海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

トム・ハーディー主演のシリーズ最新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」日本版特報解禁

2014年9月11日
映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」より映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」より
シリーズの創始者であるジョージ・ミラー監督が、「ダークナイト ライジング」で凶暴な悪役ベインを演じたトム・ハーディーを主演に迎えたシリーズ最新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が、2015年夏、日本公開となる。

7月23日から開催された「コミコン・インターナショナル・サンディエゴ 2014」には、ジョージ・ミラーとプロデューサーのダグ・ミッチェルが登場、「Comic-Con First Look」と題された特別動画が初公開された。この動画はYouTubeで公開され瞬く間に拡散、すでに全世界で約1,000万人(9/9時点で9,734,393)が視聴した。

そして今回、この映像をベースとした日本版特報が解禁となった。

近未来、人間性が崩壊した荒涼な砂漠が舞台となる最新作について監督は、「経済の崩壊や、送電網が失われたり、水の奪い合いなど、石油の戦争だけでなく、水の戦争も起こる。あらゆる危機に見舞われる。都市は消滅し、人々は荒れ地に出て行って、略奪行為によって存在している。中世の世界のように、警察もお金も貨幣もない、法律も道徳規範もない世界で、ただサバイバルがあるだけだ」と語る。

砂漠での撮影についてプロデューサーは「僕らは最終的に、(アフリカの)ナミビアに行った。ナミビアで半年間撮影し、映画を通して300以上のスタントをこなした」と証言している通り、映画史上最も過激なハイパー・リアルなアクションが繰り広げられることは必至、今から期待は高まるばかりだ。

今回公開された予告編では、砂漠に佇むマックスが何者かに追われるシーンから始まる。法も秩序も崩壊した砂漠にナパーム弾の炎が立ち上る。疾走は暴走へと加速し、捕らわれたマックスは烙印され、猿ぐつわでどこかへと運ばれていく。また、スキンヘッドのシャーリーズ・セロンが演じるフリオサにも注目だ。なんとその左手は義手なのだ。追う者と、追われる者。奪う者と、奪われる者。ノンストップの暴走、情け容赦なしで繰り出される驚愕シーンに圧倒される。

【動画】映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」日本版特報


人間性が崩壊した世界で、それでも秩序を取り戻せると信じる二人の反逆者、マックスとフリオサ。二人の行く先にはどんな《マッド》が待ち受けているのか、期待は高まるばかり。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、2015年5月15日に全米公開、日本では2015年の夏休み映画として超拡大公開される。


■ 「マッドマックス」シリーズとは

1979年、ジョージ・ミラー監督が当時全く無名のメル・ギブソンを主演に放った映画「マッドマックス」---

第一作目にして伝説となったこの作品は、低予算でありながらも、改造車をふんだんに使い、カーアクション映画の金字塔となった。同時に、当時全く無名だったメル・ギブソンを一躍スターダムに押し上げた。

1981年に「マッドマックス2」が公開され全世界で大ヒット、荒廃した世界感、改造車と暴走族、モヒカン刈りなど、1980年代のポップカルチャーに大きな影響を与えた。日本でも人気漫画「北斗の拳」(原作:武論尊/作画:原哲夫)に多大な影響を与えたと言われている。

1985年には、ティナ・ターナーらを迎え、更に大スケールとなった「マッドマックス/サンダードーム」が公開された。サンダードームのタイトル通り、ドーム内の金網リングで繰り広げられるバトルアクションが主となっている。


■ 公開情報

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 
2015年夏、全国ロードショー

公式サイト //MadMaxMovie.net 
©2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
配給:ワーナー・ブラザース映画
 
名女優シャーリーズ・セロン、スキンヘッドで強烈な存在感を放つ! 映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」衝撃の場面写真解禁(2014年9月2日)
1979年の「マッドマックス」公開から35年、シリーズの創始者であるジョージ・ミラー監督が、トム・ハーディを主演に迎えて放つ、驚異のハイパー・リアル・アクション巨編「マッドマックス 怒りのデス・ロード...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。