海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

エヴァ・グリーン、ティム・バートン監督の実写版「ダンボ」に出演交渉中

2017年3月10日
エヴァ・グリーン(左)、ティム・バートンエヴァ・グリーン(左)、ティム・バートン
仏女優のエヴァ・グリーンが、ティム・バートン監督がメガホンをとるディズニーアニメ「ダンボ」の実写版に出演する交渉に入ったと報じられた。

バートン監督が1941年に公開された同名作アニメを実写化する企画は2015年に浮上していたが、詳細が伝えられることはほとんどなかった。

しかし新しい報道によると、タイトルロールを演じた「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」や「ダーク・シャドウ」でバートン作品に出演した経験のあるエヴァは、実写版に登場する主役級の3人の大人の1人として出演する候補に挙がっているという。

実写版「ダンボ」をめぐっては以前、ウィル・スミスが妻を失った父親役で出演するといううわさが流れたものの、話は立ち消えになっている。この役にはクリス・パインの名前も挙げられたほか、トム・ハンクスにも悪役で出演するオファーが提示されたと伝えられた。

ハリウッド版「リング」シリーズや「トランスフォーマー」シリーズを手がけた脚本家のアーレン・クルーガーがすでに脚本を書き終えており、「トロン:レガシー」や「オブリビオン」のジャスティン・スプリンガーと共にプロデューサーも務める。

オリジナルのアニメ版「ダンボ」は、その大きな耳をからかわれるサーカスの象の赤ちゃん、ダンボが主人公。ネズミの親友ティモシーに大きな耳を翼として使うことを教わり、空を飛べるようになる。

エヴァが演じるのは、空中ブランコの曲芸士でサーカスのオーナーでもある悪役とみられている。作品の詳細は秘密のベールに包まれているが、オリジナルアニメよりもサーカスに焦点が当てられるという。

「ダンボ」は「シンデレラ」や「ジャングル・ブック」、「美女と野獣」に続き、ディズニーアニメの実写化プロジェクトで最新の作品となる。

© Cover Media/amanaimages
 
「シン・シティ」エヴァ・グリーン、学生時代のトラウマにいまも悩まされると告白(2016年10月5日)
仏女優のエヴァ・グリーン(36)は、学生時代に受けたトラウマをいまだに引きずっている。   エヴァは特殊な能力を持つ子どもたちのための施設を舞台としたティム・バートン監督の最新作「Miss Pereg...
エヴァ・グリーン主演、ファンタスティックホラーの新シーズン! 「ナイトメア3~最終章~」がWOWOWにて3月3日より放送開始(2017年2月3日)
映画「グラディエーター」「アビエイター」「ヒューゴの不思議な発明」でアカデミー賞に3回もノミネートされた名脚本家ジョン・ローガンが企画・製作総指揮し、19世紀末を背景にしたファンタスティックホラーから...
ティム・バートン、実写版「ダンボ」の監督に決定! 「これ以上ない人選」とメディアは太鼓判(2015年3月11日)
映画「チャーリーとチョコレート工場」(2005)や、「ビッグ・アイズ」(2014)などの作品で知られる、ティム・バートン(56)が、ディズニーによる映画「ダンボ」の実写版の監督に就任したことが報じられ...
ディズニーの勢いが止まらない! “空飛ぶゾウ”のアニメ映画「ダンボ」の実写化を企画中(2014年7月10日)
映画「アナと雪の女王」に続き、アンジェリーナ・ジョリー(39)の主演作「マレフィセント」が大ヒットを記録し、ノリに乗っているディズニーが、名作映画の実写化を企画中。空飛ぶゾウが、現実に登場!? ディ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。