海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

ブライス・ダラス・ハワードが、「ジュラシック・ワールド」で生き延びる秘訣を伝授! 「とにかく走って、絶対に○○はしちゃダメ」 来日インタビュー

2018年7月3日
ブライス・ダラス・ハワードブライス・ダラス・ハワード
Photo:Kazuhiko Okuno
この夏の注目作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」が、いよいよ7月13日から公開される。前作に引き続き、クレア役を演じるブライス・ダラス・ハワード(37)が、TVGrooveのインタビューに応じてくれた。

ブライス・ダラス・ハワードの来日は、前作プロモーションのために訪れた3年ぶり、三度目。彼女が演じるクレアは、テーマパークの運営責任者から、今作では恐竜保護活動家に転身。火山の噴火により、再び絶滅の危機を迎えた恐竜たちを、オーウェン(クリス・プラット演)とともに救い出すべく奮闘することとなる。

インタビューの場に現れたブライスは、ニッコリ笑顔で「よろしくね」とご挨拶。気取らない様子で、時にはよく響く声で爆笑しつつ、リラックスした雰囲気で話をしてくれた。


――ご自身が演じられるクレアは、前作における「恐竜は商売道具」という立場から、今作では恐竜の保護活動家へ転身しました。今作までの空白期間に、何があったのでしょうか? また、オーウェンとは別れてしまい、ふたりの間に何があったのかが気になります。

ブライス: そうでしょうとも!(笑) もちろん気になるわよね。クリスとは、ふたりの間に何があったのか、本当によくよく話し合ったの。「ジュラシック・ワールド」のあと、おそらく多額の保険金を受け取ったわ。このときは付き合っていたけど、道が分かれて破局にいたったの。彼は受け取ったお金で、森の中で山小屋生活をスタートさせた。一方でクレアは恐竜保護活動を始めたの。それはパークを運営していた、彼ら(=恐竜)の創造者としての責任感からよ。
オーウェンとクレアにとってキーになっているのは、ふたりの再会シーンだと思う。お互い自分が相手を振ったと主張し合う場面ね(笑)。あれってつまり、まだ別れてないってことじゃないの?(笑)
なんだかんだと、まだ気持ちは通じあっているのよ。ただ意見は食い違ってしまったから、破局状態にあるのね。

クリス・プラット演じるオーウェンとの関係にも注目クリス・プラット演じるオーウェンとの関係にも注目
© Universal Pictures



――キャリアを通じ、他の役者が演じたキャラクターを引き継ぐ機会が何度かありましたね。今回は自分で演じたキャラクターを再び演じることになりましたが、前者と後者における差は?

ブライス: その通り、いい質問ね。他の誰かが演じたキャラクターを参考にするわけではなく、自分で生み出さなくちゃいけないわ。私にとってクレアを再び演じることは、挑戦だった。いい意味での挑戦よ。
クレアは前作から大きく変化した。嫌な感じの重役から、アクティビストになった。ほとんど別人みたいに変化した“同じ人間”をどう演じるのか。鍵になったのはオーウェンへの思いよ。彼女の中で、それはずっと変わらないものなの。

ブライス・ダラス・ハワード演じる、クレア・ディアリングブライス・ダラス・ハワード演じる、クレア・ディアリング
Jaimie Trueblood


(原点である「ジュラシック・パーク」にてローラ・ダーンが演じたエリー・サトラー博士を参考にしたところはありますか?)

ブライス: ふたりの共通点って、女性ってところだけじゃない?(笑)
クレアは科学者じゃないし、彼女はパークを運営する役員、一作目でいえば、弁護士(ドナルド・ジェナーロ、マーティン・フェレロ演)の方が近いと思う。だって最初に彼女を観たとき、「こいつは悪役で、恐竜に食われるな」って思ったでしょ?(笑)
でも物語を通じて彼女は人々を危機から救い、大きく変化した。今回の物語では別人よ。三部作の第二章にして、ようやく本当のクレアが現れたの。



――前作に比べ、「炎の王国」にはあくどいキャラクターが数多く登場します。そのことで鑑賞後に考えさせられることも多くありました。あなたが作品を通じて伝えたいメッセージはどんなものですか?

ブライス: マイケル・クライトンによる原作小説「ジュラシック・パーク」は、警鐘を鳴らす訓話だった。「ジュラシック・ワールド」にしても「ジュラシック・ワールド/炎の王国」にしても、彼の警告が実現してしまったという内容なの。自分たちは不可能な選択を迫られている状態にある。みんなが敗者、どっちを選んでもどうにもならないlose-loseの関係に陥ってしまったのね。
物語の中のキャラクターたちは、テクノロジーのもたらした結果と向き合わなくちゃいけない。それはつまり、何度も繰り返されたように、イノベーションは欲望ではなく、人間性に基づくべきで、より大きな未来を描いた上で進歩しなくてはということよ。それは私たちの世界にも根差した問題だと思う。私たちの世界も、ものすごい速さで進歩しているんだから。

この少女の正体は?この少女の正体は?
Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.


