海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

ケヴィン・ベーコン主演最新海外ドラマ「ザ・フォロイング」声優 山路和弘、東地宏樹インタビュー 「誰もが持つ心の奥深い心理を描くドラマですね」

2013年6月24日
(左から)山路和弘、東地宏樹(左から)山路和弘、東地宏樹
人気スター、ケヴィン・ベーコンがTVドラマシリーズ初主演作として話題を集めている海外ドラマ「ザ・フォロイング」が7月9日よりWOWOWにて放送スタートする。放送に先がけ6月8日、ケヴィン・ベーコン演じるライアン・ハーディ元FBI捜査官の声を担当している山路和弘さんとジェームズ・ピュアフォイ演じる凶悪犯ジョー・キャロルの声を担当している東地宏樹さんに都内スタジオにてインタビューを実施した。

「ザ・フォロイング」は、死刑執行直前に脱走した連続殺人鬼とそのカルト集団を追う元FBI捜査官のスリリング満載のサイコ・クライム・サスペンス。今年1月より米FOXにて放送され、第1話はネット配信も併せて2034万人が視聴するなど好調なスタートを果たす。すでに第2シーズンの制作も決まっている大ヒットドラマだ。

「アポロ13」「フットルース」などの出演で知られるスター、ケヴィン・ベーコンが主演を務め、「スクリーム」シリーズの脚本家ケヴィン・ウィリアムソンが企画・製作総指揮を務める。

インタビューの最中、山路さんと東地さんは終始リラックスした様子で質問に応じてくれた。

-----------------------------------

Q.「ザ・フォロイング」というドラマは、多くの信奉者を持つ連続殺人犯ジョー・キャロルを元FBI捜査官ライアン・ハーディが追うドラマですが、お二人はドラマを観てどう感じられましたか?

山路(主人公ライアン役担当):
誰もが持っていることをあらわしていると思います。警察側が犯人を追っているんですが、結局、根本的に追う側も追われる側も気持ちが同じなんですよ。

東地(殺人鬼キャロル役担当):
人間の深層心理といいますか・・・

山路:
そうですね、人の“業”をあらわしていると思います。あと、案外残虐なシーンがいっぱいあります。


Q. 演じてきてキャラクターへの理解は変わりましたか?

東地:
最初、僕が演じるキャロルはただ単に目的を果たすために脱獄するところから始まります。しかし、キャロルというキャラクターよりも周りの状況がわかってきて、彼の信奉者(フォロワー)が気付かない間にこんなにも多く各地にばら撒かれていたのかということに異常性を感じましたね。また、キャロルは多くの彼のフォロワーの上に立たなければいけないのですが、人の上に立つこと、フォロワーという仲間がいて彼らを掌握することに対して彼は快感を感じているんだろうなというのがわかってきました。

山路:
僕が演じるライアンは、FBIを辞めて、世捨て人になっている状態から始まっているので、静かな状態から始まっているんですよ。でもエピソードごとにライアンが元気になっていくのがすごくわかります。あと、思ったよりもライアンの偏屈さが奥深くて、面倒くさい男なんだなとわかってきました。


Q. 山地さんは過去にもケヴィン・ベーコンを演じられていますが、過去のケヴィン・ベーコンと今回のケヴィン・ベーコンで変えてみたことはありますか?

山路:
俺はよくケヴィン・ベーコンが悪役のときに吹き替えさせてもらっているんですが(笑)、今回のドラマは暗さが深いというか、ケヴィン・ベーコン自身に暗さを感じます。あまり役を作っていない雰囲気を感じますね。

東地:
リアルだし、しっくりきてますよね。ケヴィン・ベーコンさんの作品は何本か観ていますが、「ザ・フォロイング」では素でいる感じがしますね。


Q. 殺人鬼キャロルには彼の信奉者(フォロワー)がいますが、自身がフォローしたいと思うような人はいますか?

東地:
僕は山路さんについていきます(笑)!

山路:
もちろん俺も東地くんですよ(笑)!

東地:
山路さんは舞台の仕事も多いので、レギュラーとして初めて山路さんとご一緒にやらせていただいたのが「ザ・フォロイング」なんです。実は僕の吹き替え初仕事のときも、山路さんとさせて頂いたんです。



------------------------------------------

■「ザ・フォロイング」

7月9日(火)スタート(全15話)[第1話無料放送]
・毎週火曜 夜11:00 (ニ)
・毎週火曜 深夜0:10 (字)

■ ストーリー

大学教授だった頃、14人の女子大生を残忍な手口で殺した連続殺人犯ジョー・キャロルが、死刑執行を目前に刑務所を脱獄。キャロルを逮捕したFBI捜査官ライアン・ハーディはキャロルの逮捕時、心臓に深刻な傷を負ったことでFBIを去っていたが、FBI長官から直接、現場に復帰するよう依頼が来る。ライアンたちがその行方を追っているうち、キャロルが、ある看守を洗脳し、収監中もネットで外部と接触していた事実が判明。彼は自らのカリスマ性を駆使して、熱心な信奉者たちのネットワークを作り上げていたのだ。はたしてキャロルの計画とは。また、キャロルの信奉者(フォロワー)はどこに潜んでいるのか。ライアンとキャロルの死闘が再び幕を開ける……。

■ 出演者

ケヴィン・ベーコン(ライアン・ハーディ役/声:山路和弘)
ジェームズ・ピュアフォイ(ジョー・キャロル役/声:東地宏樹)
ナタリー・ジー(クレア・マシューズ役/声:岡寛恵)
ショーン・アシュモア(マイク・ウェストン役/声:下崎紘史)
カイル・キャトレット(ジョーイ・マシューズ役/声:伊藤実華)


★今なら翌月末まで2000円で見放題! お得なWOWOW加入はこちら
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。