海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「クルーエル・インテンションズ」続編TVドラマにサラ・ミシェル・ゲラーの出演が決定! リース・ウィザースプーンは出演せず

2016年3月3日
サラ・ミシェル・ゲラーサラ・ミシェル・ゲラー
WENN.com
1999年に公開された映画「クルーエル・インテンションズ」でキャスリン役を演じたサラ・ミシェル・ゲラーが、続編テレビドラマにも同役で出演することを発表した。

一方、リース・ウィザースプーンが演じたアネット役はケイト・レヴァリングが演じることが決定。リースは出演しないことが明らかになった。

「クルーエル・インテンションズ」は、18世紀の作家コデルロス・ド・ラクロの名作小説「危険な関係」を現代化したヒット映画。サラとリース演じる2人の若き美女たちが繰り広げる恋愛ゲームが、残酷すぎると大きな話題となった。

米NBC局で放送される「クルーエル・インテンションズ」の続編ドラマ版は、映画の15年後の世界を描いたもの。映画の監督を務めたロジャー・カンプルと、製作総指揮者のニール・H・モリッツが、ドラマも手がけることが決定しており、2人はサラに出演して欲しいとアプローチをかけていると伝えられて来た。

そのサラが、自身のインスタグラムで、「クルーエル・インテンションズ」続編ドラマで再びキャスリン役を演じることを発表。99年に撮影したロジャーとニールと撮影したスリーショット写真と、現在の3人のスリーショット写真を並べて投稿し、「“わたしはみんなから愛されているの。それを変えるつもりはないわ”そうよ、キャサリンが帰ってくるのよ! 『クルーエル・インテンションズ』の新作続編ドラマに出演することができて、本当に光栄だわ」と喜びを現した。


なお、もう一人の主役であるアネット役は、「私はラブ・リーガル」のキム役で知られるブロンド美女のケイトが演じることが決定。この役が出世作となったリースの、続編ドラマ版出演は実現しないこととなった。

続編ドラマは、アネットとキャサリンの義理の弟セバスチャンとの間に産まれた16歳の青年セバスチャンが、出生前に亡くなった父親に興味を持ち、田舎町からサンフランシスコに移り住み、金、権力など汚い世界にまみれた父親一族に接触するという物語。

キャサリンがセバスチャンを取り込もうとするのを、アネットが必死で阻止するという展開になるという。

ちなみに、映画でセバスチャン役を演じていたライアン・フィリップは、1999年にリースと結婚。2人は一男一女をもうけたが、2006年に離婚している。
 
サラ・ミシェル・ゲラーとフレディ・プリンゼJr.の離婚報道に、サラの広報が反論(2015年10月23日)
女優のサラ・ミシェル・ゲラー(38)の広報担当者が、サラが夫で俳優のフレディ・プ...
ブランジェリーナだけじゃない! 映画での共演がきっかけで、実際に誕生したセレブカップルをご紹介(2016年1月28日)
映画「Mr.&Mrs. スミス」(2004)にて、夫婦役を演じたブラッド・ピット...
リース・ウィザースプーンが、映画「私に会うまでの1600キロ」内で投げたブーツがそのままで崖で発見される(2015年5月14日)
日本で8月に公開されるリース・ウィザースプーンの最新映画「私に会うまでの1600...
リース・ウィザースプーン&ニコール・キッドマン共演ドラマ「Big Little Lies」が米HBOで放送決定(2015年5月11日)
映画界で活躍する大物女優リース・ウィザースプーンとニコール・キッドマンが共演する...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
  • 関連国内ニュースはありません。
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。