリティ」でヴォーカルを担当し、同曲...
キュートな英実力派ポップシンガー、フォクシーズ来日インタビュー動画 日本が大好きな彼女の今後の予定は?(2014年9月19日)
デビュー前にグラミー賞を受賞し、大きな話題をさらったフォクシーズ(FOXES)が...
英実力派ポップシンガー、フォクシーズ来日インタビュー[前編]「日本は何もかも最高!」(2014年9月12日)
イギリス出身のポップ・シンガー、フォクシーズが、デビューアルバム「グロリアス」の...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
English