海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

今、世界で最も旬なアーティスト「ザ・ウィークエンド」の人気の秘密に迫る

2015年12月9日
ザ・ウィークエンドザ・ウィークエンド
最新シングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」が全米で通算2週1位に輝き、同曲を収録したアルバム「ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス」も、全米アルバム・チャートにて1位を獲得するなど、“今、世界で最も旬なアーティスト”であるザ・ウィークエンド。全世界が注目していた第58回グラミー賞のノミネーションが発表になり、ザ・ウィークエンドは、「年間最優秀レコード」と「年間最優秀アルバム」の主要2部門を含む計7部門に見事ノミネートされた。

ザ・ウィークエンドのグラミー賞ノミネーション部門一覧

【主要部門】

年間最優秀レコード:「キャント・フィール・マイ・フェイス」

【主要部門】

年間最優秀アルバム:「ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス」

最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ):「キャント・フィール・マイ・フェイス」

最優秀R&Bパフォーマンス:「アーンド・イット」(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)

最優秀R&Bソング:「アーンド・イット」(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)

最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム:「ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス」

最優秀映像作品楽曲:「アーンド・イット」(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)


なぜ、ザ・ウィークエンドが一気に世界中の注目を浴びたのか?

“ザ・ウィークエンド”のアーティスト名で活動するエイベル・テスファイは、1990年2月生まれ、現在弱冠25歳のエチオピア人系カナダ人。2012年にデビュー・アルバム「Trilogy」(全米初登場4位)を発売し、2013年には「キッスランド」(全米初登場2位)、そして、今年、「ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス」(全米初登場1位)を発表し、これまで計3作を世に送り出してきた。ではなぜ、3枚目の今作で“ザ・ウィークエンド旋風”が巻き起こっているのか。
それは、ソウルやファンクといったジャンルが“今の旬の音”として今年アメリカで再ブームを起こしている中、このジャンルでずっと活躍していたザ・ウィークエンドの今作と、そういった音を“待っていた”オーディエンスのニーズがマッチしたからであろう。需要と供給がマッチしたのだ。

だが、前述の通り、ザ・ウィークエンドは、3年前にデビューしているアーティストである。デビュー・アルバムが全米アルバム・チャートにて初登場4位にランクインする時点で充分“全米が認めたアーティスト”であることは間違いないのだが、ザ・ウィークエンドは、今年、「ビューティ・ビアインド・ザ・マッドネス」を発表したからこそ、“「キャント・フィール・マイ・フェイス」はマイケル・ジャクソンを彷彿させる”(フォーブス誌)や“ザ・ウィークエンドは、もはやビッグな男性ポップ・スターだ”(TIME誌)と海外メディアで絶賛されることになったのだろう。では、今年の彼の活躍を紐解いてみよう。

昨年末、日本でも大人気女性歌手アリアナ・グランデの「ラヴ・ミー・ハーダー」にザ・ウィークエンドがフィーチャーされ全米のテレビ番組やアワード受賞式などで共演を披露し、自身の美声でオーディエンスを魅了した。2015年に入ると、世界中で大ヒットした映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(2月公開)にてザ・ウィークエンドが自身の書き下ろし楽曲「アーンド・イット」が起用され、さらにファン層を拡大させた。その勢いは止まらずに6月、Apple Musicのカンファレンスで新曲「キャント・フィール・マイ・フェイス」を初披露し、7月にはテイラー・スウィフトのニュージャージー公演にて同曲を共演。更にはトム・クルーズが全米人気テレビ番組にて同曲の口パクパフォーマンスを披露する程全米のお茶の間に浸透し、遂にシングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」はザ・ウィークエンド自身初の全米1位へと昇りつめ、正に“今、世界で最も旬なアーティスト”という座を獲得したのであった。

そんなザ・ウィークエンドが、第58回グラミー賞にて主要部門2部門を含む計7部門にノミネートされた。今回、7部門以上ノミネートされたのは米・ヒップホップ・アーティストのケンドリック・ラマーのみであり、ザ・ウィークエンドは、同じく7部門ノミネートされたテイラー・スウィフトと“同率2位”のノミネーション数を獲得した。ザ・ウィークエンドの今後の活躍と、現地(アメリカ・ロサンゼルス)時間2016年2月15日に催される第58回グラミー賞授賞式に大注目だ。

【動画】あのマイケル・ジャクソンを彷彿とさせる最新シングル! ザ・ウィークエンド - 「キャント・フィール・マイ・フェイス」


【リリース情報】
全米通算2週No.1シングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」収録。
全米No.1アルバム「ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス」発売中!

Beauty Behind the Madness
Beauty Behind the Madness
posted with amazlet at 15.09.11
Weeknd
Republic (2015-08-28)
売り上げランキング: 253


iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/beauty-behind-the-madness/id1017326322?app=itunes&at=10I3L

日本公式ページ://www.universal-music.co.jp/the-weeknd
 
ザ・ウィークエンドの最新アルバムが全米1位獲得! 2015年一気に大ブレイクしたR&Bシンガーに注目せよ (2015年9月11日)
ソウル/ファンクが“旬な音”として世界中のミュージックシーンにカムバックしている中、今、世界で最も旬なアーティストがザ・ウィークエンド。 最新シングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」が全米で通...
第58回グラミー賞ノミネーション発表! テイラー・スウィフト7部門にノミネート(2015年12月8日)
2016年2月15日(日本時間16日)に開催される世界最高峰の音楽の祭典、第58回グラミー賞授賞式。今回、全83部門のノミネーションが発表された。 ケンドリック・ラマーが最多11部門にノミネート。続...
第58回グラミー賞ノミネート発表にアーティスト大興奮! ジャスティン・ビーバー、マルーン5ら喜びのツイート投稿まとめ(2015年12月8日)
現地時間12月7日、第58回グラミー賞授賞式のノミネートが発表された。ケンドリック・ラマーが最多11部門、続いてテイラー・スウィフト、ザ・ウィークエンドが7部門にノミネートされ、現地では盛り上がりを見...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