海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

「CSI:マイアミ」デヴィッド・カルーソ来日記者会見

2007年12月18日
初来日を果たした「CSI:マイアミ」ホレイショ捜査官役デヴィッド・カルーソ初来日を果たした「CSI:マイアミ」ホレイショ捜査官役デヴィッド・カルーソ
「CSI:マイアミ」ホレイショ・ケイン捜査官役デヴィッド・カルーソの来日記者会見が12月18日都内で行われた。

今回初来日を果たしたデヴィッドは、「こんにちは。日本はとても大切な国。日本のファンを抱きしめたい気持ちです。」とまずあいさつ。終始、なごやかな様子で会見の受け答えをした。

(右写真:ゲストの叶姉妹と一緒のデヴィッド・カルーソ)


会見の主な内容は以下の通り。


質問:「CSI:マイアミ」と他のCSIシリーズとの違いは?

「CSI:マイアミ」がスタートするときは、「CSI:科学捜査班」がすでに全米ナンバー1のドラマだったことはとても恵まれていましたが、われわれのチャレンジは、いかに「マイアミ」を差別化して特徴を出すことができるかということでした。

幸運なことにマイアミという都市がとても美しくて魅力的な都市で、たまたま僕はそこの住民でもあったので、マイアミの色、特徴、すばらしさなどをぜひお伝えしなければならないと思ってました。

また、マイアミは国際的で、情熱的で、またとても洗練されたかっこよい都市でもありますので、そういうところも見せたいと思っています。


質問: すでにこの役を5年以上もやっていらっしゃいますが、気をつけていることなどありますか?

番組では個々のキャラクターをどんどん深く掘り下げて私生活にまで明らかにしていきます。アメリカでは今シーズン6を放送していますが、ホレイショは人生のさまざまな転機を迎えていくんです。結婚したり、隠れ子が発覚したりと、どんどん複雑化していきます。


質問: ご自身とホレイショは違いますか?

僕とホレイショとはまったく違うよ。ホレイショはロールモデルで僕も尊敬しています。この役をやっていてよかったと思うのは彼みたいになりたいなという気持ちが持てることですね。勇敢で沈着で、大切な人のために犠牲を払ってでも助ける。娘の父として家庭のパートナーとしてそのようになりたいと思っています。


質問: (ダン・クーパーの吹き替えをしている横尾博之さんから)
ドラマの中でダンとなかなか目を合わそうとしてくれませんが、もしかして撮影現場でいじめているのですか?


ホレイショはアイコンタクトをツールとして使っているんです。見るとき、見ないときをコントロールしています。あやしい相手に対しては目で支配して何も言わせないというような使い方をします。


質問: (ホレイショ・ケインの吹き替えをしている石塚 運昇さん(写真右)から)
エレベーターから出てくるときにあるポーズをされてますが、ご自分のアイデアですか?


ああいう体のジェスチャーというのはホレイショのいわばトレードマークのようなもので、僕が描く彼のキャラクターをあらわすものとして、時々そういうしぐさをするんだと思います。エレベーターの中というのは常に彼が何か考えているところで、状況を分析するために静止したり、または何かしらそういうジェスチャーをしたりするので、それをご覧になったんだと思います。


質問: 今後どれだけ「CSI:マイアミ」を続けるのですか?

海外の視聴者との関係がとても大事になってきていて、それによってアメリカ国内の放送も左右されるほどです。なので、今回の来日はとても重要で、「CSI:マイアミ」がどういう番組であるべきなのか、ということがよりはっきりとわかるからです。もし機会があれば東京でも「CSI:マイアミ」を撮ってみたいですね。ここはこの番組にはパーフェクトな都市だと思います。

-------------------------------------------------

この後、「CSI:マイアミ」のファンである叶姉妹が登場し、デヴィッドと楽しいトークを繰り広げた後、会見は終了。その後、プレミア試写会が開催された。


(取材・文:清水 裕一)
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。