私自身の意見としては、遺伝子操作のような技術も喜んで受け入れるわ。ただ、「なぜ」「どうして」と常に問いかけ続けなくちゃ。目的をハッキリさせて、人間性を大切にする必要があるでしょうね。技術の進歩には賛成だけど、同時にモラルや人間性を大切にしなくちゃ。賢明でいなくてはね。


――J・A・バヨナ監督は、撮影に音楽を使うそうですね。実際のエピソードは?

ブライス: 監督は自分の携帯電話に音楽を入れていて、それをサウンドシステムにつないで撮影の助けにするのよ。リハーサルのときは、そのシーンの雰囲気やトーンをつかむ参考になるわ。台詞のない場面では音を収録しないから、感情を表現するのに音楽が一役かうの。そのシーンの個性が音楽を通じて明確になる。
恐竜の鳴き声や足跡をかけるときもあるのよ。予想できないタイミングでかけられて、つい飛び上がっちゃったことも。その場面が映画に使われることもあったわ。もちろん、ジョン・ウィリアムズのテーマ曲を使うこともあったわね。


――あるシーンで、シャツの袖が長袖からタンクトップになっていませんでしたか?

ブライス: ミスに気がついたわね?(笑) 本当なら私が着ていたのは長袖のTシャツだったの、その上にシャツを羽織っていたわ。ただハワイでの撮影時に、暑すぎないように(インナーの)袖をカットしたのよ。

このときは確かに長袖このときは確かに長袖
Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.


ところが丘から駆け降りてくるシーンで、シャツがぺらっとめくれたときに、インナーTシャツに袖がないのが見えちゃったの! 撮影時に、これ直さなきゃねって言ったのよ。なのに予算を恐竜に注ぎ込んで放置したの! あのシーンは私もすごく気になるし、観るたび「あーっ!」ってイラつくの(笑)


――シャツはともあれ、足元も前回から変化しましたね。前作ではヒールでジャングルを駆け回っていましたが、今回はブーツに。この変化は象徴的にも思えますが、ご自身の意見はどれほど反映されているのでしょうか?

ブライス: 自分の衣装に関することについては、100パーセント決定権をもらっていた。前作からずっとね。あなたの意見は正しいわ。靴はクレアにとってメタファーでもあるの。彼女は今回、ようやくバランスがとれるようになって、人間味を取り戻し、文字通り“地に足のついた”人物になったのね。今作で履いていたトラッキングシューズは、まさしく彼女の身に起きたことの象徴よ。


――たとえハイヒールでジャングルを駆け回る羽目になっても、生き残れる秘訣は?

ブライス: どうやってこんな危機的状況で生き残るか? とにかく走って!(笑) 絶対によ。もしハイヒールをはいていたら、爪先に重心を入れなさい。そうしないとヒールが泥に埋まって、にっちもさっちもいかなくなって命を落とすわ。


(インタビュー、終わり)

Photo:Kazuhiko Okuno



■公開情報:
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
7月13日(金)全国超拡大ロードショー!



ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。
そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

■製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
■製作: フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
■キャラクター原案: マイケル・クライトン
■脚本: デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
■監督: J・A・バヨナ
■キャスト: クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、
ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム 
■公式サイト: http://www.jurassicworld.jp/ コピーライト: © Universal Pictures
 
映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」クリス・プラット&ブライス・ダラス・ハワードがUSJにサプライズ登場! 肉食恐竜たちも登場し、話題になったあのシーンを再現(2018年6月29日)
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の日本公開を記念して、クリス・プラット(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』以来、2 年連続2 度目)、ブライス・ダラス・ハワード(『ジュラシック・...
ブライス・ダラス・ハワード、「ジュラシック・ワールド」新作の撮影が過酷すぎて気絶! 「怖すぎてクレイジー」(2018年6月18日)
女優ブライス・ダラス・ハワード(37)が、最新出演作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」撮影の過酷ぶりを暴露。「気絶する羽目になった」と、その恐ろしさを語った。 2015年公開の前作に続き、クレア役...
「ジュラシック・パーク」の美少女レックスを覚えている? 25年経ってパークを訪れた、38歳の姿が話題に(2018年6月25日)
1993年の映画「ジュラシック・パーク」に登場した、レックスお姉ちゃんのことを覚えている? コンピューターに強い美少女を演じたアリアナ・リチャーズは現在38歳、その姿が話題だ。 「ジュラシック・パー...
映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」では萌えキャラ恐竜ブルーがさらに大活躍!? 主人公と絆を深め合う特別映像が公開(2018年4月17日)
“恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した「ジュラシック・パーク」シリーズ...
【動画】「ジュラシック・ワールド」来日記者会見(2015年7月13日)
8月5日(水)より公開される映画「ジュラシック・ワールド」のプロモーションのため、本作に出演しているブライス・ダラス・ハワード、ニック・ロビンソン、タイ・シンプキンス、そしてコリン・トレボロウ監督が来...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。