海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「スーパーナチュラル」サム役ジャレッド・パダレッキ、うつ病の過去を激白「恥ずべきことはない。闘い続けよう」

2015年3月16日
ジャレッド・パダレッキジャレッド・パダレッキ
Twitterより
今年でシーズン11を迎える大人気海外ドラマ「スーパーナチュラル」でサム・ウィンチェスター役を好演しているジャレッド・パダレッキが、20代の時にうつ病で苦しんでいたことを米Varietyとのインタビューで明かした。

うつ病、中毒、自傷などに苦しむ人々をサポートする非営利団体「To Write Love on Her Arms」を支援し、Represent.comを通じてTシャツキャンペーンを発足したジャレッド。活動に携わるようになった経緯を聞かれると、自身も過去に同様の問題で苦しんでいたことを明かした。

「僕は長い間、精神病やうつ病、中毒に自殺願望を患った人たちに関心があった。おかしなことに、まるで自分自身の人生のように思えたんだ。『スーパーナチュラル』で僕らが演じるキャラクター サムとディーンは、いつも何かより大きな存在に立ち向かっている。そして、2人から学んだことは、お互いを助け、支え合うことで、2人は困難を乗り越えているということ。僕自身も過去に、自分の人生に喜びを見いだせずに苦しんだ時期があったんだ。...あまり知られていないことなんだけれど、シーズン3の撮影中、自分のトレイラーに戻って着替えをすませた途端、壊れてしまったかのように取り乱してしまったんだ」

その後医者と30分ほど話したところ、臨床的に鬱状態にあると診断されたジャレッドは「撮影を中止しよう」と言われたという。

当時まだ25歳だったジャレッドは、人気ドラマに出演し、愛犬や友人に囲まれながら、ファンからも愛され、仕事にも大満足だった。そのため、当時自分が抱えていたものが何かわからなかったそうだ。

そして、「うつ病に苦しむ人は、仕事にありつけない人や社会に馴染めない人たちだけではない」と続け、誰にでもうつ病になる可能性があると明かした。

幸運にも支えとなってくれる人に恵まれたジャレッド。親友でディーン役を演じるジェンセン(・アクレス)と、ドラマに関わっている知人ケリーがトレイラーにやってきて、話を聞いてくれたという。

「僕は今とても辛い経験をしている。ワケがわからないけれど、僕は前に進み続けるよ。そして、闘い続けるんだ」

こう2人に語ったジャレッドは、自分が何を経験しているのかを自覚。その後も仕事をつづけながら、徐々に症状は回復していったという。

その経験から今回のキャンペーンに携わることを決めたジャレッドは、日々、闘い続ける人に向けてエールを送っている。

「いつも僕は言っているんだ。何も恥ずべきことはないってね。毎日闘い続けることは、恥ずべきことではない。まだ君が生きていて、このインタビューを読んだり、言葉を聞いているってことは、君は戦争に勝っている証拠さ。君はここにいる。すべての戦いに勝てないかもしれない。本当に辛い日々が待ち受けていることもある。でも、これ(キャンペーン)を通じて誰かがこう思ってくれるようになってくれればうれしいよ。『これは簡単なことじゃない。闘いなんだ。でも、あきらめずに闘い続ける』ってね。だから、僕はキャンペーンをやろうと思ったんだ」
 
米CW局「スーパーナチュラル」「アロー」などの人気8番組を一挙にシーズン更新発表(2015年1月13日)
米CW局が、同局で放送中の海外ドラマのシーズン更新を決定。「スーパーナチュラル」...
「スーパーナチュラル」ジャレッド・パダレッキ、P・S・ホフマン訃報に「くだらない」コメントでツイッター炎上(2014年2月4日)
人気海外ドラマ「スーパーナチュラル」でサム・ウィンチェスター役を演じているジャレ...
「スーパーナチュラル」ジェンセン・アクレス、生後1か月の娘が初パパラッチされる(2013年7月30日)
人気海外ドラマ「スーパーナチュラル」でディーン・ウィンチェスター役を演じているジ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。